キャビンアテンダント転職物語〈第2話〉 憧れの制服採寸!とついに迎えた入社式

[キャビンアテンダント転職物語] 第2話 - 憧れの制服採寸!とついに迎えた入社式

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。前回の第1話は「航空会社から合格通知が届いた!そして引っ越し」、そして今回の第2話は「憧れの制服採寸とついに迎えた入社式」です。それではどうぞ!

憧れのキャビンアテンダントの制服採寸へ!!

第1話の「航空会社から合格通知が届いた!そして引っ越し」を終え、今までずっと憧れていた、あの制服に初めて袖を通す日が来ました。制服採寸です。もちろん制服にもサイズがあります。
入社前に全員の制服のサイズを決めるので、採寸は入社前に行われました。憧れていた制服ですから、同期みんなのテンションもマックス!
ですが、実際は驚くほど機械的な流れ作業でした。みんな順番に並び、採寸する人がだいたいの背丈や体形を見て、「何号を着てみてください。」と言われ、試着し違和感がなければそのサイズで決定という流れ。初めて袖を通す制服にうっとり…。する暇もなくすぐに脱がされ、次の人に着せるという感じなので何が何だかわからなかった。というのがあの時の印象です。
同期とはこれから始まる訓練や、色々聞く噂話などで話が盛り上がり、入社までの間何度も集まり話したりしていました。入社までに課題があったので、飛行機について学んだり、英語を覚えたり、毎日ドキドキワクワクで過ごしていました。

ついに迎えた入社式!テレビにも登場!

4月1日、入社式。私たちは既卒なので入社式に参加しないものだと思っていましたが、なんと新卒に混ざって入社式に出席することになりました。(既卒でも4月入社以外は新卒と一緒の入社式には出ないそうです。)
人生二度目の入社式。この入社式も前職と全く違い、とても楽しいものでした。前職は椅子に座って偉い方のお話しを聞いて、終わり。これが普通の入社式でしょう。ですが、航空業界の入社式はだいたい飛行機の格納庫で、飛行機をバックに入社式を行います。改めて飛行機を目の前にすると、いつも遠くからしか見ていなかったので、こんなに大きいんだ!と感動したことを覚えています。もちろんCAだけでなく、総合職、地上職、パイロット、などなど様々な職種の人が一同に集まるので、ものすごい人数です。
また、必ずメディアが入ります。次の日の新聞にバッチリ写っていたこと、テレビのニュースでも写っていたことは今でも良い思い出です。
そして、あの有名な紙飛行機を飛ばすシーンはご存知でしょうか?新入社員が一人ひとり紙飛行機を折り、どんな社員になりたいかをそこに書きみんなで一斉に飛ばすのです。社長も一緒に飛ばすので、社長の紙飛行機を拾った人は後から一緒に写真を撮ることができるそう。なんともお茶目な入社式です!。

臨時収入!? おこずかいがもらえる?

その後、少し今後の流れについて説明がありましたが、その中でかなりびっくりしたことがあります。
それは会社から10万円いきなり振り込まれるというものでした。
なぜなら、私たちCAという職業はフライト時の時給と地上勤務の時給が違います。もちろん、フライト時の時給のほうが断然高いです。ですが、最初の二か月は訓練しかありませんので、フライトの時給がもらえず、訓練中はとても給料が低いのです。それだけでなく、ほとんどが一人暮らしを余儀なくされているため、詳しくは第1話を参照家賃も払わなくてはならないという状況。そのため、最初に会社が10万円振り込んでくれるというものです。
そしてまた驚くのが、この10万円は返さなくてはならないのです。これは、退職する際に返すのだそうです。こんなシステム聞いたことないですよね。私は入社して何年も経ちますが、未だに会社から10万円を借りています。どうせだったらくれればいいのに!というのが、正直な私たちの意見ですが…。これは会社によって違いますので、どこの航空会社にも当てはまる話ではないでしょう。
ですが、今考えるとこのおこずかい(?)はかなり助かりました。当時は急な引っ越し資金が必要だったため金欠でした。特に地方から引っ越してきた同期はもっとお金がかかったようで、貧乏生活を余儀なくされていました。CAはこんな時代を乗り越え、どんどんたくましくなっていくのです。
そしてついに訓練が始まります!次回第3話は「憧れの訓練…のはずが、とてもつらい地獄の訓練に突入!」です。

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第6話〉 安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第10話〉 ついに独り立ち!新人専門部署へ配属
  3. キャビンアテンダント転職物語〈第9話〉 ついに始まったOJT(実務トレーニング)-最初は小松空港へ
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第8話〉 涙の訓練所卒業!そして、ついに制服授与!
  5. キャビンアテンダント転職物語〈第7話〉 安全訓練の実践トレーニング開始!
  6. [キャビンアテンダント転職物語] 第1話 – 航空会社から合格通知!そして引っ越し

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール