キャビンアテンダント転職物語〈第8話〉 涙の訓練所卒業!そして、ついに制服授与!

キャビンアテンダント転職物語〈第8話〉 涙の訓練所卒業!そして、ついに制服授与!

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。

前回の第7話では安全訓練の実践トレーニングの様子が描かれました。
今回の第8話ではいよいよ最終仕上げに入ります。涙の訓練所卒業!そして、ついに念願の制服授与がおこなわれます。それではどうぞ!

訓練の総仕上げ、再びサービス訓練へ

第8話の始まりです。
2週間の激しい訓練の後、最終的な訓練、サービス訓練の総仕上げに突入です。こちらでは今までのサービス実践練習の他に、日本のわびさびの心を学ぶという意味でお茶の時間もありました。訓練生が一人ひとりお抹茶をたてて和菓子と一緒に頂きますが、そのときの心構えや茶室の入り方など、お茶の先生から直接レクチャーを受けます。実際に機内でお抹茶を立てたり、茶室に入ることはないのですが、一つ一つの動作に意味があり、その意味を知るという点で取り入れられているのだそうです。さすが日本の航空会社、日本人のおもてなしの心を大切にしているのですね。これも航空会社によって違うと思いますが、外資はどんな訓練をしているのだろうととても気になります。
これは今までにない訓練でしたし、前職の会社で新人研修の際にお茶の出し方なども習いましたが、ここまで本格的に学ぶことはなかったので驚きました。なかなか習うことのできないものなので良い経験になりました。

いよいよ制服授与

安全訓練の前に一度サービスの試験を合格した私たち。ここで第一関門突破ということで、制服を渡されます。制服といってもかなり大量ですので、ブレザーやスカートなどは既に自宅に送られてきていますが、スカーフだけ送られてきませんでした。そのスカーフはこのタイミングで教官から直接渡してもらえます。初めて制服を着て、スカーフをしたとき、今までずっと憧れていた制服が着ることのできた感動で、同期が何名か感涙していました。しかし、教官は
「今はまだ仮の状態です!まだまだ訓練は続きますよ!泣いてはいけません!」
と感激する暇を与えてくれませんでした…。
ちなみにこの時はまだ自分の名札はもらえません。遠くから見ても名前が分かるようとても大きな文字で苗字の書かれた仮の訓練用の名札を一日中しなくてはなりませんので、休み時間も気をぬけません。(もし下品なことをしていたり、態度が悪かったりしたらすぐに名前がばれて、担当教官まで筒抜けになるのです!)

最終テストへ

その後私たちはモックアップという機内を忠実に表現した訓練所の中で、毎日サービス訓練を続けました。もちろん制服を着て。そのシミュレーションは出社した時から、シップに乗るまでの準備から始まります。(私たちは飛行機をシップと呼びます)シップに乗ったら、まず安全の確認をして、コックピットとのブリーフィング、お客様をお迎えする機内準備をしたのち、お客様が搭乗し、離陸からベルトサイン消灯、お飲み物サービスをしたのちベルトサインが点灯、着陸、お客様降機までです。
また、車いすのお客様、小さなお子様連れのお客様などのケアの仕方もその中に含まれ、全てそつなくこなすことができてはじめて合格となります。
また、英語のテストもあります。筆記だけでなく、オーラルのテストもありますので勉強することは盛りだくさん!
この2か月間で、今までにないくらいの勉強を重ね、家に帰ってもシップを頭の中に思い浮かべながらシュミレーションをする毎日。私たち同期の絆はとっても強くなりました。辛い時も、楽しい時も一緒でしたし、誰かができなくても助けてあげるのが私たちに必要な能力です。
同期とはあっという間に家族のような存在になりました。
そして最終日。総合テストです。英語の総合テスト、シュミレーションの総合テスト…。見事全員合格しました!教官に「全員合格!」と言われた時は本当に皆で感涙したのを覚えています。

訓練所最後のセレモニー 卒業

無事、訓練所を卒業することになった私たち。最後のセレモニーは担当教官から一人ひとり名札を手渡しでもらいます。
会社のロゴマークと自分の苗字がしっかり刻まれた自分の名札は、背筋が伸びるような、プロ意識を感じさせるものを感じました。これから私はこの会社の看板を背負ってお客様の前に出るのだ!という気持ちになりました。
2か月の厳しい訓練はとても長く、ずっと私たちを見てきた担当教官も私たちに一人ひとり言葉をかけてくださいました。もうみんなこの日はやり切った感で号泣ですが、ここはあくまで訓練所。
これからは本当の実践、OJT(On-the-Job Training、オン・ザ・ジョブ・トレーニング)が待っています。

さて、次回の第9話 は初めてCAとして飛行機に乗るOJTのお話から。
こちらも十分にこわ~い先輩方がたくさん待っています。こうご期待。

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第11話〉 憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第6話〉 安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練
  3. キャビンアテンダント転職物語〈第5話〉 まだまだ続く!怒涛の実践的なサービス訓練編
  4. [キャビンアテンダント転職物語] 第1話 – 航空会社から合格通知!そして引っ越し
  5. キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日あります・・・
  6. [キャビンアテンダント転職物語] 第2話 - 憧れの制服採寸!とついに迎えた入社式

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール