不動産業界の転職に有利な資格は?

不動産業界の転職に有利な資格は?

転職する時に持っていると有利な資格、必須条件とされている資格について解説するコーナーです。今回は「不動産業界」の転職に強いとされる資格についてです。

生活の基本を表す「衣食住」。この中の「住」を生業とするのが不動産業界です。
買うにしろ借りるにしろ、決して安くない買い物は、知識や情報、経験が豊富で、信頼できる相手から買いたいもの。
不動産業界へ転職するなら、どんな資格が有利なのでしょうか。
「不動産賃貸業界」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]と合わせてご参照ください。

不動産業界におすすめ資格

不動産業界の転職に役立つ資格にはどんなものがあるのでしょうか。

【宅地建物取引士】

 ※宅地建物取扱主任者から宅地建物取引士へ移行
認知度の高い国家資格である宅地建物取引士。よく『宅建』と呼ばれていますね。
この資格が求められる理由としては、大きく分けて2つあると考えられます。
ひとつは、不動産会社では5人に1人の割合で、設置が義務付けられていること。もうひとつは、『物件に関する重要事項の説明』『説明書への記名・捺印』『契約書への記名・押印』という、独占業務を持つことです。
土地・建物の構造や法令、税など、実用的な知識を問われる試験のため、不動産業界への転職を考えるなら、最初に検討すべき資格と言えるでしょう。

【管理業務主任者】

マンション管理における国家資格の管理業務主任者。
建築物やその設備に関する知識、維持保全に関する法令の知識、実践的な契約書の知識等を問われる資格です。
『管理委託契約に関する重要事項の説明』『重要事項説明書・管理委託契約書への記名・捺印』『管理事務報告』という独占業務を持ち、一定割合での設置が義務付けられているため、不動産管理会社や、傘下にマンションやビルの管理会社を持つ不動産会社を目指すのであれば、取得はかなり有効です。

【マンション管理士】

マンションの適正管理において、専門知識を持ってトラブルへの相談やアドバイスを行うことができる、国家資格であるマンション管理士。
長期修繕計画の素案作成や、区分所有者間のトラブル解決に向けての予備的交渉などの業務を遂行することで、マンション管理組合の運営を支援していきます。
管理業務主任者資格と同様に見られがちですが、立ち位置が違います。マンション管理士は区分所有者を組合員とする、管理組合側に立って支援をするもの。管理業務主任者は、管理業者の事務所ごとに置かれ、管理業者に義務付けられた業務遂行のための資格です。

【不動産実務検定】

不動産投資専門の資格として日本不動産コミュニティーが認定する検定であり、大家検定とも呼ばれています。
不動産投資に必須の資格はありませんが、不動産投資をされる方が健全な賃貸経営をできるように、また、顧客に安心したサービスを提供したい不動産関係者のために作られました。(※日本不動産コミュニティーHPより一部抜粋)
空室対策、滞納トラブル、リフォーム手法、税金対策、建築の基礎知識、関連する法制度など、賃貸経営ノウハウを体系的に学べます
全国のパソコン教室(2017年1月時点で126カ所)で随時開催しているため、取得準備に時間のかかる国家資格と平行して勉強すると、バランスが良さそうです。

【ファイナンシャルプランナー(FP)】

住宅購入は、親と住むか独立して建てるかと考えたり、相続のタイミングであったり、住宅ローンを組み、新たな保険に加入するなど、生活設計に変化をもたらす大きなライフイベントです。
ファイナンシャルプランナーは、ライフプラン、年金、資産運用、不動産、保険、税制、相続など、暮らしにまつわるお金のノウハウを習得できる資格のため、不動産業界でも役立つ知識が多くあります。お客様の生活事情に寄り添った提案ができそうですね。

スキル不足は信頼を失う?

情報過多な時代。
昔は書籍や新聞、業界専門誌などで集めていた不動産情報も、ネットで収集し精査していけば、素人でもかなりの情報通になり得ます。
お客様に「そんなことも知らないの?」と思われないためにも、素人とは違う、しっかりとした基礎を持つことが重要と言えるでしょう。
冒頭でも述べましたが、不動産は高い買い物。高価格になるほど、知識が豊富で経験豊かな信頼できる相手から買いたいと思うのは当然のことです。「わかりません。」「調べます。」ばかりの担当者では、信頼を失い、人は離れていくでしょう。
未経験から不動産業界にチャレンジするのであれば、未経験を補えるほどの知識を武器にするというのも、方法のひとつでしょう。

以上、不動産業界の転職に役立つ資格をご紹介しました。
不動産業界に関する資格はまだ多くあるため、転職を叶えた後も、キャリアアップのために勉強を続ける気持ちが大切です。
経験を積んでこそ、勉強したことが深く理解できる機会が多い不動産業界。
学歴不問、未経験募集も多いので、資格取得の努力にも力が入りそうですね。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

面接前にあなたの性格や想定年収を診断しておきましょう

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール