面接に必ず役立つ!自分の強みがわかる「性格特性診断(無料)」を受けておきましょう

面接に必ず役立つ!自分の強みがわかる「性格特性診断(無料)」を受けておきましょう

ちょっと恐い面接官から
「自己アピールを3分で簡潔におこなってください!」
「あなたの強みは何ですか?具体的に教えてください!」

面接で一番緊張するシーンですね。「自己アピール」は必ずといっていいほど聞かれる質問ですが、あなたは面接官が思わず「採用印に○を付ける」ような回答ができているでしょうか?

元人事部採用者によると、この自己アピールがユニークであったり、説得力のあるものであったりすると、その人が入社後にみんなとうまくやっているイメージ、活躍しているイメージが沸いてくるため、結果的に採用される確率が高くなるのだそうです。
反対に通りいっぺんで、よく聞くような自己アピールだと、本人の具体的な人物像が浮かび上がって来ず、どうしても印象が薄くなってしまうようです。

面接官が思わず「採用印に○を付ける」自己アピールとは

それでは面接官の印象に残る自己アピールとはどのようなものでしょうか。
そのためには企業が求める人材像と必要な資質能力をある程度知っておく必要があります。面接官が自己アピールで特に知りたいことは、目の前の面接者の人物像の把握はもちろんですが、「この人と一緒に働きたいと思うか?」「入社後に活躍してくれそうか?」」を見ているのです。

ここで一つの例をみてみましょう。大小さまざまな企業1500社で組織する公益社団法人 経済同友会がとりまとめた報告書によると、業種や文系・理系を問わず、企業が普遍的に求める資質能力とは、

●変化の激しい社会で、課題を見出し、チームで協力して解決する力(課題設定力・解決力)
●困難から逃げずにそれに向き合い、乗り越える力 (耐力・胆力)
●多様性を尊重し、異文化を受け入れながら組織力を高める力
●価値観の異なる相手とも双方向で真摯に学び合う対話力 (コミュニケ―ション能力)

が挙げられています。

これを見るだけでは「こんなの全部備えている人はスーパーマン、スーパーレディーだよ」と思ってしまうかもしれませんので、話しをわかりやすくするために分割してみましょう。

この中で散りばめられたキーワードとしては、「他者との協働」「チームワーク」「協調性」「コミュニケーション能力」「課題解決力」「実行力」、困難をを乗り越える「耐力」などがあります。

つまり面接で企業は、「他者との協働」「課題解決力」など、これらの「キーワード」が本当にあなたに備わっているか?を見ている可能性が高いわけです。もちろん企業によっては違うキーワードの人材を求めているところもありますし、成績や印象などで合否を出すところもあるでしょう。でも、ここで挙げられている「キーワード」は、1,500社の声を経済同友会がまとめたものなので、世間の企業の希望と大きくずれてはいないと思います。

自分の強みや特徴を把握していますか?

面接に挑むにあたって、自分の強みや特徴を把握していますか?

日本人はもともと公平平等を是とする従来の学校教育の影響もあって、自分の強みや特徴をはっきりと答えられる人はそれほど多くありません。ましてや自分では客観的に把握しづらいものです。
小さな頃から大人になるまで、人の前でアピールする機会が少ないので、どうしても面接では付け焼き刃的(にわかに覚えた知識や技術)な、みんな同じような話しになってしまいがちなのです。

たとえば「職場でのチームワークを第一に考えていました」とか「半期の受注MVPに輝きました」などです。採用担当者からすると、みんな同じ事を言っているように思えるのです。

無料の「性格特性診断」で自分のことを知っておこう

面接で、みんなと同じような事を答えて、面接官から「またこの人も同じようなことを言っている」を思われないためにも、「性格特性診断」で自分のことを知っておきましょう。

さまざまな会社が診断テストを実施していますが、「転職グッド編集部」では仕事柄一通り試してみていて、その結果、一番おすすめだと思ったのが、下記のキャリア転職サイト[@type]が実施する「市場価値診断テスト」です。

面接に必ず役立つ!自分の強みがわかる「性格特性診断(無料)」を受けておきましょう

  

これまでに40万人以上が受けた無料の診断テストで、さらに「予定内定社数」や「予想年収」も一緒にわかってしまうという優れものです。(診断だけで内定社数がわかるものかね?と思ってしまう人もいると思いますが、@typeの会員約13万人の経歴データを分析し、さらに数千人の転職サポートを成功させてきたアドバイザーの監修のもと完成したテストなので、かなりの良い線の答えになるとのこと)

転職に必要な「自己分析力」「将来ビジョン策定能力」「タイミング把握力」「企業分析力」「交渉・説得力」「ビジネス基礎能力」の6つの分野別結果や、あなたの性格特性を判断できる「性格特性診断」など、とても無料とは思えない細かい診断結果を得ることができます。詳しい解説があるので自分の強み、弱みをちゃんと把握することができるのがなんといっても良い点です。

キャリア転職サイト[@type]が実施する「市場価値診断テスト」

無料で所要時間は約10分、診断には簡単な会員登録が必要ですが、その場ですべての診断結果が出ますので、印刷してあとで一人でじっくり読んだり、スクショを撮って友人に転送したり、やってみてください。

診断には簡単な会員登録が必要ですが
診断にはこのような感じの簡単な会員登録が必要ですが、自分のヤフーIDやフェイスブックIDでもログインできます。

  

「自分の強み」+「キーワード」を組み合わせてストーリーを作ろう

診断が終わって、自分の強み、弱みを把握出来たら、さらに先ほど説明した「他者との協働」「チームワーク」「協調性」「コミュニケーション能力」「課題解決力」「実行力」、困難をを乗り越える「耐力」などと組み合わせて、面接のためのストーリーを作ります。他人の答えとは全然違う、自分だけのアピールポイントです。

まずは診断で自分の強み、弱みを把握してみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 正社員転職の合同企業説明会 「KYOTOジョブフェア」が12月17日(土)に開催- 近畿圏の企業120社が集結
  2. 自己都合退職の失業手当給付日数を、現在の最大150日から180日以上に増やす方針
  3. 【女性限定】リクナビNEXT「私の転職フェア」東京 が2017.1.14(土)開催(登録でQUOカード)
  4. 日本の長時間労働はなぜ改善されないのか?その理由を考える
  5. 既卒3年以内対象の「合同企業説明会-40社参加」が9月28日(水)に東京・秋葉原で開催
  6. 求職者なら誰でも参加可 「合同就職面接会in多摩職業能力開発センター」を9月21日(水)開催

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール