「保険業界」の良い点・良くない点 – 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)

「保険業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)

「保険業界」に転職を考えている方へ。自分の人生に万が一のことあった時に損失を保障してくれる「生命保険」、災害や事故が起きた時に損害を補償してくれる「損害保険」。日本は社会保障が比較的恵まれているにもかかわらず、多くの人が生命保険に加入する「保険大国」だとも言われています。また近年ではインターネットを経由した低コストの保険も増えてきました。

今回は「保険業界」で働いている人(働いていた人)に、業界の良い点と良くないと思う点をアンケートで答えていただきました。ぜひ転職の参考にしてください。

「保険業界」の良い点・良くないと思う点

※このアンケート結果は随時、増えていきます。また「自分も投稿したい!」という方は、ページ下の青色ボタンから送信してください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

保険業界の良い点

保険業保険業勤務です。事務職の場合、金融業と似ているイメージなので「真面目」「堅実」であると思います。部屋を借りるときや、申し込み・契約などの場面で職業を申告する場合に社会的信用を得られやすいという印象があります。
また、こつこつとタスクを完了させる能力や、数字や時間に関する細かい処理・管理能力も求められますので、自身のスキルがアップします。
営業職の場合は、歩合制のため自身の頑張りに応じて報酬を得られ、またコミュニケーション力や事務処理能力など幅広いスキルアップが可能です。
また、保険・税務・資産運用など専門知識が必要なため同一業種内であれば転職しやすいことも選択肢の幅を広げる意味ではメリットといえます。

保険業界の良くないと思う点

サービス業や販売・飲食業などと比べると、保険業は顧客サービスの点で競争が甘いと感じます。
他業種からの参入や、保険業から他業種への兼業ができないため、企業として顧客サービスの点では不親切な場合が多く、他業種に後れをとっている印象です。
他業種との関わりがない分、閉鎖的であり、同一業種ないでは転職しやすいですが他業種への転職は厳しいかと思います。
また、一般の方にとっては「保険」そのものが敷居が高く、わかりにくいイメージがあります。
(女性 35歳 長崎県 保険業)

保険業界の良い点

保険外資系の保険会社で営業をしていました。良い点は、自分のがんばり次第でお給料がどんどん増えていくことです。例えば海外旅行に行きたい!と思ったなら、その資金を1か月で稼ぎ出すこともできます。目標を立てて、自分で計画的に頑張れるので、やりがいもあります。

保険業界の良くないと思う点

外資系の保険会社の場合です。営業成績が良いときは、給料も多く上司からも褒められ、良いこと尽くしですが、成績が振るわないときは、かなり追い込まれます。目標を達成できないと風当たりがきついので、休日も返上で働かなければならないこともあります。常に良い数字を求められるので、精神的に追い詰められることがあり、心のバランスを保つのが大変です。
(女性 37歳 沖縄県 情報通信業)

保険業界の良い点

保険の営業はかなり時間に融通がきき、結果さえ出せばあまり細々としたことは言われないので、子育てしながらという方も多いです。コンスタントに契約をあげていくことはなかなか難しいのですが、波に乗ってしまえばお給料が高めなのも魅力です。企業年金も充実しているところが多いです。社内で競い合うような企画が多く、上位にいくとお給料や名刺の肩書きにわかりやすく反映されますので目標が持ちやすいです。成績上位者のみのイベントなどもあるのでやる気は維持しやすい環境になっていると感じます。

保険業界の良くないと思う点

契約がとれないと生活できないほどにお給料が下がっていくので、安心や安泰とは遠い世界です。常に成績を気にしなければいけないので精神と胃が疲れます。国内生保ならば女性同士の争いに巻き込まれることも多々あります。国内生保の営業は「気の強い女性の世界」なので、その中で張り合えたり、しなやかに受け流せるスキルを持った人でないと難しいと思います。
(女性 29歳 東京都 接客業)

保険業界の良い点

保険代理店に勤務しています。保険は保障内容がわかりづらいため業界で経験を積むと知識が身につきます。また専門職なので、ある程度営業スキルが身につくと転職しやすく食いっぱぐれることはないと思われます。

保険業界の良くないと思う点

保険の営業は、とてもシビアな会社が多いです。毎月件数を販売できないと退職させられるくらいの雰囲気なので会社選びには情報収集が必要です。人脈が広い人は向いていると思われます。また専門用語が多いため入社後半年くらいは地道に勉強が必要。
(男性 31歳 京都市 保険代理店営業)

保険業界の良い点

保険各社の保険を取り扱っているため、他社の保険の内容も理解しなければならないので、保険業界全体のことを知ることができ、自分や身近な人の保険相談もできます。また、保険は内容が少々わかりにくいことが多いのですが、どのような時にどの保険が適用できるかということが理解できるので、自分の周りで保険適用ができるようなことがあれば教えてあげることができます。

保険業界の良くないと思う点

自社の契約数を増やすために、同業他社のどこがいかに悪いか、それに比べて自社の保険がいかによいものかを前面に押し出した薦め方をする方が多いです。同じような保険がさまざまな会社から出ているのでわかりにくです。
(男性 34歳 長野県 保険業)

保険業界の良い点

国内生保の営業です。朝の朝礼以外の時間は営業回りや資料作成など自分の都合で業務内容を組み立てられるので、時間の融通を効かせやすいです。企業への営業はお昼休みや夕方5時以降にしか行けないので、その時間帯に集中して営業をし、他の時間は保育園に子どもを迎えに行ったりする事もできます。給与の歩合率が大きいため、頑張れば頑張るほど収入も大きくなり、やりがいがあります。

保険業界の良くないと思う点

ノルマはありませんが毎月の目標はあります。最初は目標が達成できなくても大丈夫ですし、目標が達成できるよう教育も受けるのですが、社交的でない人、向上心のない人、プレッシャーに弱い人には合わない業界だと思います。
(女性 41歳 岐阜県 自営業(サービス業))

保険業界の良い点

パルプ保険について、いろいろな勉強が出来ますし、難しいと思っていた保険内容も分かるようになり、自分や家族に最適な保険を選ぶことができます。また、政治経済の最新情報に詳しくなりますので、投資やFXなどが有利になります。会社のキャンペーン中に成績を上げると豪華な食事に招待されたり、成績次第では高収入を上げることが可能です。女性でも男性に負けない年収を貰うことが可能ですので、やりがりもあり、やればやるだけの報酬を貰えるのも魅力的です。

保険業界の良くないと思う点

お客さんの都合に合わせる必要がありますので、休みたい日に休めないことと、長期休暇が取れないこと、前もって休みの計画を立てることができないのが不満です。また思うような成績が取れない時は精神的に落ち込み、自信を無くしたり、仕事をしたくないと思う事も多いので、どうやって自分の気持ちを奮い立たせるか、やる気を起こさせるか、常に自分との闘いをしなくてはいけないのが辛いです。自分に甘かったり、自分に負けてしまってはこの仕事を続けることは難しいです。
(女性 48歳 千葉県 販売業)

保険業界の良い点

元保険の営業をしていました。基本的に個人事業主になりますので、自分の努力次第で給与がアップしますし、待遇も変わってきます。成績によってはボーナスなどの特典もあります。日中の活動は自由ですから、時間の使い方も上手に工夫すれば、効率的に仕事ができます。

保険業界の良くないと思う点

営業成績次第になりますので、給与がダウンする場合もあります。結果、お客様のためというよりも、成績のための活動という感じになりがちです。チームの成績を上げるため、営業支店の成績を上げるために商品の内容を操作する感じになってしまうこともありました。定着する職員はごく一部で、入れ替わりが激しい業界です。
(女性 53歳 東京都 無職)

※このアンケート結果は随時、増えていきます。また「自分も投稿したい!」という方は、ページ下の青色ボタンから送信してください。みんなで作る「業界・業種の良い点・良くないと思う点」ページを目指しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「飲食業」はどんな仕事?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]
  2. 「運輸業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  3. 看護師の転職におけるメリットを4つ紹介 [看護師の転職]
  4. 「広告代理業(求人広告)」はどんな仕事をやっているの? 答えは「人」がすべての業界です [業界研究]
  5. コールセンター業の概要と仕事について
  6. 正看護師と准看護師の違いは?メリットデメリットは? [看護師の転職]

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール