【第5弾】面接で聞かれた変な質問、思わず沈黙してしまった質問まとめ

【第5弾】面接で聞かれた変な質問、思わず沈黙してしまった質問まとめ

読者が面接で経験した、思わず沈黙してしまった鋭い質問、答えるのに困った質問、つい笑ってしまった質問、撃沈してしまった質問の数々と、それに対してどう答えたかを集めた人気シリーズです。 好評だった第1弾第2弾第3弾第4弾 につづいて【第5弾】お届けいたします。現在は19弾までありますのでぜひどうぞ。

【第5弾】面接で聞かれた答えるのに困った質問、思わず沈黙してしまった質問

面接で「桃太郎のあなたは、鬼退治に行く費用として30万円を用意し、鬼ヶ島へと旅立ちました。この30万円をどのように使い、鬼退治を成功させますか?」と聞かれました。

事務職「30万円のうち3万円づつを犬、猿、キジへの鬼退治が成功した際の報酬金とします。残りは武器の調達や鬼ヶ島に向かうための船をレンタルするために使用します」と答えました。機転がきくかどうかのテストだったのでしょうか。(女性 27歳 栃木県 システムエンジニア)

エンジニア職を志望していて受けた質問です。「プログラムを組むことが趣味だそうですが、三度の飯とどちらが好きですか?」と聞かれました。

苦笑しながら、「さすがに、三度の飯の方が大事です」と答えました。ご飯も食べれないくらい忙しいのかと不安が頭をよぎりました。(男性 32歳 岐阜県 教員)

クリエイティブ系の仕事の面接で、自分の作品を持参して見て頂いたところ、「これだけ作れたらフリーで活躍できそうですね」とか、「もう独立できるんじゃないですか?」等、自分の父親くらいの面接官達からさんざん持ち上げられたような質問をされました。

面接官の方も5人も居て、面接を受けること自体、緊張してしまうのに、すっかり萎縮してしまいました。そうですね、とも言えないし、あまりに謙遜し過ぎるのもおかしいし、笑ってごまかしたような気がします。今思うと、とても恥ずかしいです。(女性 30歳 大阪府 通信販売)

過去に転職の面接で「貴方の血液型は何ですか?」と変な質問をされました。何故血液型?かなり面食らって何故それを聞く?スゴク疑問でした。

転職で注意すべきこと質問に対し、怪訝に思いながらも「AB型ですが」と言った所、「AB型ねぇ」とバカにしたような口調で「ロクな人間がいない」と悪口を面と向かって言われました。嫌な目にあったのかもしれませんが、面接で普通そんな非常識な事言う会社に驚きましたね。
明らかに人をバカにしている物言いだったので、こちらからお断りをしました。(女性 50歳 愛知県 小売業)

転職の面接で聞かれたことは、「あなたがこの会社に入社ときにどのようなメリットがあるか簡潔に話してみてください。」です。

「入ったばかりは、力になれないかもしれませんがしかし数か月後には少なくとも利益を会社にもたらしていると思います。」と答えました。あまり面白い答えではないですね。(男性 40歳 福岡県 情報通信業)

質問になるのかわからないのですが、「この後すぐに働けるかどうか?」という質問(?)をいただきました。ちょっとびっくりしました。

「はい、すぐに働けます。」ひとつ返事でそう答えました。実際、そのまますぐに説明や作業、飲み会などに出席しました。笑(男性 23歳 東京都 音楽業)

面接の前に無料の「特性診断テスト」をおこないましょう

545転職活動の前に無料の「特性診断テスト」をどうぞ。これまでに40万人以上が受けた診断テストで、たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の特性を客観的に把握した上で面接に挑みましょう。
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

20代前半の頃、転職活動をしていて、都内の小企業の社長さんに面接がかなった時のことです。「で、君を雇ったらどういういいことがあるの?」とストレートに聞かれました。

答えようとして口を開くより先に、社長さんの自慢が始まりました。「例えばね~、僕の所には〇ちゃんというとても優秀な女子がいるんだけどね、彼女はこんなこともできるし、あんなこともできるし、云々…」長々とその社員さんの自慢を聞かされ、「おっ時間だ、それじゃ」と切りあげられてしまいました。その後は何の音沙汰もなく、終わってしまいました。馬鹿じゃないの。(女性 35歳 海外在住 ライター)

変わった質問ではないのですが「残業出来ますか?」と聞かれたり、面接で「お正月やお盆も来られますか」ということを聞かれたことがあります。

残業は出来ないし、お正月やお盆も働くことが出来ないのですが、話しの成りゆきで、「大丈夫です」と言ってしまったことがあります。(女性 40歳 神奈川県 販売員)

面接の部屋に入って一番最初に、「香水を付けていますね」と言われ、とても戸惑いました。もちろん面接に香水を付けていくわけがないのでびっくりしました。

「え?」みたいな反応をしてしまいました。そして、「いいえ、つけていません」と答えましたが、納得していないようでした。嘘をついていないのにショックでした。(女性 24歳 北海道 事務職)

急に「では逆に私に質問して下さい。」と言われた時は混乱してしまいました。

悩んだ挙句、「面接官を何回ぐらいやっていますか?」というおかしな質問をしてしまいました。 いま思い出すと笑えます。(男性 29歳 北海道 サービス業)

出版関係契約社員の求人を見て応募し、面接までたどり着きました。月給18万賞与無し。一人暮らしの為、年収的にきついかな?と思いましたが、背に腹は変えられず、面接に臨みました。面接官の第一声は、「このお給料で生活できますか?」でした。

一番迷っている部分なだけに動揺しましたが、すかさず「大丈夫です」とだけ答えました。追い打ちをかけるように、「手取りにするとかなり安くなりますが、本当に大丈夫ですか?」と言われ、「はい、大丈夫です」と答えましたが、その企業は受かりませんでした。何だか複雑な心境でした。(女性 51歳 東京都 団体職員)

「一昨年、昨年の損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書を見たうえで、弊社の強みと弱み、それらを伸ばし改善するにはどうすればよいか簡潔に述べてください。」と質問され鋭いと思いました。

技術事前にこれらの財務諸表を確認し、回答を用意しておいたので、なんとか回答することができました。私の場合、転職エージェント経由で活動していたため、エージェントの方からあらかじめ質問されそうな内容を教えて頂いていたことが功を奏しました。
(男性 32歳 東京都 金融業)

私は夢を追い求めるためフリーター生活が長かったのですが、面接官から「22歳までなら遊んでいても取り返しがつくと思っていたでしょ」と言葉が図星過ぎて驚きました。

「これからは消費した4年分以上のがんばりで仕事に励みたいと思っています」と答えました。決して遊んでいたわけではないですが、夢を諦めた時点で無意味な努力と化してしまったと認めざるをえなくなり悲しかったです。(男性 22歳 神奈川県 介護系)

こちらの「自己診断テスト」も推薦!自分の5つの強みを診断

自己診断テストこちらの「自己診断テスト」は転職大手のリクルート社がノウハウを注ぎ込んだ優れもの。全8,568通りの結果から自分の強みを知ることができます。もちろん無料です。入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。
自分の強みを把握して、面接の自己アピール

中途の面接は新卒採用と違って、何度も選考することはなくほとんどが一発勝負。せいぜい書類選考含めて2、3回です。その限られた時間の中で、どのように採用面接を乗り越えて、入社まで持っていくか?を真剣に考える必要があります。
面接では必ず、自分の特徴や強みをしっかり説明できることはもちろんのこと、採用側の視点、お客の視点、雇用者の視点でどのような仕事ができるのかもしっかりとアピールしましょう。事前に準備をしておけばおくほど、他の志望者とはひと味違う点をわかってくれるはずです。

面接で聞かれた変な質問、思わず沈黙してしまった質問。 好評だった第1弾第2弾第3弾第4弾 につづいて【第5弾】お届けいたしました。現在は19弾までありますのでぜひご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 【第8弾】就職面接質問- 答えるのに困った質問、思わず沈黙してしまった質問まとめ
  2. 【第9弾】就職面接質問- 答えるのに困った質問、思わず沈黙してしまった質問まとめ
  3. 【第18弾】転職面接での困った質問集 - 「もし配属先は中国ですと言われても行きますか?」
  4. 【第4弾】面接で聞かれた、思わず沈黙してしまった鋭い質問、答えるのに困った質問15件
  5. 面接で聞かれた、思わず沈黙してしまった鋭い質問、苦笑してしまった質問15件〈第2弾〉
  6. 【第13弾】転職面接- 面接で聞かれた変な質問、思わず沈黙してしまった質問集

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール