[転職体験談] 実務翻訳者から念願の広告代理店に転職!しかも南の島で (沖縄県 R.Nさん女性)

[転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

今回登場していただくのは、結婚を機に関西の実務翻訳者から南の島の広告代理店に転職をしたちょっと変わり種のR.Nさん(女性)。さて彼女の転職活動と転職後の仕事はどのようなものだったのでしょうか。可愛いお子さんの写真をお送りいただいたR.Nさんの転職体験談をご覧下さい。

「結婚で転居」は非の打ちどころのない転職理由!?

英語が好きな私は、海外滞在経験もあり、新大阪にある半導体設計の会社で実務翻訳と事務を兼ねたような仕事をしていました。転職の理由は…主人と出会ってしまったから…でしょうか。主人は沖縄出身で、出会った頃は大阪勤務でしたが、沖縄に帰りたいと言いだしたのです。見知らぬ土地に行くことは不安でしたが、「沖縄」には、何か私を惹き付ける、不思議な魅力がありました。(あ、主人にも。笑) 当然仕事は辞めねばなりませんでした。専業主婦に対し、憧れも少しありました。ただ、実をいうと結婚は転職のいい口実でもありました。実務翻訳の仕事は派遣社員勤務でしたので、やはり任される仕事に制限があり、正社員になりたいとずっと思っていました。年齢的にも34歳で、正社員として転職するにはこの辺がリミット…との焦りもありました。また、面接時には必ず退職理由を訊かれます。「結婚で引っ越しました」ですと、絶対的に丸く収まると思いました。

沖縄で転職活動-新卒時に憧れていた広告業界へ

転職活動は、引越し後、まずハローワークへ行きました。次に、enジャパン、indeed、リクルート系など、いくつかの転職サイトに登録しました。転職サイトのメールサービスは、希望条件を登録しておくと、志望に応じた会社をピックアップして送ってくれるので便利でした。紹介されるものや英語が活かせそうなものに、積極的に応募しました。ですが…結果は連戦連敗。「英語」にこだわり過ぎていたのかも知れないと、職種をもう少し広げてみました。自分を過去から見つめなおし、どんな能力があるか、何に興味があるかを書き出しました。すると、「イベントが好き」、「人と接するのが好き」という要素も見つかり、それまでは除外していた「営業」の職種にも応募してみました。
それが良かったと思います。「営業」も「広告業界」も全く未経験でしたが、「染まっていない人が欲しかった」と採用していただけました。しかも広告業界は、新卒時に憧れたものの、就職が叶わなかった業界でした。紆余曲折のすえ、一番希望通りの業界に入れたのです。

広告代理店の正社員に転職してみて

 沖縄の広告代理店で正社員になってみて、派遣の仕事にもいい面があったと思いました。責任が少ない分、時間通りに帰れますし、残業代もきっちりつきます。正社員はサービス残業が多く、責任も重くのしかかります。でも、仕事のおもしろさは、全く違いました。広告代理店の仕事のおかげで世界が広がり、沖縄のことも深く知ることができました。
全く英語は必要がないと思って入社したのですが、英語でのプレゼンを任されたときもありました。イベントを実施するにも企画書を書くにも、情報収集にプラスして「過去の経験」からアイディアを引っ張ってくるので、人生に無駄な経験なんて、ひとつもないのだと思いました。
 未経験ということは、新しい視点で業界を見ることができるということだと思います。いろいろと勉強しないといけないこともありますし、失敗もしてしまいますが、好奇心と向上心を忘れずに頑張ったせいか、周りは意外と温かく見守ってくれました。

転職希望者へのアドバイス

 転職希望者へのアドバイスポイントとしては、「今の自分を卑下しない」ということでしょうか。
 年齢は若いほど、経験はあるほど、有利だとは思います。でも、それが全てでもありません。私のように「未経験」が有利に働くことにありますし。それよりも、真摯に仕事に向き合う姿勢があるかどうかや、上司や先輩の話を素直にきいて行動できるかなどを見られていると思います。就職は、縁によるところが大きいです。「縁」と言っても「運任せ」という意味ではなく、良縁をつかむために自分を磨いておくことが大切です。転職は、自分の能力の棚おろしをできるいい機会です。自分の良い面もダメな面も認識して、「貴社に貢献できるのはこんな部分です」と、照れずに言えたら合格だと思います。必ず、あなたに似合う場所に、縁がつながっていくと思います。実際、数々の不採用だった会社より、唯一合格した会社が一番、私に合っていたと思います。
いつでも「今」が自分のベストな時 (年齢的にもっとも若く、経験値がマックスの状態) です。そのままで素晴らしいのだと自信を持ちたいものです。(自分にも言い聞かせています)

●その他の「転職体験談(成功・失敗)」もご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [転職体験談] 放送局からコンサート主催会社に転職した音楽好きのN.Hさん(女性)
  2. [転職体験談] 雰囲気一変で転職決意、一部上場の建機レンタル会社に転職した Yさん(男性)
  3. [転職体験談] 塾業界から半導体装置メーカーに転職した Zさん(男性)
  4. キャリアアップを目指して医療系IT企業に転職したH.Mさん(女性)
  5. [転職体験談] イベント会社のディレクターに転職したJさん(女性)の話
  6. 求人広告代理店から損保コンサルティングに転職した東京都のN.Yさん(女性)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール