商社ウーマン転職奮闘物語〈第1話〉 晴れて食品専門商社の営業に転職!

商社ウーマン転職奮闘物語〈第1話〉 晴れて食品専門商社の営業に転職!

「商社ウーマン転職奮闘物語」は、食品専門商社の営業職に転職した20代の女性が取引先や上司、同僚に揉まれながら、一人前の商社ウーマンへと成長していく物語(全17話)です。

記念すべき第1話の今回は「晴れて食品専門商社の営業レディーに転職!新しい業界でのお仕事がスタート!」。転職活動から面接を経て、未経験の業界に飛び込むまでが描かれます。それではどうぞ!

食品を通して人の役に立てるような仕事がしたい

昔から食べることが大好きで、料理や食べ歩きが趣味だった私。「食品を通して人の役に立てるような仕事がしたい」そう思い、25歳の時に食品専門商社の営業職に中途採用枠で応募しました。俗にいう“商社マン(私の場合ウーマンですが)”になろうと転職活動を始めたのです。

商社と言ったら“華やかで派手な業界”、“給料は良いけど飲み会が多くて激務”、“遊び人が多い”なんてイメージが強く持たれているかと思います。世間では華やかな印象を持たれている商社という業界。私からはそんな“商社マン(ウーマン)”と呼ばれる人達が、日頃どんな風にお仕事をしているのか。華やかなイメージを持たれている商社というお仕事が、本当に華やかなお仕事なのか。社会の厳しさを殆ど知らない私のような若手社員が中途で入社をすると、会社からはどう扱われるものなのか等、様々な角度でお話して行きたいと思います。

まずは私が商社の世界に足を踏み入れるまでのお話を簡単にしたいと思います。(注:詳しい転職活動の様子はこちら前職では栄養調理製菓の専門学校職員として学生募集の仕事をしていた私。学生募集と言うとピンと来ないかもしれませんが、要は営業のお仕事と同じ意味合いになります。また、私の場合調理師免許を持っていることもあり、学生募集の他に人手が足りない時は授業の講師もやっていました。前職とは業界が違うとは言え料理の世界にはいましたし、営業と言えるような仕事も一応やってはいたので、「もしかしたら採用して貰えるかもしれない!」、そんな淡い期待を抱いて商社ウーマンになるべく試験に臨みました。

中途採用試験は200倍の高倍率

入社までの道のりは説明会+面接試験2回、筆記試験1回と極々普通の採用試験でした。どうやら200名近い応募者がいて、その内の1人しか採用しない予定でいると説明会の時に聞かされました。1/200名に入るための戦いだったこともあり、最終試験終了後から3週間程は何の連絡も来ませんでした。やっと連絡が来たと思ったら、「他者も含めて慎重に検討をしております。今しばらくお待ち下さい」、とだけ書かれていました。この連絡を見て初めて自分が補欠採用者であることを悟ったのです。

実は私25歳にして今回の転職が2回目だったのです・・・。恐らく年齢の割に転職回数も多く、前職も営業をやっていたとは言え業界が違ったため、色々な意味で本採用候補者ではなく補欠採用候補者だったのかもしれません。採用試験から約1ヶ月経った頃、ようやく合格の連絡を貰えました。ほぼ諦めモードに入っていたため、採用の連絡が来た時は本当に嬉しかったです!

商社の仕事はどちらかというと地味で泥臭いよ

早速正式採用者として入社前の説明会に呼ばれました。とにかく商社の営業レディーになれたことが嬉しくて、私は終始ニコニコしながら入社後の流れについての説明を聞いていました。そんな私の様子を見た説明会の担当者が、私に向かってこう言いました。

「君は商社という仕事に対してどういうイメージを持っているのかな?もしかすると君はとても華やかなイメージを持っているのかもしれないが、商社の仕事はどちらかというと地味で泥臭いよ。」

「メーカー営業のように自社の製品を売ることだけに専念出来ないのが商社の営業なんだ。メーカーと商社の違いは勿論分かっているよね?商社の営業ウーマンとして働くことの意味を、実際に仕事を通して君には理解して行って欲しい。」

「今の君は商社で働くということを甘く見ている気がするから、上司になる人達の話しを良く聞いて成長して行くように。」

何故このような話しを突然されたのか、この時は良く分かりませんでした。言われた内容を理解出来たのは、実際に働き始めて2年位経った頃だったと思います。

こうして晴れて“商社ウーマン”になれたのですが、後に補欠合格者であったことを痛感する出来事が沢山起こるとは、この時の私は思ってもいませんでした・・・。華やかなイメージのある商社ウーマンになれたことで、とにかく有頂天になっていた私。まさかここに来て転職を繰り返していたツケが回って来るなんて。どれだけ商社で働くということを甘く見ていたかなんて、少しも分かっていなかったのです・・・。

次回は「<第2話> 同期入社がいなかった私。中途採用者が1人だけという孤独 」に続きます。

●「商社ウーマン転職奮闘物語」 シリーズTOPへ

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第11話〉 「初めての喧嘩!私 VS お客さん!」
  2. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第15話〉 「徐々に私のお客さんの態度に変化が?!」
  3. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第8話〉 致命的なミスを犯した私。商社の営業が絶対にやってはいけないこと
  4. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第10話〉 「女性上司の存在が私を変えるキッカケに」
  5. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第4話〉 お客さんから仕事の依頼をもらえない!どうして?
  6. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第2話〉 中途採用者が1人だけという孤独

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール