商社ウーマン転職奮闘物語〈第2話〉 中途採用者が1人だけという孤独

商社ウーマン転職奮闘物語〈第2話〉 中途採用者が1人だけという孤独

「商社ウーマン転職奮闘物語」は、食品専門商社の営業職に転職した20代の女性が取引先や上司、同僚に揉まれながら、一人前の商社ウーマンへと成長していく物語(全17話)です。

前回の第1話では転職活動から面接を経て、未経験の業界に飛び込むまでが描かれました。
第2話の今回は「同期入社がいなかった私。中途採用者が1人だけという孤独」です。それではどうぞ!

同期入社がいなかった私

第2話のはじまりです。
こうして補欠合格者ではあるものの、私は無事に入社することが出来ました。4月1日になりいよいよ初出社の日!

「同じ営業職の人で同期はいないだろうけど、他部署の人で同期入社の人はいるだろうからきっと大丈夫!」

そう思いつつ私は待機室へと向かったのでした。いざ扉を開けて部屋に入ってみると、私の他に誰もいませんでした。もう少しすれば誰か来るかもしれない!ギリギリまで待ってはみたものの、結局私以外誰も待機室に入ってくることはありませんでした・・・。

―――私には同期がいない―――

そう分かった瞬間急に淋しい気持ちになりました。私はしんみりとした気持ちの中で、新人の挨拶の場に出向いて行ったのでした。

入社後すぐに業務がスタート

中途採用者の挨拶はとても簡単なものでした。パッパと自己紹介を終わらせて、すぐに業務へと入って行きました。挨拶が終わると私はそのまま営業部へと連れて行かれ、直属の上司から「早速仕事を覚えて貰う」と言われたのです。必死に上司の話すことを聞き、上司の後をついて行き、その日は慌ただしく1日が終了。あまりに展開が早過ぎて、家に帰って親に「どうだった?」と聞かれても「とりあえず忙しかった」としか答えられませんでした。

新卒入社の際はもっとゆっくりと業務を覚えていって、何事においても計画的に指導を受けていくようなイメージでしたが、中途入社の場合は180度違いました。

“入社したらすぐに即戦力として働いて貰う”

それが中途採用者に会社側が求めていることなのだと、実際に入社をしてみて改めて実感させられたのです。

これまで2度の転職をしてきた私は、今まで中途採用の意味を真剣に考えたことが無かったので、スタート時点で不勉強のツケが露わになって行きました・・・。会社側が私に求めていた“即戦力”を、私は全くと言っていい程持ち合わせていなかったのです。1日1日と過ぎていくたびに、今自分が持っている能力なんて、会社から見たら埃レベルだということが分かりました。

中途と新卒の違い

今回の転職は、まるで偏差値が中ぐらいの人が偏差値上位の学校に推薦入試で、しかもエスカレーター式の所にポンと入ってしまったようなものでした。周りは皆知り合い同士で和気藹々と話している中、同期入社もいない私は1人でポツンと、ただただ周りの様子を見ている。同期入社の人達で「次の同期会だけど~」と、楽しそうに話しをしているのを横目で見ている。自分と同い年の人達もいるようだけれども、会社は年齢では無く社歴の世界。学生時代のように「え?!まじ~!同い年じゃーん!」なんて、馴れ馴れしく話し掛けることも出来ない。例え同い年の人がいたとしても「私も同期会の仲間に入れてよー!」なんて、下っ端の自分からは言えない。周りの人達が何を話しているのか自分だけ分からない上、同期入社のいない私は相談出来る相手もいない。1人で中途入社をすると色々な面で孤独を感じるんだと、この会社に転職をして実感したのです。

新卒入社の際は他にも一緒に入った仲間が沢山いて、同期会もしょっちゅうやっていました。仕事は分からないことだらけだったけれども、同じ立場の仲間がいたからとても心強かったです。同期のいた時代がどれだけ恵まれていたのかを、1人で中途入社をして初めて思い知ったのでした・・・。

自分の現状レベルに対して、うんと高いレベルを持っていないと入れないような環境へと、1人で足を踏み入れてしまった私。即戦力も持っていない中、中途入社は私1人・・・。新卒で入った私と同い年の社員と、中途で入った自分。同い年なので会社からの扱いは同じだろうと思っていましたが、現実は全く異なりました。働いていく中で新卒入社と中途入社の違いを、私は日々実感していくことになるのでした・・・。

次回の第3話「分からないことが分からない。専門用語に囲まれる日々。」に続きます。

●「商社ウーマン転職奮闘物語」 シリーズTOPへ

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 商社ウーマン転職奮闘物語〈最終話〉 「これからはこんな商社営業ウーマンになって行きたい!」
  2. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第9話〉 どん底!「社会人経験が◯年もあるはずなのに使えない」と言われる
  3. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第13話〉 「これからもよろしく!仲直りの時」
  4. 404
  5. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第10話〉 「女性上司の存在が私を変えるキッカケに」
  6. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第3話〉 分からないことが分からない。専門用語に囲まれる日々

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール