[女性の転職ノウハウ] どう答える?女性ならではの面接質問について

[女性の転職ノウハウ] どう答える?女性ならではの面接質問について

結婚、出産など女性ならではの仕事の探し方を解説する「女性の転職ノウハウ」コーナー。今回は「どう答える?女性ならではの面接質問について」です。

就職・転職活動において『面接』は避けて通れない関門のひとつ。
本来なら、男女平等の世の中において、女性ならではの質問というのは、あってはならないはずですが、もし質問されたら、貴方ならどうするでしょう?

「女性には、担当制で来客対応と会議室の清掃をお願いしているのですが、宜しいですか?」

どんな業務から入ることになるのか、説明を受けるうえで出てくるのがこの手の話です。
募集している職種上、その担当制が好ましいと考えられているのであれば、冒頭に「女性には」とは付きません。
疑問を感じる場合は、「男性も何か担当制の業務はありますか」等の質問をされてみてはいかがでしょうか。
その質問によって不快感を示す面接官であれば、少なくとも、そういう気風のある環境なのだと察知できます。
この会社で働きたい!私がその体質を変えよう!という気持ちであれば、そのまま「問題ありません。」と受け入れるのもひとつの方法ですが、難題の覚悟は必要です。
ちなみに、来客対応は、営業職にとってはビジネスチャンスの場合もあります。どのようなお客様が多いのかを質問して、そこに貴方のスキルを活かせるチャンスがあるか、検討してみるのもひとつの方法です。

「お付き合いされている方はいますか?結婚・出産の予定は?」

「お付き合いされている方はいますか?結婚・出産の予定は?」仕事には関係がなく、女性でなければ受けることの少ない質問です。この質問の裏には、当然、「すぐ辞められてしまうのではないか」という企業の不安ともいえる考えがあります。
費用と労力をかけて採用した社員に、短期間で辞められる痛手を考えると、質問する側の気持ちがわかるという方もいるでしょう。
ですが、この質問は禁忌です。
面接は、本人の適正・能力のみで選考しなければなりません。
具体的には、本籍地や家族構成、家族の職業、思想・信条、男女差別につながりかねない恋人の有無や結婚・出産予定などは、職務を遂行する上で無関係な位置にあるとして、質問を禁止されています。
もし、会話の中でごく自然にこの質問が出たのであれば、不勉強ではないとも予測できますが、これをストレートに質問してきたのが人事部門の面接官であれば、面接に通ったとしても、このまま進めることはおすすめできません。
人事が関わる法律・制度は多種多様で、細かな点を含めると短期間で様変わりしています。その様変わりに対応することが人事部門には不可欠です。
このような質問をする意識の低い人事部門を持つ企業は、男女差別云々以前に、時代にはついて行けなくなるのが目に見えています。

さて本題に戻ります。
何の前置きもなく、ストレートにこの質問をされた場合は、就業をおすすめしないため「無難に回答でご自由に」となりますが、話の流れの中で自然と質問され、その質問の必要性を納得したのであれば、素直に答えることが大切です。
おそらく、「結婚」や「出産」というキーワードは用いらず、「長く就業していただきたいけれど、その点について問題ありませんか?質問はありませんか?」などの言い回しが予想されます。
恋人の有無はともかく、結婚や出産を予定されているのであれば、正直に答えなければ、双方にとってマイナスにしかなりません。
重要なのは、結婚や出産を予定しているけれど、御社で働きたいのだという熱意を伝えること。その熱意を伝えるために、自分が目指すキャリアアップや、どのように貢献できるかを具体的に示すことです。
その企業が用意している勤務制度を調べた上で、「仕事と家庭を両立するロールモデルになれます」というアピールは、今だからこそできる技かも知れませんよ。

こんな質問をしたら採用されないかも…視点を変えてみよう!

「この会社、女性が小間使いになっているかも…」短い面接時間でそう感じるなら、就業しても同じことを感じる可能性は高いはずです。果たしてその環境で、消化できないストレスを溜めたまま、キャリアアップを目指せるのでしょうか。答えは人それぞれかも知れませんが、それでもその企業へ就職したい気持ちが強いなら、思い切って質問してみましょう。

「来客対応は女性の担当でしょうか?」
「男性は電話対応をされますか?」
「育児による時短制度を利用されている方の割合は?」

雰囲気によっては聞きづらい内容でも、ここでは勇気が必要です。
こんなことを質問したら採用されないかも…そう心配されるかも知れませんが、視点を変えてみてください。質問とは、貴方が企業を選ぶ、選択権の行使です。
この質問をしたことが原因で不採用となったのなら、それは貴方が会社を不採用にしたのと同じことです。
面接は、企業が就業希望者を選定する場であると同時に、就業希望者が企業を選定する場であることを忘れずに、自信をもって臨みましょう。

「女性の転職ノウハウ」コーナーは、女性ならではの結婚、出産後の悩みや課題からライフスタイルに合わせた会社の探し方、面接の乗り越え方まで詳しく解説いたします。女性の方はぜひご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. ネガティブな退職理由をポジティブな理由に変換する -その2 [転職のノウハウ]
  2. 面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう
  3. 離職期間(ブランク)とは
  4. 「マザーズハローワーク」って何?仕事と子育てを両立したい女性再就職なら活用してみて
  5. 面接で重視される「チャレンジ精神」はどうアピールすれば良いのか [転職のノウハウ]
  6. 女性ならではの面接準備 [女性の転職ノウハウ]

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール