結婚、出産、育休、職場復帰など女性のライフステージ別にみる「仕事のコツ」

結婚、出産、育休、職場復帰など女性のライフステージ別にみる「仕事のコツ」

結婚、出産など女性ならではの仕事の悩みや課題を解説する「女性の転職ノウハウ」コーナーです。
『結婚し、出産し、子を育てる。』
ごく普通のことのように思えますが、働く現代女性にとっては、生活に大きな変化をもたらす大変な出来事です。
結婚し、出産し、子を育てるひと昔前に比べ、パートナーの育児参加も増えましたが、男性の育児休暇取得率と期間を見れば、女性の育児負担割合が圧倒的に多いことは明らかです。そのため、出産後も働くことを選ぶ女性には、結婚や出産前、出産後で、仕事の取り組み方へのポイント、つまり『仕事のコツ』があります。
ちなみに、結婚や出産をしなくても無関係ではありません。サポートする側とされる側。双方に理解がなければ、女性が当たり前に活躍できる社会は難しいはずです。
結婚・出産を予定、希望しない方も、是非ご一読ください。

入社~結婚・出産

~記録する癖をつけ、自分磨きに専念する時期~
デザイン社会人1年生は、仕事を覚えるだけで精一杯。わからない事だらけで、教育係や周囲の先輩に迷惑ばかりかけてしまうかも知れませんね。ですが、落ち込んでばかりもいられません。
同じミスを繰り返さず、一度質問したことを聞き返さないよう、自分なりの記録を残しましょう。それこそが、翌年以降の先輩として、教育係としての準備となります。
この記録はマニュアル作成にも活用できるため、異動や転勤、出産・育児休暇が始まる際の、業務引継ぎにも役立ちます。
形として残るマニュアルは、貴方がいない間も、貴方を職場の人々の記憶に残す役割を果たす貴重な存在。入社直後からマニュアル作成は無理でも、記録する癖だけはつけましょう。『産後休暇明け、育児休暇明けの自分を受け入れてくれる職場』作りに役立つ面があるはずです。

家族の介護や、自分の病気の心配も少ない、自分自身のことだけに集中できる時間は、意外に短いものです。仕事への集中はもちろん、今後仕事を続けていく上で必要な資格や免許なども、この時期に取得することをおすすめします。会社にとって無くてはならない存在となれるよう、自分磨きに力を入れましょう。

出産・育児休暇中

~出産・育児に専念しつつ、自分自身の体力をつける時期~
育児休業制度産前産後休暇や育児休暇中は、出産・育児に集中することが大事ですが、職場復帰のための体力作りも考えたいところ。出産を機に転職したいという方も同様です。
ここでいう『体力』とは、仕事と育児を両立するための持久力だけではなく、即戦力となるための準備です。
長期休暇に入ると、休暇中に起こる業界のトレンドや、絡んでくる法律の改正、新商品の発表など、いわゆる『復帰後の浦島太郎状態』が不安になるもの。
その不安を解消するために、できる範囲でアンテナを張り、知識を吸収しましょう。新聞や業界紙を購読したり、スマ-トフォンで、必要な情報を届けてくれるサービスや、アプリを活用するのも方法です。
就業先が、育児休業者のためのWEBサービスを用意していれば、それも是非活用しましょう。仕事関連以外に、社内で行われたイベント情報もわかる場合が多く、育児中の気分転換になるようです。

育児と仕事を両立するための準備も、この時期がおすすめです。
家事を時短化するための工夫や、復帰後の家事の分担をパートナーと相談しておくと、休暇明けのトラブルや体力消耗を軽減できます。
できれば休暇に入る前に、育児中の先輩にアドバイスを受けておくと良いでしょう。

せっかくの長期休暇。育児を満喫しつつ復帰に向けた準備もしたいところですが、育児と自分の体の回復が一番ですから、無理は禁物ですよ。
※仕事と育児を両立したい女性をサポートしてくれる法制度について紹介した「制度を使って育児と両立!進化する育児休暇制度」もご覧下さい。

職場復帰~短時間勤務期間

~業務効率を重視したスケジューリングが大切な時期~
3歳未満の子を養育する場合、短時間勤務制度(原則として1日6時間)を使用できます。
企業によっては更に長い期間の設定をしていたり、フレックスタイム制を導入したりと、働くママにとっては有難い、利用割合の高い制度です。

短時間勤務短い時間の中で、いかに効率よく成果を出すかが勝負の短時間勤務。そのため、スケジューリングが大切です。提案するにしろ、引き受けるにしろ、各業務について、自分が必要とする時間を考えて動きます。
退社時間までに終わらない業務を引き受けることはできないため、その旨を相手にしっかりと相談しなければなりませんし、上司や他部署の承認が必要な業務であれば、相手のスケジュールや性格を把握して、逆算した行動をとるといった工夫も必要です。
仕事が早い人は既に実践していることですが、短時間勤務の場合は必須となる考え方。これをなくして短時間勤務で成果を出すのは難しいでしょう。

また、子の急病など、場合によっては、仕事を途中で引き渡して退社しなければなりません。そのときは、仕事を引き継いでくれる相手が、すんなり進められるように、常に仕事をわかりやすく進めることもポイントです。自分しかわからない仕事の進め方は、自分の首を絞めてしまうので注意しましょう。
例えば、Excelで作成する資料に、使用頻度の低い関数を使ったり、細かすぎるこだわりを施してしまうと、相手はどこから手をつければよいのかわからず、結局は完了に至らずに戻ってくるといったことは、よくあるトラブルです。
職場復帰のための「女性でなくても知っておきたい。妊娠したら考えたい職場復帰のための5つのこと」もぜひご覧下さい。

短時間勤務明け以降~

~サポートされた分を少しずつ返していく時期~
フルタイム勤務スタートとなりますが、いきなり残業をするというのも考えもの。
子が3歳を迎えても、小学校入学前の残業の規制もありますし、いわゆる『小1の壁』問題も待ち構えています。ここは是非、短時間勤務時代に習得した、効率的な仕事の進め方で定時退社を基本としましょう。

短時間勤務明け以降短時間勤務時代と違う点は、自分が働くママとして、少しだけ先輩の立場になってきたということ。
もし自分の周りに、出産を控えた女性や、育児休暇明けの女性がいれば、サポートを心掛けましょう。実務的にサポートできなくても、より若手の同僚にサポートを促す、上司に進言する(提案する)方法もあります。
サポートを受ける立場から、少しずつサポートを返す立場になることで、育児中の女性が働きやすい環境が整っていきます。その結果、第2子を授かった時、更に自分もサポートしてもらえるという良い循環が生まれます。
そう考えると、自分の妊娠期や復帰間もない頃に、どんなことで助かったと感じたか、どんなサポートがあれば働きやすかったかを記録しておけば便利ですね。ここでも記録する癖が役立つ訳です。

そして更に時を経て、部下を持つ立場になったら、出産を控えた女性や育児中の女性が、安心して仕事ができるよう、自分の今までの経験を活かして、職場作りをしていければ理想的です。なかなかそう上手くはいかないにしても、目標とする価値があると思いませんか?

昇給や昇格の条件のひとつは、業績を上げること。これは直接的な方法です。
自分の時間を最大限に活用し、がむしゃらに突き進むという方法も魅力的ではありますが、結婚・出産・育児負担のかかりやすい女性には、時間に限りがあります。
それなら、経験を活かして、女性の活躍しやすい環境を作りこみ、効率化を図ることで、間接的に業績を上げていく…女性ならではの『仕事のコツ』として、考えてみてはいかがでしょうか。
出産後に役立つ「制度を使って育児と両立!進化する育児休暇制度」、職場復帰のための「女性でなくても知っておきたい。妊娠したら考えたい職場復帰のための5つのこと」もどうぞ。

「女性の転職ノウハウ」コーナーは、女性ならではの結婚、出産後の悩みや課題からライフスタイルに合わせた会社の探し方、面接の乗り越え方まで詳しく解説いたします。女性の方はぜひご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

面接前にあなたの性格や想定年収を診断しておきましょう

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール

Warning: file_get_contents(http://api.facebook.com/restserver.php?method=links.getStats&urls=http%3A%2F%2Fjobgood.jp%2F10010): failed to open stream: Network is unreachable in /home/jobgood/html/wp-content/themes/n1/functions/social.php on line 132