[女性の転職ノウハウ] 制度を使って育児と両立!進化する育児休暇制度

[女性の転職ノウハウ] 制度を使って育児と両立!進化する育児休暇制度

結婚、出産など女性ならではの仕事の探し方を解説する「女性の転職ノウハウ」コーナー。今回は「制度を使って育児と両立!進化する育児休暇制度」です。

男女共同参画社会基本法が公布・施行されてから17年。
『夫は外で働き、妻は家を守るべきである』という考え方に対する世論調査において、『反対』が『賛成』を上回る調査結果が出るようになりましたが、第一子出産を機とする女性の退職率は、60%を超えているのが現状です。
出産を良い機会と捉え、新しいことにチャレンジする場合等はともかく、復職できそうにないと踏んで退職する原因のひとつに、制度の活用がなされていないという問題があります。
今回は、出産後も同じ職場で働き続けたいと願う、仕事と育児を両立したい女性をサポートしてくれる法制度についてご紹介します。
もちろん、男性も同様にサポートしている制度ですよ。

整備の進む『仕事を続けるため』の法制度

※厚生労働省:『平成29年1月1日施行対応 育児・介護休業法のあらまし』より一部抜粋しています

【育児休業制度】

育児休業制度子どもが1歳に達するまで(1歳の誕生日前日まで)、育児休業を取ることができる制度です。
保育所が見つからない、育児をする予定だった人が病気になったなどの事情が発生した場合は、1歳6か月まで延長することができます。
申請できる条件は、
1.申出時点で、過去1年以上継続し雇用されている
2.子が1歳6か月になるまでの間に雇用契約がなくなることが明らかでない

なのですが、②については、育児・介護休業法の改正(H29.1.1より施行)により、『子が2歳になるまでの間に雇用契約が更新されないことが明らかである者を除く』から緩和されました。

【パパママ育休プラス】

育児休業には、両親ともに育児休業を取得すると、育児休業期間を1歳2か月まで延長できる優遇措置があります。これを『パパママ育休プラス』と言うのですが、平成22年に施行された新しい制度のため、育児休業制度に比べると認知度は低く、いざ妊娠、出産を迎えることで、初めて耳にする方も少なくないようです。

【短時間勤務制度】

事業主は、3歳未満の子を養育している労働者に対し、所定労働時間を短縮することにより、就業しつつ子を養育することを容易にするための措置を講じなければいけません。
(措置を講じる=就業規則に規定する等、制度を整えるという意)
短時間勤務制度は、1日の所定労働時間を、原則として6時間とする措置を含むものとしなければなりません。
これは平均が6時間ということではなく、全ての労働日の所定労働時間が6時間ということです。勤務時間でいうと、10時(9時)出勤で休憩時間が1時間なら5時(4時)退社になります。

【子の看護休暇制度】

子の看護休暇制度小学校の就学の始期に達するまでの子を養育する労働者は、1年に5日(子が2人以上の場合は10日)まで、病気、けがをした子の看護又は子に予防接種、健康診断を受けさせるための休暇の取得が可能です。
この制度も改正(H29.1.1より施行)により、1日単位での取得であったものが、半日単位となったことで、より有効に使用することができるようになりました。
小学校入学までに接種すべき予防接種の種類や回数を考えると、「なぜ今まで改正されなかったの?」という意見も聞こえてきそうですね。

※予防接種の種類・回数については、日本小児科学会
http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=138  参照

【育児休業等に関するハラスメントの防止措置】

前述した制度以外にも、所定外労働の制限、時間外労働の制限、深夜業の制限など、仕事と育児を両立するための法制度は多くあります。
事業主は、これらの申請によって労働者の就業環境が害されないように、つまり、育児休業等に関するハラスメント防止のために、雇用管理上、必要な措置を講じる必要があります。
措置にはハラスメント防止のための周知・啓発、ハラスメントの相談を受け、適切に対応することなどの具体的な指針があり、「事業主として、育児中の労働者を守りなさい。」というメッセージが感じられる内容です。

制度を形骸化させないために

自分が育児休暇制度を活用する日がくるまでに
主な法制度をご紹介しましたが、制度があるにも関わらず、実際には活用されずに退職の道を選ぶ方が多いということは、制度だけは意味がないということ。
上述の【育児休業等に関するハラスメントの防止措置】にもつながりますが、制度の整備で終わるのではなく、『制度の周知・啓発』『制度使用のための環境や業務分担の見直し』『労働者の相談を受けられる環境の整備』『ハラスメントが起こってしまった場合の再発防止策の検討』が重要であり、事業主や管理者の大きな課題です。
これについては国も相当力を入れているところで、制度活用を推進し、育児中でも十分に力を発揮できる社会にするための取り組みを実施しています。
わかりやすいものだと、『くるみんマーク』の推進や、『ダイバーシティ経営企業100選』などの選定・公開、『ポジティブ・アクション』という女性の活躍を推進する事業において、女性の活躍状況をデータベース化し、公開しています。(『探そう!女性が働きやすい企業』にてご紹介しています)
今後、これらの推進により、制度の活用が広がることでしょう。

自分が育児休暇制度を活用する日がくるまでに

ちなみに、今は周囲にいなくても、同僚や部下に育児中の社員が表れる可能性や、いずれは自分が育児をする可能性を考えれば、これらの制度に関わらない方はいないはずです。
制度を形骸化させず、育児をする方が十分な力を発揮できる社会作りのために、まずは制度を理解することから始め、今の自分にできることを考えてみませんか?
育児中の方の退社時間が近づいたら、「あ!〇〇さん、もうすぐ時間ですよ。」と、周囲が気づくよう声掛けするだけでも、貴方の周りから、意識を変えていくことができるかも知れません。

「女性の転職ノウハウ」コーナーは、女性ならではの結婚、出産後の悩みや課題からライフスタイルに合わせた会社の探し方、面接の乗り越え方まで詳しく解説いたします。女性の方はぜひご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 面接で重視される「チャレンジ精神」はどうアピールすれば良いのか [転職のノウハウ]
  2. 面接でよく聞かれる「職業意識」とは?どのように答えれば良いのか [転職のノウハウ]
  3. ネガティブな退職理由をポジティブな理由に変換する -その2 [転職のノウハウ]
  4. 女性の育児休業取得実績がある企業は84%、課題は代替要員
  5. 転職活動はハローワーク一本でおこなうのは危険!転職サイトやエージェントも活用しよう
  6. どうせならメールの返信が早くて、ていねいな会社に転職・就職しよう [転職のノウハウ]

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール