「人事」の仕事内容〈その2〉-教育業務編

「人事」の仕事内容〈その2〉-教育業務編

管理系職種の中でも人気が高いとされる「人事職」について解説するコーナーです。
人事の仕事は採用教育労務評価、制度の立案・運用など、人事の仕事は多岐にわたります。
今回は人事職の中でも重要な「教育業務」についてご紹介します。研修運営者のイメージですが、実際の仕事はどんなものなのでしょう。

教育担当者の必要性

経営資源である『ヒト』の価値を維持・向上させるために必要な能力開発。それを手掛けるのが人事に属する教育担当です。
少人数で構成された企業であれば、従業員1人1人のスキルや今後の方向性を見て、仕事の中で教育をしていくことも可能ですが、多くの部門や部署を持つ企業となるとそうはいきません。
新入社員に求めるもの、ラインのリーダーに求めるもの、部署長に求めるもの等。それぞれを一定レベルまで押し上げていく、または統一するには、専任者が必要となってきます。

教育の仕事

教育担当者の仕事は、研修の運営だけではなく、研修による成果の確認や管理、把握した能力をどのように活かしていくかなどにも関わります。

【能力開発】

様々な研修を通して、従業員の能力開発を行います。研修には以下のような例が挙げられます。

採用の仕事 仕事内容
新人研修 採用担当から引き継いだ新入社員の研修を実施。
ビジネスマナー、商品知識、業界知識、各部門の役割理解、就業規則、社内ルール※1などの習得を目的とする。
OJTやOff-JT※2なども設定する。
新卒の研修には教育担当者も同席し、自ら講師となることも多い。
等級研修 企業内で設定された等級制度に沿って実施する研修。
自身の等級に課された役割を認識して仕事を進められるよう、同じ等級者を集めることで、競争しながら成長させる目的も持つ。
商品研修 新商品や新サービス、従来商品改訂等の知識習得のために実施。
リーダー研修 個人ではなく、グループ全体の業績をあげていくために必要な、リーダーに求める役割を認識するための研修。
同程度の役職や等級で、ひとつの課題に対し、グループ討議をする形が多い。
マネージャー研修 リーダーが主任クラスだとすると、こちらは部長・課長クラスの研修。
部門間の協力の在り方や、企業という母体全体の業績向上のためにマネージャーに課される役割を認識する内容などがある。
メンタル面や、ダイバーシティ経営に関する研修を実施する企業もある。
職種別研修 その職種に必要な知識習得・維持向上のために実施。

※1 社内ルール:朝礼の準備や経費精算方法など、その企業ならではの細々とした業務手順などを学ぶ
※2 Off-JT:社外での実地訓練や外部研修の意(Off the Job Training)

企業の属する業界や規模によって、実施する研修は様々です。
教育担当者から社内調査の上で提案・実施するものばかりではなく、各部門から要請を受けることもあれば、外部の研修を受けたいという要請も対応・検討します。

【成果の確認と管理】

研修を受けたことによる各人のスキルアップの確認をしなければ、成果の有無はわかりません。そのため、教育担当者は成果の確認作業に多くの時間を要します。
研修直後のアンケートやペーパーテスト、研修終了1カ月後の本人確認や上長へのヒアリングなどを行い、研修による成果の有無や成果の度合いを確認します。
確認した結果、成果を認められない従業員には、更なる研修を用意することもありますし、他部署を経験させる方法をとることもあります。
また、研修を通して個人の秀でた能力を発見すれば、更なる選抜研修などを用意することもあります。ごく一部の従業員しか参加できない海外研修などが、それに該当するという企業もあります。
選抜研修を用意することで向上心を掻き立て、活気ある社内環境を作り出すのも、教育担当者の役割と言えます。

【資格管理】

従業員の取得している資格の情報なども、教育担当者が管理します。
資格取得の助成や、資格手当の手続きなども、教育担当者を通してから労務担当者に渡る企業が多いようです。

【配属への情報提供・参加】

教育担当者には、その役割上、全従業員のスキル情報が集まります。
そのため、従業員の配属や昇格・昇進会議などに情報を提供する機会が多く、会議そのものに参加することもあります。
特に、新卒新入社員の配属については一番の情報所有者のため、配属への意見を求められる立場になることもあります。

教育担当者のやりがいと苦労

教育担当者は、研修を通して、従業員との関りが深くなりやすい仕事。
そのため、関わった従業員の成長には大きな喜びを感じます。逆に、なかなか成果を出せない従業員には、親のような心配をしてしまいますし、自分の企画に問題があるのではと不安も募ります。
ここで注意したいのが、公平性についての意識と、常に手本となる意識の重要性です。
常に公平性を保って従業員のスキルを管理しなければ、配属会議で的確な発言はできません。研修で横柄な態度をとれば、研修を受ける側の従業員も、それに応じた態度をとるものです。
まるで教師の基本のようですが、その位の意識を持たなければ務まりません。
「教育担当のくせに知らないの?」という声が聞こえないよう、常に勉強も必要ですし、自分自身が研修受講対象者の時などは尚更苦労します。
自信のある姿勢で皆の前に立つには、見えない努力が必要な仕事なのです。

最後に

『ヒト』を扱う面白みに比例して、厳しさもある『教育』という仕事。
未経験から主任担当者になることはありませんが、会場手配や資料準備、情報整理などの仕事も大量にありますから、補助的な役割での募集であれば、未経験者でも採用の可能性があります。
教育をピンポイントに狙う場合は、社会人としてのビジネスマナーを習得して、企業に研修機構が必要な理由を、自分の言葉で説明できるようにして臨むことをお勧めします。

次回は人事の「労務のしごと」「評価のしごと」について解説いたします。人事の仕事全体を説明した「人事」の仕事-必要な資質、資格、「採用業務編」「教育業務編」「労務業務編」もご覧下さい。

人事の仕事

【人事の仕事】採用、教育、労務、評価、制度の立案・運用など、人事の仕事は多岐にわたります。
業界や企業規模によって違いはあるものの、経営資源である『ヒト・モノ・カネ・情報』の4要素のうち、『ヒト』という資源を活かして経営を支えるという立ち位置は、どの業界・企業でも共通です。

未経験から挑戦する「人事」の仕事
採用 新卒・中途・アルバイト採用、派遣スタッフ契約や、採用のために準備する媒体検討、イベント出展、会社説明会や面接プロセスなどの全般を担当。
経営戦略に合わせた人員確保や、部署から要求される増員・補充を調整した採用戦略の立案なども行う。

採用業務について
教育 社内外における新人研修やマネージャー研修の立案、実施。教育成果の調査。
資格取得などの管理も行う場合がある。新入社員との接触時間や回数が多い業務のため、配属会議への参加もある。
教育業務について
労務 勤怠管理、給与計算、保険手続き、年末調整など、常に全社員の個人情報を扱い、『人事の要』とも言えるのが労務。
入社・退職時に必要な手続き書類の作成なども、大半が労務の担当。
教育業務について
評価 給与や賞与、昇進・昇格などの根拠となる評価(人事査定)を行い、管理する。
評価システムの導入や、導入後の運用についても舵取りをする。
教育業務について
制度立案・運用 社員が快適に就業し、よりよいパフォーマンスができるように、社内規則やその見直し、運用を行う。ダイバーシティにおいて重要な役割を果たす。

※この他にも、突発的な社内トラブルの解決・相談など、人事部門全体で対応する業務も多い。

こちらの事務職記事もどうぞ

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

面接前にあなたの性格や想定年収を診断しておきましょう

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール