[転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)

[転職体験談]  美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)

[転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性) ※写真はS.Nさんの自宅近くの名古屋駅

今回の転職体験談は美容室に商材を卸す仕事から、スーパーなどに飲料を卸す飲料メーカーに転職した愛知県のS.Nさん(男性)です。転職を考えたきっかけ、面接での様子、転職希望者へのアドバイスを語ってもらいました。それではどうぞ。

転職前の業界と転職を考えた理由

愛知県在住のS.Nです。私の転職体験談をお伝えしたいと思います。私は以前、美容業界の営業職として働いていました。美容室に商材を卸す仕事で、取引先の担当者は女性が9割という、とてもやりがいのある環境で営業活動に励んでいました。「綺麗な女性が多くてN はいいなぁ・・」なんて、友人からよく言われていましたが、取引先との恋愛は御法度なので残念ながらあまり関係ないのです。

そんな楽しくてやりがいのある業界でしたが、ある時「全くの異業種で環境を変えて働きたい」という思いがちらつくようになりました。

このまま美容業界に残って、業界内のプロフェッショナルとして活躍したり、長年勤務して昇進や管理職など上を目指したり、という道もあったのですが、どうしても違う業界を経験して、仕事の価値観や視野を広げたいという気持ちが強くなって、転職を決意したのです。

一般的に、転職はネガティブな要素を含むと思われがちですが、私の場合は、本当にスキルアップや働く環境を変えてチャレンジしたい、という気持ちでした。

転職活動をスタート

さっそく転職活動を始めました。転職サイトの「リクナビネクスト」を利用し、「飲料業界とアパレル業界」に的を絞りました。両業界とも日常の生活に欠かせないもので、好きな商材を自信持って提案できそうだったので選びました。
5社ほど応募をして、書類選考を通過したのは飲料業界2社、アパレル1社の計3社でした。「この3社に全身全霊かける!」という気持ちで、その会社のこと、業界のこと、面接の乗り切り方などをいろいろ勉強して面接に臨みました。

第一志望の飲料会社の面接会場は名古屋駅近くでした。少し早く着いたので、ホットコーヒーを飲んで緊張をほぐしたり、面接対策ノートを見返したり、面接マナーの復習したりなど、最後の最後まで気を抜かないように頑張りました。まるで受験生のようだったと思います。

面接では自己PRや志望動機、退職理由など想定した問答をなんとかクリアして、ちょっとホッとしていた時に、ひとりの面接官が急にお酒を取り出して、「このお酒を22時の閉店前のスーパーで会社員の男性にどのように売りますか?」と聞いてきました。
私はちょっと動揺したのですが、とっさに、「惣菜コーナーに並べて、おかずと一緒に一杯どうですか?という状況を作ります」と必死に答えました。これが良かったのかどうかは不明ですが、先方の反応は上々で、結局この飲料会社から内定をいただき転職先に決めました。飲食店やスーパーへ自社飲料シリーズを提案する仕事です。

この会社に決めた大きな理由は
「普段飲んでいる商品がその会社のものばかりだった」
「基本的に直行直帰型の営業スタイルだった」
などで、今までとは違う考え方で働ける仕事だと思ったのと、ユニークな質問をしてきた印象が強く、何だかワクワクできそうな会社だと思ったからです。

転職希望者へのアドバイス、注意点

転職活動のポイントはやっぱり面接だと思います。私はたまたまリクナビを見ていたので、「面接現場、何を聞かれる?どう答える?」ページで、実際の面接現場のシビアな状況をイメージしながら事前練習したり、「すぐに使える売りトーク術」ページを見て、面接の質を上げることができました。

あとは「応用をきかせる」ことを意識しました。応用とは「◯◯を聞かれたら◯◯と答えて、そこからアピール材料を盛り込む」ということです。
例えば「弱みは何ですか?」とい聞かれたら、私は「予算達成をすると満足してしまうことです。しかしそこが私の弱みと自覚しているので、達成してももう一歩足を踏み込んで1%でも多く伸ばすよう常々意識しています」と答えました。
「◯◯です。」で終わるのではなく「◯◯です。~」の後に続けて自分のアピールを意識することで、面接官との会話の幅が広がり、尋問みたいな面接ではなく、人対人の自然な会話ができ良い印象を与えることができたと思います。

面接では「人間性をどれだけアピールできるか」にかかっていると思います。ただ機械のように質問、返答だけでは印象に残りません。自分の気持ちを正直に出して面接に臨めば、内定をいただける可能性は大幅にアップするのではないでしょうか。アピールに対して苦手意識を持つ方は是非参考にして欲しいと思います。

●その他の「転職体験談(成功・失敗)」もご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [転職体験談] イベント会社のディレクターに転職したJさん(女性)の話
  2. [転職体験談] 生保から航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性 - その成功の秘訣は?
  3. 転職体験談
  4. 求人広告代理店から損保コンサルティングに転職した東京都のN.Yさん(女性)
  5. 転職は決して後ろめたいことではありません-大阪府のH.Kさん(男性)
  6. [転職体験談] 生保から生保

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール