「採用担当者は【職務経歴書】のどこを見ている?」元採用担当者が教えます!

「採用担当者は職務経歴書のどこを見ている?」元採用担当者が教えます!

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。

今回のテーマは前回の「履歴書」に続いて、「採用担当者は職務経歴書のどこを見ている?」です。転職では、履歴書と同時に提出するのがセオリーとも言える職務経歴書。履歴書だけではわからない経験やスキルをアピールしてくれる、応募者・採用担当者双方の強い味方です。ここでは、採用担当者が職務経歴書のどんなところをチェックしているか考えてみます。それではどうぞ!

体裁は大事です

履歴書と職務経歴書の規格が合っていない…これは意外に残念なもの。ほとんどの企業は不採用時に書類を返却するため、採用担当者は書類が汚れないようコピーを用意するか、ファイルすることが多いのですが、その際に規格が揃っていないと、手間が倍に増えるもの。それで心象が悪くなることはなくても、企画が揃っていると見た目も綺麗で手間もかからないため、考えているな…と思うこともあるのです。
ちなみに、お薦めするのはA4で1~2枚程度をパソコン作成したもの。A4書類の入る封筒に、簡単な挨拶状を添えてクリアファイルに入れて同封すると好印象です。もちろん日付も忘れずに。

細かいことではなく、具体的なこと

採用担当者は、(企業規模によりますが)年間を通して何百・何千という山のような書類に目を通して経験値を上げていきます。この途方もない作業の中から面接へとつながる応募者を選ぶのですから、職務経歴書は読みやすさ、つまり採用担当者の視点を考えることが重要です。
非常に多いのが、ただ細かくギッシリと情報を記載して、肝心なことを記載されていない方。採用担当者は、全てを細かく知りたい訳ではなく、面接に呼ぶ判断材料を探しています。気をつけたいのは以下のような点です。

【企業紹介】就業していた企業の事業内容や従業員数などの規模、主な顧客層など
【業務についての数値】任されていた業務の立ち位置や、プロジェクトチームの人数・資金等の規模
【実績数値】昇進等に繋がった実績の具体的な数値
【業務から身に付けたもの】上記に加え、これまでの業務によって身に付けたスキルや仕事に対する考え方など。

営業10名の会社と営業1000名の会社では、営業成績が10位だった場合の能力判断は全く違うものになりますし、総勢5名のプロジェクトリーダーと50名のプロジェクトリーダーでは仕事のやり方に大きな違いがあるはずです。担当していた顧客層が、今後の事業展開のターゲット層であれば、まず注目しますよね。
採用担当者が知りたいのは、このような情報です。細かいことが知りたいのではなく、具体的なことが知りたいのだと意識して作成すると良いかも知れません。

また、履歴書とのリンクも意識すると良いでしょう。履歴書にある経歴を具体的に知りたいと思った時に、その情報が職務経歴書にあれば印象に強く残ります。
履歴書とのリンクを心がけていれば、時系列の記載方法でなくても構いません。業界・職種によって欲しい情報は違いますので、しっかりとした研究の上で作成することをおすすめします。

退職理由は書いた方が良い?

採用担当者が退職理由を知りたいのは、主に自社で長く勤務をすることができるか判断するためです。
意見が分かれるところですが、ここはあえて退職理由という項目を作らない方法をおすすめします。『ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?』でも紹介しましたが、『退職理由』と『転職への理想』は表裏一体。
退職理由は軽めに盛り込んで、自分のどんな希望を叶えるための転職なのかに重点をおいた『入社希望理由』項目を作成されてはいかがでしょうか。

職務経歴書は、新卒採用にはない、経験を積んできたからこそ提出できる貴方の武器です。しっかり企業研究をして、応募先企業に最適な職務経歴書を作成しましょう。「採用担当者は履歴書のどこをチェックしている?」も必見です。

●転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 元採用担当者が教えます!この質問にはこんな意図があるかも知れません「●●の経験は?」
  2. 「入社したけど合わなかった!すぐに退職していい?」元採用担当者が教えます!
  3. 元採用担当者が教えます!「ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?」
  4. 元採用担当者が教えます!「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイント
  5. 元採用担当者が教えます!「企業が求めている人材とは?」- 20~50代の年代別に紹介
  6. 元採用担当者が教えます!退職するならここに注意!「退職のマナー」

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール