「採用担当者は【履歴書】のどこをチェックしている?」 元採用担当者が教えます!

「採用担当者は履歴書のどこをチェックしている?」 元採用担当者が教えます!

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。

今回のテーマは「採用担当者は履歴書のどこをチェックしている?」です。人の魅力は書類だけではわかりませんが、多くの企業は書類選考の上で面接を実施します。
会ってみたいと思わせる履歴書を作成できるように、採用担当者が履歴書のどこをチェックしているのか、考えてみませんか?それではどうぞ!

なぜ書類選考をするの?

企業によって理由は違いますが、面接業務には時間を要します。時間=人件費ですから、採用担当者としては、書類選考の時点で可能性を感じる応募者のみに会いたいのは当然です。特に中途採用の場合は即戦力を求めるため、履歴書や職務経歴書から魅力を感じとれない、もしくは問題があると感じとった場合は、書類選考の通過は難しいと考えましょう。

体裁は大事です

誤字脱字については、履歴書ではなくても指摘されるもの。特に履歴書は二重線や修正ペンなどの使用は認められません。手書きの場合は文字の美しさ(楷書)も重要です。PCの時代であっても、字が上手でなくても、丁寧に作成されたものか否か、読みやすいかは重要です。急いで書いたような雑な文字は、担当者に「うちは練習のつもりかな?」と判断されてしまいます。
写真も同様で、身だしなみを整え、面接時に近い印象となるようにしたいものです。裏に氏名を入れることも忘れずに。時折、同一人物なのか疑問に感じるほど、ふくよかになって登場する応募者もいますが、写真は直近のものを使用することが基本です。

職歴欄

即戦力になるか否かのヒントが凝縮されているのが職歴。もし履歴書上に、自社と同じか、それに近い名称の事業所や部署があれば、どんな業務を遂行していたか質問したくなりますよね。事前に企業研究をしておけば、その企業の応募に最適な形の履歴書が作成できます。よく、企業ごとに履歴書の形式を変えるべきというアドバイスを見聞きすると思いますが、このような理由のためです。
また、この欄に『空白の期間』があると、ほぼ100%注目されます。そのため、「この期間は何かされていたのですか?」という質問には、確実に回答が必要です。勉強や介護などの理由があれば、その旨を記載して問題ありません。もし、現在の貴方が空白の期間を更新している状態でしたら、今すぐ動き始めましょう。行動内容は希望している業界の研究や資格取得など、今の貴方に一番必要な行動を考えて進めます。企業が欲しいのは応募者にどんな経験やスキルがあるかという情報であり、空白期間を重視している訳ではありませんが、『職探し以外、何もしていない』よりは『有効活用していた』方が心象も良く、自分自身のためにもなりますよね。

資格・免許

多くの資格・免許を持つ場合は、厳選して記載することをおすすめします。企業にとって魅力的な資格があれば書類選考通過の可能性も高くなるため、多くを羅列して魅力が埋もれるのは少しもったいないですよね。
また、資格が少ない場合は、取得間近の資格等があれば記載も可能ですし、資格と同等の経験がある場合も記載をすると良いでしょう。

意外な盲点?

ありがちなのが日付の記載漏れ。これについては、どこに送ってもいいように書き溜めた印象があります。どんなに丁寧に作成されていても、日付が入っていないだけで選考通過率が下がることを肝に銘じておきましょう。

人事職に就いていると、知り合いから転職の相談を受ける機会があるものですが、そんな時、筆者はまず履歴書作成をお薦めしています。何故なら、今の自分に魅力があるか否か、最も簡単にわかるものだからです。転職を考えている皆さん、退職願いを作成する前に、まずは履歴書を作成してみてはいかがでしょうか。今の自分に最適な選択ができるかも知れませんよ。

「企業が求めている人材とは?20~50代の年代別に紹介」 と「採用担当者は職務経歴書のどこをチェックしている?」も一緒にどうぞ。

●転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「昔の会社に戻りたい!出戻りってできるの??」元採用担当者が教えます!
  2. 元採用担当者が教えます!「求人募集が出される流れ」を知っておこう
  3. 元採用担当者が教えます!「人事が出会った困った人々」
  4. 元採用担当者が教えます!この質問にはこんな意図があるかも知れません「●●の経験は?」
  5. 「入社したけど合わなかった!すぐに退職していい?」元採用担当者が教えます!
  6. 元採用担当者が教えます!「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイント

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール