「入社前に準備しておくこと」~入社日や書類準備など~元採用担当者が教えます!

元採用担当者が教えます!「入社前に準備しておくこと」~入社日や書類準備など~

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。

今回のテーマは「入社前に準備しておくこと」~入社日や書類準備など~です。努力が実り、ついに転職決定!さて、貴方はまず何から始めますか?ここでは入社準備について考えてみます。(退職準備についてはこちらをご覧下さい。)それではどうぞ!

入社日の相談

採用が決定すると、人事と入社日について相談する場合があります。募集の時点で入社日が決定している場合は別ですが、決定していない場合は、現在の会社との調整も念頭において決定することをおすすめします。
注意したいのは、転職先の賞与を受け取るために必要な就業期間です。「あと1日早く入社していれば賞与の対象だったのに…」ということがないように、可能であれば、就業規則を先に受け取って確認してから入社日を決定すると良いでしょう。

保険証や健康診断書などの書類準備

雇用保険被保険者証や年金手帳、健康診断書などの書類を準備することになります。これは転職先から連絡がきますので、その通りに用意すれば良いのですが、新卒の入社と違って、中途採用は時間に余裕がないかも知れません。「あとでいいか…」と後回しにせずに、書類準備はどんどん進めましょう。特に健康診断書類は時間がかかる場合がありますので要注意です。

身だしなみの準備も

新しい門出ともいえる転職先への入社。せっかくですから、社会人として身だしなみも再チェックしてみませんか?前の会社はよっぽど大変だったのかな?と思わせるような、くたびれた恰好で入社することはおすすめできません。髪型、肌荒れはもちろん、ワイシャツやスーツ、鞄、靴などは、新調まではしなくとも、クリーニングに出したり、磨いたりして手入れをすることは可能なはずです。
新鮮な気持ちを外見で表現することは、相手に対して好感度を高くする、最も手早い手段のひとつだと思って心掛けましょう。

意外と大事な体調管理

入社前には体調を万全に整えておきましょう。退職から再就職までに時間があると、ついつい遊び過ぎてしまう…こともあるかも知れませんので、できることなら、1週間前には転職先の通勤に合わせた起床を心がけておくとベストです。また、退職日から時間をおかずに入社となると、前日まで送別会で、疲れた顔で入社することになりますので、付き合いは程々に。
入社直前に、「転んで骨折したため、入社時期を相談させてほしいのですが」というのも実際にある話です。

これから働く業界の研究

同業界で仕事をする場合でも必要不可欠なのが、業界研究です。
貴方の知る業界知識は、あくまでも前就業先からの視点。今度は、新たな就業先(転職先)サイドからの視点、また、その先にいる顧客やエンドユーザーの視点に立つことが必要です。これが別業界からの転職であれば尚更必要となります。転職にあたり職種も変わる方は、新しい職種の勉強も必要ですから、時間があっても遊んでいる余裕はないかも知れませんね。
中途採用は即戦力が基本。入社してから教えてもらえるという甘い考えは許されません。自分の今までの知識・経験がどのように活かせるか、具体的に考えるためにも、必要な工程だと思って勉強してみましょう。

挨拶は転職後、落ち着いてから

転職と同時に、前職で付き合いのあった取引先に、新たな就業先を知らせる挨拶を開始する方もいらっしゃいますが、これについては入社前に急いで行う必要はありません。
主な理由は、入社後に正式な配属が決定することがあるため、また、予定とは違う部署での活躍を求められる場合もあるためです。入社直後は忙しいことですし、少し時間をおいて挨拶のお便りを送っても失礼な訳ではありません。
どうしても挨拶をしたいという場合は、退職の挨拶をして、新たな就業先については落ち着いてからお知らせする旨を盛り込むことをおすすめします。「退職準備について」はこちらをご覧下さい

●転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 元採用担当者が教えます!「企業が求めている人材とは?」- 20~50代の年代別に紹介
  2. 元採用担当者が教えます!「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイント
  3. 元採用担当者が教えます!退職するならここに注意!「退職のマナー」
  4. 「入社したけど合わなかった!すぐに退職していい?」元採用担当者が教えます!
  5. 元採用担当者が教えます!この質問にはこんな意図があるかも知れません「●●の経験は?」
  6. 「募集を出していない企業、受付(応募)は不可なの?」元採用担当者が教えます!

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール