「退職のマナーについて」退職するならここに注意!元採用担当者が教えます!

元採用担当者が教えます!退職するならここに注意!「退職のマナー」

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。
今回のテーマは「退職のマナー」です。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがある通り、人間は去り際の行動いかんによって、今まで築き上げたものがさらに大きくなる人もいれば、あっという間に信用を失う人もいます。誰だって周りから祝福されながら退職したいものです。ではどんな点に注意して退職までのアクションを起こせばいいのでしょうか。

退職するならここに注意!「退職のマナー」

転職先が決まった、あるいは転職する意思が固まった場合、最初にすべきことは何でしょう。
転職先への入社準備はもちろんですが、退職に向けての準備も合わせて考えてみませんか?ここではスムーズな退職について考えてみます。

無理のない退職スケジュールを考える

まずはスケジュールを考えましょう。必要な項目は、下記のような内容です。
・退職に必要な期間(就業規則をチェック)
・有給休暇の残日数
・決算期や、繁忙期など、会社にとって重要な時期
・引き継ぎに必要な期間
上記のことを認識して、余裕のある退職日を自分なりに設定すると、今後の流れがスムーズになるはずです。
入社日が決定している場合はスケジュールがタイトになるかも知れませんが、転職先にはできるだけ相談をさせてもらえるように話をつける気持ちも必要です。

最初のアクション

おおよその退職スケジュールをイメージしたら、直属の上司に時間をいただけるよう連絡します。これが最初のアクションです。気をつけたいのは、周囲に人がいない状況でこのアクションを起こすこと。メールでも良いでしょう。伝える内容も、今後の就業について相談したい、周囲に人がいない状態で話したいと、簡潔にします。上司もそれで、異動希望か退職か…などと検討がつきます。
実際に退職したい旨を伝えるのは、上司が時間を作ってくれてからです。引き止められるかも知れませんが、「退職するにあたり、引き継ぎにはこの程度の期間が必要であり、会社にとって重要な●●の時期を避けた上でとなると、この辺りでの退職が一番ご迷惑をおかけしないと思う」など、既に自分の中では退職準備が始まっているのだという事を柔和に伝えてみましょう。

周囲への報告

ありがちなのは、上司に退職希望を伝える前に、付き合いの席で同僚に漏らしてしまい、周囲に知れ渡ってしまうこと。転職先が決まっていると、ついつい言いたくなってしまいますが、ここはぐっと我慢です。上司にも人事にも良い印象はありません。退職というのは、ただでさえ周囲に迷惑をかけ、会社に経費をかけるものなのですから。タイミングとしては、仕事を引き継ぐ相手が決まり、引き継ぎが始まる際が望ましいですね。

仕事の引継ぎと退職の挨拶

引継ぎで挨拶に伺う取引先はともかく、あまり頻繁に連絡を取らない取引先及び業者には、電話やハガキ、メールで挨拶をして、今までお世話になったことを感謝する気持ちを伝えます。(会社でルールが決まっているのであれば、そのルールに沿う形を取ります)
今後も社会人生活を送るのですから、どんな繋がりが待っているかはわかりませんよね。今まで培ってきたコネクションを、転職とともに捨てる必要はありません。
社内への挨拶は、退職日及び最終出勤日や、それに近い日程で行います。時間帯は業務が終わってから、あるいは昼休みなどに行うのがベストです。
会社によっては、何百人といる社員に対して「今日で退職します。ありがとうございました。」などという一斉メールを送信する行為が蔓延しているようですが、良い習慣とはいえません。今まで辞めていった方々がそうしたからといって、真似する必要はありません。

片付け

いざ退職日(もしくは最終出勤日)。使用していたデスクなどがある場合は、きれいに片付けます。ゴミ箱の中も残さないのが本来の礼儀です。貴方は会社から去ってゆく人。次にこのデスクを使用する方に、部外者になる人間が迷惑をかけてはいけないのだと考えましょう。残して良いのは実績だけです。

社会人としての礼儀を守ってこそ、新しいスタートをきれるというものです。職場にあった退職マナーで、最後まできちんとした行動を心がけたいものですね。

●転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 元採用担当者が教えます!見られるだけじゃない!面接官のこんな所をチェックしよう!
  2. 「入社したけど合わなかった!すぐに退職していい?」元採用担当者が教えます!
  3. 元採用担当者が教えます!「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイント
  4. 元採用担当者が教えます!「面接官はここを見ている!」- 聞くだけで緊張してきます
  5. 元採用担当者が教えます!「求人募集が出される流れ」を知っておこう
  6. 「昔の会社に戻りたい!出戻りってできるの??」元採用担当者が教えます!

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール