元採用担当者が教えます!この質問にはこんな意図があるかも知れません!「●●の経験は?」

元採用担当者が教えます!この質問にはこんな意図があるかも知れません「●●の経験は?」

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。
今回のテーマは「面接でよく聞かれる「●●の経験は?」はどんな意図があるの?」です。
面接官は限られた短い時間で、あなたがどんな人なのか、採用に値する人なのか、自社にマッチした人なのかを一生懸命に把握しようとします。質問ひとつにも面接官ならではの考えがあるんですね。もちろん正直に思った事を答えるのも大事ですが、面接官の意図を読み取った上での回答とそうではない回答ではやっぱり印象が異なるものです。今回はそんな質問に対するアドバイスをご紹介いたします。

この質問にはこんな意図があるかも知れません「●●の経験は?」

「●●の経験は?」この質問にはこんな意図があるかも知れません。面接では、どんなにシミュレーションしていても緊張しますし、想定外の質問をされるもの。今回は、面接官の質問の目的を考えてみます。

それでは最初に、自己紹介を兼ねて職務経歴を簡単に教えていただけますか。

面接によくある出だしです。ここでは、説明能力や記載事項に誇張はないかなども見ていますが、全体像を見ていることが多いものです。挨拶で始まった第一印象が、ここで決定づけられる可能性は十分にあります。
また、面接官自身が履歴書、職務経歴書を読み返す時間をとっている場合もあります。面接官が書類を見て耳だけで話を聞いている場合は、印象に残るような実績等を『書類には記載していない隠し玉』としてとっておき、披露すると良いかも知れません。
「履歴書には書いておりませんが、●●のようなクライアントとの実績もあり、業界が課題とする●●についても貴社でスタートを切ることができると思っております。」などはいかがでしょうか。
心がけたいのは、簡潔かつわかりやすくすること。緊張もあって、一生懸命なあまり長々と説明してしまいがちですが、『もっと話を聞きたい。深い話をしてみたい』と思わせることが一番大事なのだと肝に銘じましょう。

失敗の経験はありますか?

想像がつくかも知れませんが、単に失敗談を話せば言い訳ではありません。
面接官は、この質問を通して、いかに切り抜け改善したか、そこから何を習得したか、それが自社でも活用できるかを知りたいのです。失敗により内容は変わりますが、その時協力者や頼れる上司がいたのであれば、周囲の協力を得て巻き返すことができたなどの内容を盛り込めると良いでしょう。貴方が周囲に協力してもらえる人間であることを自然にアピールできます。

リーダー経験・マネジメント経験はありますか?

年齢が30代以上で、履歴書にマネジメント経験が記載されていない場合には質問されることがあります。
ここで『ありません』で答えが終わってしまってはいけません。
『マネジメント経験はありませんが、先輩として育てた新入社員が、今では次の新入社員を育てられる人材となりました。今後はもっと広い意味でのリーダーシップを発揮して、一人分の業績ではなく、グループやプロジェクトチームとしての業績を作り上げたいと思っております。』など、貴方が今後マネジメントを任せられるリーダーシップのある人間であることを、経験を踏まえてアピールする必要があります。

『●●』の思い出やエピソードがあれば教えてください。

一見、採否に関係なさそうですが、この質問をするのが人事担当者なら、面接の匠かも知れません。『思い出』や『エピソード』といったフレーズは、相手の緊張をほぐし、どんな判断基準の持ち主であり、かつ家族構成や友人関係が見えやすいものなのです。
例えば医療機器メーカーの面接で、なにげなく『病院で参ったなと思ったこととかあります?私はこんな目にあったことがありますよ。隣で診察待ちをしていた人がね…●●●でね…。あれは参ったなぁ…。』などと気さくに話を振られたら、思わす予定にはなかった話が口から出てきてしまうもの。自分の家族が医療関係者であれば尚更です。
本来、採否の面接のために、家族構成や職業などを質問することは禁止事項。何故なら採用は応募者の適正・能力のみを基準とすることが義務づけられているためです。
それでも、何らかのコネクションを持っていたら、希望部署でなくても適切な配属で入社させたいという思いがあるのは想像がつきますよね。こんな質問がきたら、逆手に取って自分を売り込めるようにしたいものです。

どんな質問であっても貴方らしさや良い個性を出せるように、『自分を売る前に自分を知る』ことに力を入れてみることをおすすめします。

●転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「採用担当者は履歴書のどこをチェックしている?」 元採用担当者が教えます!
  2. 元採用担当者が教えます!見られるだけじゃない!面接官のこんな所をチェックしよう!
  3. 元採用担当者が教えます!「面接官はここを見ている!」- 聞くだけで緊張してきます
  4. 元採用担当者が教えます!「企業が求めている人材とは?」- 20~50代の年代別に紹介
  5. 元採用担当者が教えます!「ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?」
  6. 元採用担当者が教えます!「入社前に準備しておくこと」~入社日や書類準備など~

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール