転職活動の方法- みんなどうやって仕事を探しているのか(転職者実態調査)

転職活動の方法- みんなはどうやって仕事を探しているのか(転職者実態調査)

転職者は就職をするためにどうやって仕事を探しているのでしょうか。
トントン拍子に転職をしてしまう人もいれば、良い会社が見つからずに失業手当を受けながら懸命に探している人もいます。
昔と違っていまは、ハローワーク以外にもリクナビNEXTやDODAなどの転職サイト、転職エージェント、新聞折込の求人情報などいろいろな情報が手に入りますので、特にどのような方法で活動した結果、転職に成功したのかが気になるところです。
ここでは厚労省がまとめた「平成27年転職者実態調査」をもとに、転職者が現在の勤め先に就職するためにどのような方法で転職活動を行ったか(複数回答)を解説いたします。

転職活動の方法、もっとも多いのはハローワーク

転職活動の方法

調査結果によると、「公共職業安定所(ハローワーク)等の公的機関」が 41.4%と最も高く、次いで「縁故(知人、友人等)」が 27.7%、「求人情報専門誌・新聞・チラシ等」が 24.2%となっています。
やはり国の機関ならではの安心感と老若男女問わず多数の求人情報が集まるハローワークが1位になりました。全国各市町村に設置されていることや、失業手当などの申請業務をおこなっていることから、一度は足を運ぶ人が多いことも影響しているでしょう。

次いで多かったのは意外にも「縁故(知人、友人等)」の27.7%でした。この調査は複数回答OKではありますが、ほぼ3人に1人が縁故を活用したことがわかりました。コネクションで入社まで辿り着くには、なかなか大変なことですが、有効な手段であることがわかります。

3番目4番目は民間の求人情報や職業紹介機関

転職活動の方法3番目は特に20代~30代に圧倒的な支持を得ている「求人情報専門誌・新聞・チラシ等」、4位は「民間の職業紹介機関」でした。
以前「転職活動はハローワークだけでおこなうのは危険!転職サイトやエージェントも活用しよう 」でも解説いたしましたが、民間企業のメリットは、無料で求人募集ができるハローワークと違って、比較的採用に熱心な企業が集まっていることも大きいでしょう。あとはビジネスでやっているため、サービスやスタッフの質が高い、WEBサイトが使いやすいなどの理由もあると思われます。ちなみに今回は紹介していませんが、最終学歴別にみると、「民間の職業紹介機関」及び「企業のホームページ」は、おおむね、学歴が高くなるほど利用した転職者割合が高くなっていることがわかっています。

転職活動の方法(複数回答)

単位% ※出典:厚労省 平成27年転職者実態調査

ハローワーク等の公的機関 38.4 45.6
民間の職業紹介機関 18.9 18.7
求人情報専門誌・新聞・チラシ等 21.1 28.6
企業のホームページ 13.7 13.4
企業訪問 2.2 1.9
出向・前の会社の斡旋 7.9 3.7
縁故(知人、友人等) 29.7 24.9
その他 11.1 11
不明 1.4 1.4

ダイナミックなのは「企業訪問」

転職活動の方法調査結果でダイナミックだと感じたのが「企業訪問」です。割合は多くありませんが、これは転職したい企業に直接訪問して、募集の有無を確認するということなのでしょうか?
とてもアクティブな方法ですね。企業側も「直接来ないで欲しい」と思う企業もあるでしょうが、それほど弊社に興味を持っていただけるのなら・・ということで、悪い気はしないかもしれません。「募集を出していない企業、受付(応募)は不可なの?」でも解説いたしましたが、きちんとしたマナーとステップを踏めば、案外有効な方法かもしれません。

最後に

数十年前の転職と言えばほぼハローワーク(職業安定所)だけでしたが、リクルートが中途採用のマーケットを切り開いてからというもの、いまでは数多くの企業が進出しています。特に近年はインターネットやスマートフォンの普及で、自宅にいながらいろいろな仕事を探すことができる時代です。民間企業の求人情報にはハローワークには出ていない求人情報も多数あります。パソコンが苦手でアナログな人もさまざまな方法で就職活動をしてみることをおすすめいたします。この調査は転職に関する有益な情報が手に入ります。前回の「転職をして給料が増えた人、減った人、変わらなかった人」もぜひご覧下さい。参考になると思います。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 有効求人倍率から見る「もっとも採用されやすい職業、採用されにくい職業」
  2. マイナビ、看護師のための初転職イベント・合同病院説明会を9/17名古屋、9/24横浜で開催
  3. 面接に必ず役立つ!自分の強みがわかる「性格特性診断(無料)」を受けておきましょう
  4. マイナビ転職EXPO 東京
  5. とうきょう JOBフェスタ
  6. [世論調査]どのような仕事が理想的だと思うか?1位は「収入が安定している仕事」

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール