「昔の会社に戻りたい!出戻りってできるの??」元採用担当者が教えます!

「昔の会社に戻りたい!出戻りってできるの??」元採用担当者が教えます!

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。

今回のテーマは「昔の会社に戻りたい!出戻りってできるの??」です。『以前の会社に戻りたい。』『実際に出戻り就職をした。』そんな話をきいたことはありませんか?
実際のところ、出戻りはできるものなのでしょうか。歓迎するか否かは別として、多くの企業が再雇用の経験があります。その理由は何なのでしょう。それではどうぞ!

出戻りのメリット

114899-1まずは出戻りと言われる再就職のメリットを考えてみます。
企業側としては、既に自社での就業経験があるため、即戦力を期待できるというメリットがあります。また、自社の良さを再認識して戻ってくるため、モチベーションが高く、他社の経験により今まで自社になかった知識や経験を活かした動き方も期待できる訳です。
再就職した社員にとっても、既に知った顔がいて馴染みやすい、勝手がわかっている。他社を経験したことで視野が広がり、改善を提案できたり、顧客を広げ、新しい仕事を作ることができるなどのメリットが考えられます。

出戻りのデメリット

一方、デメリットは何でしょう。
企業側として悩みやすいのは処遇の問題です。特に退職時に役職が付いていた場合などは、再就職後の役職について既存社員から意見が出ることが多いため、急いで再雇用制度を整える企業もあります。また、一度は退職した社員のため、また退職するのでは…という不安要素もあるのです。
再雇用された社員も同様です。周囲の受け入れに違和感がある、離れていた期間の企業の成長や変化についていけない、期待していた処遇にはしてもらえないなどの不安要素があります。
また、デメリットとは異なりますが、通常の転職活動と違い、戻りたい古巣1社に的を絞った行動ですから、狭き門と言えるでしょう。

出戻りができる人材とは

上記を踏まえると、出戻り就職については、当時の実績や退職時の理由、本人の人間性が決め手となることがわかります。
企業が中途採用で欲しいのは即戦力です。それが再雇用となれば尚のこと。就業当時の実績が芳しくない、就業姿勢に問題があったなどであれば、再就職は難しいでしょう。また、どんなに優秀であったとしても、退職時に印象の悪い引き際であれば相手にはされません。
再就職後も、それなりの姿勢が大切です。以前の役職や先輩・後輩関係に縛られているようでは、周囲からも受け入れられず、自分も苦しい思いをするだけ。かつての部下が上司になっても、それに馴染む心構えが必要です。
つまり、古巣だからといって甘えは禁物。退職時よりスキルアップした貴方でなければ、出戻りの意味はないということです。

出戻りでも履歴書は必要

再就職には自分からアクションを起こす場合と、企業側から声をかけてくる場合がありますが、どちらにしても、履歴書と職務経歴書が必要です。特に職務経歴書には、他社を経験したことで得たスキルや、それをどう活かして貢献できるかを記載することを忘れずに。再雇用するメリットを感じさせる書類の作成は、通常のそれより難しいかも知れません。過去の経験や退職当時の知識だけで作成するのではなく、新たに企業研究をしてから臨むことをおすすめします。

進むジョブリターン制度

最近、『ジョブリターン制度』という言葉を耳にすることが増えてきました。これはいわゆる再雇用制度のこと。育児や介護、家族の転勤先に支社・支店がないために退職の道を選んだ方などを主な対象とした制度ですが、この制度を企業が整えることで、今回のテーマである出戻り就職の道も、転職の選択肢として考える方が増えてきているようです。
それでも、出戻り就職が狭き門であることに変わりはありません。通常の転職活動以上に気を遣うつもりで行動を開始しましょう。古巣が歓迎してくれるかどうかは、やはり貴方次第です。

●中途転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 元採用担当者が教えます!「面接官はここを見ている!」- 聞くだけで緊張してきます
  2. 元採用担当者が教えます!「入社前に準備しておくこと」~入社日や書類準備など~
  3. 元採用担当者が教えます!「ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?」
  4. 「募集を出していない企業、受付(応募)は不可なの?」元採用担当者が教えます!
  5. 元採用担当者が教えます!見られるだけじゃない!面接官のこんな所をチェックしよう!
  6. 元採用担当者が教えます!この質問にはこんな意図があるかも知れません「●●の経験は?」

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール