キャビンアテンダント転職物語〈第1話〉 航空会社から合格通知が届いた!そして引っ越し

[キャビンアテンダント転職物語] 第1話 – 航空会社から合格通知!そして引っ越し

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。第1話は「航空会社から合格通知が届いた!そして引っ越し」です。それではどうぞ!

航空業界へ転職!憧れの客室乗務員への道がスタート!

「航空会社に転職したい!」そう思い立って客室乗務員職の中途採用に応募。無事に3回の面接、身体検査、体力測定を突破し合格した私。今までは全く別の金融業界にいたため、右も左も分からない状態からスタートすることになりました。他ではなかなか目にすることのできないキャビンアテンダントの仕事を詳しくお伝えしようと思っています。(注:転職活動の様子はこちら)

まずネットで合格通知をもらい、後日、人事から電話がかかってきて、入社の意思確認と住居についての確認がありました。
いきなりですが、最初の関門はここでした。それまでは実家暮らしでしたが、羽田空港から半径45km以内に住むことが条件となっていたため、一人暮らしの準備をするようその電話で言われました。確かに、募集要項には羽田空港から何キロ以内に住むことが条件と書かれていたような気がしますが、でも私の実家だったら大丈夫だと思い込んでいて、何も考えていなかったのですが、調べてみたところなんと3km だけオーバーしていたのです!たったの3km のために引っ越しを余儀なくされた私。あの時の衝撃は忘れられません。いきなり娘がいなくなってしまう両親もびっくりです。

そこからは物件探しが始まったのでした。まだ前職で働いていたため、全てが働きながらの準備となりました。敷金、礼金、引っ越し資金、全てにお金が必要で、そんなことを予想していなかった私は両親にお金を借りる羽目に…。
募集要項をもっと熟読していれば、お金貯めていたのに…なんて後悔しても後の祭り。そして仕事の後に都内まで出て、物件探しの日々が始まりました。それにしても都内の家賃は高い!これからCAという職業柄、重い荷物を持って通勤することが考えられるため、駅から近い物件を探すとさらに家賃が上がり、途方に暮れてしまいました。
また、最初の3年は契約社員。時給制ですので、月に何時間フライトするかによって月のお給料が決まります。毎月いくらのお給料がもらえるのか全く分からず、仕方なくバストイレが一緒のユニットバス式の安い物件に決めることになったのでした。(その後、1年で耐え切れず、すぐに引っ越しをすることになりました。)

同期と初対面!入社説明会へ!

入社式の前に一度、入社説明会があり羽田空港まで行きました。その時、初めて自分の同期に会うことになりました。やはりみなさん綺麗でスタイルが良いと思ったのが第一印象。なんだか華やかで、前職の入社説明会とは雰囲気が全く違いました。(女性だけだからというのもあるかも…)
既卒採用でしたので、全員前職があり職種も様々。私と同じ金融・保険系、旅行業界、デパート、ホテル業界、航空業界だけど地上職員だった人、他社のCAなどなど、当たり前ですが年齢もみんなバラバラです。当時は22歳から27歳くらいの人がほとんどでした。今は年齢制限がかなり緩和され、30代で入社される方もいるそうです。前職がバラバラでもみんなこの業界に憧れていた人ばかり。すぐに皆意気投合しました。またほとんどの同期が新卒で一度試験を受けており、何度もリベンジしてやっと受かったという人が多く、私のように一度しか受験していない人は他に一人しかいませんでした。
入社説明会では、保険や年金などの手続きについて一通りの説明を受けた後、やはりまた住居の話になりました。会社も不動産屋さんを用意しており、その日も何社かの不動産会社が来て、オススメの物件を紹介してくれました。同期ともどこに住むかの話で持ち切りです。
この業界では、ほとんどの新人は羽田空港にアクセスのよい京急線沿線に住む傾向にあります。ですが、都内へのアクセスなどを考え、3年後くらいにはもっと都心に引っ越すといスタイルをだいたいのCAが取ります。最初からT-CAT(東京シティエアターミナル)という水天宮にある羽田と成田へのバスが頻繁に出ているターミナルがあるのですが、そちらの近辺に住む人も多いです。また、蒲田駅も人気です。蒲田は京急線が通っているうえに、JRもあるため、かなりアクセスが良いので人気でした。また、空港近辺はCAだけでなく地上係員などの職種の方も多く住みますので、4月前は良い物件は取り合いとなります。なるべく早く決めるように会社にも急かされました。

そんなこんなで新居も決まり、引っ越しも完了!

次回の第2話は「憧れの制服採寸と入社式へ!」です。

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日あります・・・
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第8話〉 涙の訓練所卒業!そして、ついに制服授与!
  3. [キャビンアテンダント転職物語] 第2話 - 憧れの制服採寸!とついに迎えた入社式
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第11話〉 憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!
  5. キャビンアテンダント転職物語〈第3話〉 とっても厳しい訓練がスタート!
  6. キャビンアテンダント転職物語〈第9話〉 ついに始まったOJT(実務トレーニング)-最初は小松空港へ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール