キャビンアテンダント転職物語〈第3話〉 とっても厳しい訓練がスタート!

キャビンアテンダント転職物語〈第3話〉 とっても厳しい訓練がスタート!

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。第3話は「とっても厳しい訓練がスタート!」です。それではどうぞ!

いよいよ憧れの訓練スタート!

前回の第2話でのとおり無事に航空会社の入社式も終えて、あの厳しいと言われる訓練に突入していきます。初日から前職の保険業との違いにびっくりさせられっぱなしの毎日がはじまりました。
まず、最初に言われたこと。それは、座っているときは必ず足を閉じて座ることです。皆の足がちゃんと閉じているか(股が開いていないか)チェックするため、敢えて机の下の足が見える机が用意されています。これは訓練が終わるまでずっとです。もちろん姿勢が悪くなってくると注意されます。これは基礎中の基礎。
さらに、驚いたのは、ペットボトルのガブ飲み禁止ということ。ペットボトルは直接口を付けて飲むものだと思っていましたが、お客様から見て不快な行動は慎むという意味で、ペットボトル飲料を飲むときはストローを指して飲む、あるいは紙コップなどに移して飲まなくてはなりません。とりあえず、帰り道にストローと紙コップを大量買いしました。
今までとてもガサツで、上品と全く真逆だった私。普段の生活態度は、気を許すとすぐに出てしまいます。なかなか立ち居振る舞いを直すことが出来ず、怒られっぱなしでした。気を許すとうっかりペットボトルをガブ飲みしたり、立ったまま飲んだりして、すごく怒られました。普段からの生活態度はとっても大切なのですね…。

身だしなみは高校時代よりもはるかに厳しいです

また、身だしなみについてとても厳しいです。毎日朝は身だしなみチェックから始まります。
こんなに注意されたのは高校生以来。いや、高校時代よりもはるかに厳しいです。前髪の長さはまゆげの上は絶対、アップスタイルにした時には一本も後れ毛を出すことは許されません。ですので、ハードスプレーは必ず持ち歩かないとなりません。爪の長さも指先から2ミリ、必ず何らかのマニキュアを塗っていること。(色も決められています)メイクも薄すぎても、濃すぎても怒られます。身だしなみチェックは今思い出してもとても恐ろしいです…。
また、訓練の前半は制服を着ることを許されません。制服は中間テストを合格しないと着る資格をえられないのです。ですので、最初は皆黒スーツで訓練を受けていました。まずは制服を着ることが目標なのです。

言葉遣いもとっても厳しいです

身だしなみや所作についてもかなり厳しいですが、やはり言葉遣いはとりわけ厳しいです。お客様と常に接する職業なので、間違った日本語や敬語を使うと、その航空会社の品格を問われます。それだけでクレームが来るくらい、シビアなのです。
例えば、「とんでもないです。」は敬語としてよく使うのではないでしょうか。前職でも普通に使っていましたし、注意もされなかったので正しい敬語として使っていました。ですが、厳密にいうと、「とんでもないことでございます。」という言い方をしなさいと教えられました。なんだか、くどくて、最初はくすぐったい感じがしましたが、今では全く違和感なく使えるようになりました。「そうですね。」は「さようでございますね。」など、正しいと思っていた敬語を修正していくことになりました。もちろん当たり前ですが、「でかい」なんて絶対に言ってはいけません。「大きい」と言わないと怒られ、かなり細かいところまで見られています。私は、「でかい」「ちっさい」「超○○」「すごい」など、普段は綺麗とは言えない言葉遣いばかりしていたので、これもかなり苦労しました。
同期も背景がバラバラなので、別の業界から来た同期は皆カルチャーショックと、敬語を正すことにとても苦労していました。しかし、この訓練を乗り越え美しい所作と言葉遣いを取得すると、いつかお嫁に行ったとき絶対に困らないと言われています。

今はこの丁寧すぎる敬語や所作に慣れてしまったので、外出して自分が接客を受ける際、日本語の使い方や表情、指の動きなどの所作、全てをチェックしてしまいます。これはCA全員に共通する職業病です。怖いですね…。

いきなり衝撃を受けた訓練初日。ですが、これはほんの序の口。さらなる試練と、睡眠不足の日々がやってきます。

次回の第4話は「ついに始まった本格的な訓練」です。お楽しみに!

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第9話〉 ついに始まったOJT(実務トレーニング)-最初は小松空港へ
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第11話〉 憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!
  3. [キャビンアテンダント転職物語] 第1話 – 航空会社から合格通知!そして引っ越し
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第10話〉 ついに独り立ち!新人専門部署へ配属
  5. キャビンアテンダント転職物語〈第5話〉 まだまだ続く!怒涛の実践的なサービス訓練編
  6. キャビンアテンダント転職物語〈第6話〉 安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール