キャビンアテンダント転職物語〈第5話〉 まだまだ続く!怒涛の実践的サービス訓練編

キャビンアテンダント転職物語〈第5話〉 まだまだ続く!怒涛の実践的なサービス訓練編

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。
第5話は「 まだまだ続く!怒涛の実践的サービス訓練編」です。それではどうぞ!

まだまだ続く!サービス訓練。

前回の第4話では、モックアップという実際に飛行機の中を再現した訓練所でのサービス内容を説明しましたが、まだまだこのサービス訓練はつづきます。どんどん訓練も実践に近づいていきます。

はじめてのカート操作!

飛行機に乗っているときによく目にする、お食事やドリンクを配るときに使ってるもの、これをカートと言います。カートは中に大量のお食事やドリンクが入っているのでとても重いです。さらに上にワインやジュースなど重たいものをのせるので、バランスを崩してカートを転倒させたり、飛行機が突然揺れることで転倒してしまったりした場合、重大な安全に関する報告事項として報告が必須となり、大きな問題となってしまいます。
ですので、カートを動かす際は慎重に操作しなければならず、何度も練習させられます。また、カートを止める際は倒れない向きがありますので、その向きを常に頭に入れておかなければなりません。お客様の命に関わることなので、安全に関することはとりわけ厳しいです。
また、お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、実はあのカート、足元にストッパーが付いています。お客様の前で止まるときは、ストッパーをかけないとカートが動いてしまい危険なので、必ずストッパーをかけて移動するときはストッパーを外し、また止まるときはストッパーを足で踏んでブレーキをかけるという仕組みです。
単純な作業に見えるかもしれませんが、何も考えずに足でストッパーを操作すると、「バチン!」と大きな音がします。寝ているお客様もいらっしゃるので極力静かな機内を保つために、音をさせないように細心の注意を払わなくてはなりません。しかし初めて動かすカート。ストッパーの外し方もままならない私たち。もちろん「バチン!」と音を立ててしまうものなら、教官が飛んできて「うるさい!もっと練習しなさい!」と、また怒られます。
全く気を許すことのできないこの訓練。覚えることもたくさんありますし3週間を過ぎたあたりから精神的にも参ってきます。

求められるのは、丁寧さとスピード感

私たちは、最初の1~2年間は国内線のみを乗務します。国内線は飲み物サービスだけですが、羽田―伊丹線や羽田―小松線などは、飛行距離が大変短いので、実際に飛んでいる時間が50分を切るときもあります。そのうち、ベルトサインがついている上昇中や下降中は安全のためCAも席を離れることが出来ません。実際に私たちが動けるのは35分から40分程度。その時間でスープやコーヒーなどのドリンクを作り、全てのお客様にお飲み物を配り、使用済みの紙カップを回収するところまで終了しなければなりません。多い時でお客様は400人以上いらっしゃいます。満席の時は本当に大変なのです。
難しいのは、とっても忙しくて、急いでいるのに常に笑顔で、バタバタしている感じをお客様に悟られないよう、スピーディーで優雅なサービスが求められるということです。新人の私たちにはとっても難しい試練。教官からは「女優になりきればできるのよ!」という格言も飛び出すほどでした。今までは、お客様と接する仕事ではなかったため、PCの前でしかめっ面していても、眠そうな顔をしていても、怒られることはありませんでしたが、本当に気の抜けない仕事です。女優にならなければならないのですから…。
このスピード感は、ドリンクを作るときにも求められます。まず、温かい飲み物。スープやコーヒーなどは上空で作っています。粉をお湯に溶かし、やけどをしない80℃以下のちょうどいい温度にして味見をすることまでが求められるのですが、これを3分以内に終わらせなければなりません。
実際に訓練で作っているときは、教官がストップウォッチで測ります。「一分経過!」「二分経過!」「三分経過!」「遅い!」こんな感じです。あぁ怖い。

そんなこんなで少しずつサービスの基礎が積み込まれてきた私たち。次回第6話は「安全の訓練。毎日が叫びまくりの救難訓練」に入ります。

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第9話〉 ついに始まったOJT(実務トレーニング)-最初は小松空港へ
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第3話〉 とっても厳しい訓練がスタート!
  3. [キャビンアテンダント転職物語] 第2話 - 憧れの制服採寸!とついに迎えた入社式
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日あります・・・
  5. キャビンアテンダント転職物語〈第11話〉 憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!
  6. キャビンアテンダント転職物語〈第12話・最終回〉 国際線デビュー、そして最後に

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール