キャビンアテンダント転職物語〈第10話〉 ついに独り立ち!新人専門部署へ配属

キャビンアテンダント転職物語〈第10話〉 ついに独り立ち!新人専門部署へ配属

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。

前回の第9話ではついにOJT(実務トレーニング)がスタート、最初のフライト小松空港での様子が描かれました。
今回の第10話ではついに独り立ち!新人専門部署へ配属されます。それではどうぞ!

ついに独り立ち!新人専門の部署へ配属。

ついに厳しい訓練とOJTを終了した私。自分の部署へ配属となります。
新人は最初、国内線のみ乗務する部署(新人専門の部署)に配属されます。基本的には新人を育成する部署なので、とても厳しい部署として有名です。ここを卒業できるときは、国際線の乗務が出来る時。こちらの部署にはだいたい1年から2年ほど所属することになります。ここにいる間はまだまだ修行は続きます。(どこの会社でも最初はずっと大変なのですね。)
フライトはグループが決まっていて、ほとんどはそのグループで飛ぶことになります。一番トップのチーフを筆頭に、3~4名ほど私たちを指導する先輩達がいて、その下に新人が4~6人ほど入った人数でグループは編成されます。このグループは1年間続き、1年後にはグループ替えとなります。このメンバーはとっても重要です!いいメンバーなら良いのですが、逆の場合1年間、人間関係に悩むことになるからです。これは、国際線に移行してからも同じ。わたしたちにとってグループ編成はとても大切な要素です。
この部署に所属している間は4日勤務して、2日休みというスタイルは崩れません。なので、半年先もいつが休みなのか把握することが出来ます。(国際線に移行すると完全にシフト制なので、先の予定がわかりません。)

強烈な大先輩が出現!

さて、私の配属されたグループにはとんでもない大先輩がいました。(たぶん私より20歳以上歳の離れた先輩。)彼女はそのグループの最年長でしたので、年下だったチーフも彼女には逆らうことが出来なかったようで、彼女の強烈キャラに1年間悩まされることに。
特にグループ内の新人の中でも私のことが一番気に食わなかったようで、相当大変な目に合いました。
まず、航行中。アイドルタイムで少し手が空いた瞬間、いきなりドア付近まで連れていかれ、『あの山なんだかわかる?』と、突然質問されます。新人だった私はもちろん答えられるわけもなく、しどろもどろになっていたところ、『あれは八甲田山よ!そんなことも分からないの?今日の飛行ルートを答えなさい!』と突然怒鳴る大先輩。飛行ルートとは、目的地までどこの海や川、山の上を飛行するかです。仕事の内容を覚えることに必死だった私は飛行ルートまで気が回らず、もちろん答えられませんでした。すると、その日から毎日彼女からの山の名前や川の名前の質問攻撃に合うことになりました。
それだけではなく、歩き方、話し方、全てが気に入らなかったらしく、毎日色々注意されまくりの毎日でした。訓練所より辛かったです…。

お弁当ルール

だいたい乗務中、途中でCA用のお弁当が搭載されます。お弁当には和食と洋食の二種類が用意されておりますが、新人は絶対に最初に選んではいけません。必ず先輩からです。先輩が選んで食べ始めないと私達も食べることが出来ません。(これは決まりではなく、なんとなく雰囲気的に…)また、新人のうちは次の便の準備や、飛行機全体にどこに何があるか全て見て回ったりして学ぶ姿勢を見せないと怒られるので、仕事をしていると、『ごはんは食べたの?食べるのも仕事よ!倒れたらどうするの!』と怒られる。何をしても怒られるのはどこの世界でも新人の宿命ですね。
結局5分もない時間でごはんを飲みこみ、あとはぶっ通しで乗務するような毎日。CAは早食いが得意になりますよ!

強いハートを手に入れ、どんどん強くなります。

このように、約1年以上もの間、こんな毎日を過ごすことになりました。とても大変でしたが、日本各地北海道から沖縄まで様々なところに泊まって、着いたらおいしいご当地のごはんを食べたり、時間があれば観光したりして、なんだかんだ楽しい毎日を過ごしていました。
女の職場なので、どうしても人間関係で悩むこともあると思います。お客様から理不尽なクレームや無茶なお願いをされることもあります。ですが、こんなことで悩んでいたら、やっていけません。最初は私も嫌な大先輩に精神的にも参っていましたが、途中からどうでもよくなり、自分が楽しく働き、お客様に満足していただける空間を提供する私たちの仕事を全うすることが一番大切なことに気づきました。こんな風にCAはみんな精神的にも強く、たくましく成長していくのです。

そんなこんなで約1年半。やっと念願の国際線デビューとなりました。
しかし、また訓練が待ち受けています。1年半ぶりの訓練。またまた眠れない日々がやってきます。次回もお楽しみに!

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第11話〉 憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日あります・・・
  3. キャビンアテンダント転職物語〈第9話〉 ついに始まったOJT(実務トレーニング)-最初は小松空港へ
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第5話〉 まだまだ続く!怒涛の実践的なサービス訓練編
  5. [キャビンアテンダント転職物語] 第1話 – 航空会社から合格通知!そして引っ越し
  6. キャビンアテンダント転職物語〈第7話〉 安全訓練の実践トレーニング開始!

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール