キャビンアテンダント転職物語〈第6話〉 安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練

キャビンアテンダント転職物語〈第6話〉 安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。

前回の第5話「まだまだ続く!怒涛の実践的サービス訓練編」では始めてのカート操作や機内サービスに奮闘する様子が描かれました。今回の第6話では訓練開始から1ヶ月が経過、「安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練」をお話しいたします。それではどうぞ!

サービス訓練所を離れ、安全訓練所へ

訓練開始から約1か月経つと、2週間ほど安全訓練に入ります。安全訓練とは、飛行機に何か不具合が生じたり、緊急着陸したり、着水したり、火災が発生したりしたときなどの緊急事態の際、私たちがどのようにイニシアチブを取るかを学ぶものです。
今までは、機内サービス専用の訓練所で訓練をしておりましたが、安全訓練は救難訓練センターというまた別のところで行います。よくテレビでもCAが「頭を下げて!Heads Down!!」と叫んでいるシーンを見かけた方もいるのではないのでしょうか。まさに、あれです。
今までも十分厳しい訓練でしたが、こちらは今までに増してもっと厳しいです。私たちはサービス要員であると同時に保安要員でもあります。良いサービスができるだけでは評価されず、常に機内の安全を保つことや、危険な不審物や可燃物などを早く発見し、火災などの緊急事態を未然に防ぐことも大切な業務なのです。また、今までは笑顔を絶やさないことを強いられてきましたが、この訓練に笑顔は必要ありません。笑っていると「ヘラヘラしない!」と怒られ、今までの雰囲気とは真逆となります。
また、お客様の命を預かるという意味で、安全にかかわることに関しては一字一句間違えてはいけません。テストで接続詞が違うだけで×です。完全な丸暗記を求められます。この訓練からまた眠れない日々がはじまります。

安全訓練開始

まず、安全訓練で全て丸暗記しなくてはならないことは、どんな時に飛行機が墜落したり故障したりして、緊急着陸につながる可能性があるかを全て丸暗記します。
また、緊急着陸や着水した際に、飛行機のドアを開けて、スライド(飛行機のドアから出る滑り台のようなもの)やボートを出すのも私たちCAの役目です。すべてにおいて手順があります。これを口頭で一字一句間違えずに説明しながら、実践するところまでが最終目標です。故障してスライドが膨らまない場合やドアが開かない場合も想定し、どのときはどのように対応すればよいのかも学びます。
ややこしいのが、これも機種ごとにやり方がちがうので一つ一つ覚えなくてはならないことです。機種によって、スライドの出し方が違ったり、開けていいドア、開けてはいけないドアなどがあります。たとえば着水した際に、開けてはいけないドアを間違って開けてしまうと、海水が一気に流れ込んできて沈没してしまいます。なので、私たちは絶対にミスをすることが許されず、その分訓練はとても厳しいものとなるのです。
まずは、この知識をつけてテストに全て合格すると、今度は緊急事態の際に、お客様を誘導する有効的な言葉を丸暗記します。緊急事態の際、シートベルトを外すタイミングや頭を守るタイミングなどを大声で伝えるのです。これを私たちはシャウティングと呼んでいます。
シャウティングは外国人のお客様もいらっしゃるので、日英両方一字一句間違えずに覚えます。
「大丈夫!落ち着いて!Stay Calm!」 「こっちへ来て!Come this way!」 「シートベルトを外して! Open your seat belt!!」などなど、かなりたくさんありますが、それを的確なタイミングで指示しなくてはならず、肉声で全てのお客様に伝えるため、大声を出さなくてはなりません。声が小さいと、もちろん怒られます。

丸暗記するまでは、安全訓練所の教室で何度も何度も練習させられます。
毎日訓練が終わってもすぐに帰らず、同期と一緒に自主練習していました。「今ここ間違えた!」「この接続詞間違ってる!」など、指摘し合って完璧に覚えていくのです。
こんなつらい毎日を一緒に過ごしていれば、同期との絆はとても強くなります。私も何年経っても今でも仲良しです。前職の同期とも仲良くなりましたが、研修を乗り越えた絆というより、同じ部署で話が合って仲良くなる同期が多かったのですが、今回は訓練が厳しすぎるので妙な一致団結力が生まれ、部署が全然違ってもずっと仲良しのままでいられるのです。

次回の第6話は、ついに「安全訓練の実技編」です。

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [キャビンアテンダント転職物語] 第1話 – 航空会社から合格通知!そして引っ越し
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第10話〉 ついに独り立ち!新人専門部署へ配属
  3. キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日あります・・・
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第3話〉 とっても厳しい訓練がスタート!
  5. キャビンアテンダント転職物語〈第12話・最終回〉 国際線デビュー、そして最後に
  6. キャビンアテンダント転職物語〈第8話〉 涙の訓練所卒業!そして、ついに制服授与!

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール