キャビンアテンダント転職物語〈第11話〉 憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!

キャビンアテンダント転職物語〈第11話〉 憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。

前回の第10話ではついに独り立ち!新人専門部署へ配属された様子が描かれました。
今回の第11話はいよいよ憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!です。それではどうぞ!

憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!

そもそも、海外を飛び回りたくて、この会社入った私。約1年半の修行期間を経てやっと国際線乗務の訓練に入ることとなりました。
国際線訓練は、新人訓練のように長くはなく、約1か月の訓練となります。国内線と違って、国際線は仕事内容が増えますし、国によって法律などが違うので全てをマスターして訓練所を卒業となります。

まずは英語力のブラッシュアップ!

国内線はほとんど日本人のお客様なので、それほど英語を使うことはありません。ですが、国際線はほとんどが外国人のお客様の時もありますし、様々な場面で英語で対処しなければなりません。たとえば、お食事の際、ビーフとフィッシュのうちビーフがなくなってしまった時、外国人のお客様がビーフをどうしても食べたいと言っている場合。日本人のお客様でも苦慮する対応となりますが、この対応を英語ですることになりますので、それなりの英語力が必要となります。
ですので、この訓練では英語に割く時間がかなり多く、訓練中に英語のテキストを一冊暗記しなければ訓練を卒業することはできません。しかも、本番のテストはただ空で英語を言うだけではなく、実際お食事を出す動作や上着を預かる動作などをつけながらデモンストレーションを完璧にこなさなければなりません。発音、間の取り方、しゃべる速度などもしっかりとみられています。しかも、外国人役の教官はアドリブで様々な質問をぶつけてくるので、臨機応変に対応できる英語力を持ち合わせていないといけないのです。大変だったのは、日本の珍味の説明。例えば『塩辛って何?』という質問に答えなくてはならないのですが、小さいころから塩辛は当たり前に食べていたので、塩辛ってどんなものかちゃんと日本語で説明するのも難しいですね。ですが、日本を旅行する外国人のお客様のほとんどは日本が大好き。日本食にもとても興味があり、一つ一つ質問を受けることが多いです。ホタルイカの沖付けやどら焼きなどは本当によく説明を求められました。

私は帰国子女ではないし、英語力が著しく高いわけでもありません。ですが、単語をいくつも暗記したり、組み合わせたり、普段から英語を発するようにすることで意外と対応できるものです。CAを目指している人は英語力がないからといってあきらめず、自分の英語力をブラッシュアップすることが大切です。毎日英語を使っていないと英語力はすぐに落ちてしまいますし、毎日使うことで口からすぐに英語が出てくるものです。毎日の積み重ねが大切ですね。

各国のルールを覚える

国内線と違って、国際線は各国に入国する際、入国審査や税関申告、健康状態が悪い場合の申し出など、ルールが違います。また、同じ国でも州によって違うこともありますので、とても複雑です。これを全て熟知していないと、お客様の質問にも答えられませんし、間違った対応をすると私たちもその国から注意を受けることになりますので絶対に覚えなくてはなりません。
入国書類の書き方も各国で違いますし、ビザが必要か、免除される場合はどのような場合かを覚えます。
特にオーストラリアは食品持ち込みにうるさい国です。私たちクルーでもチョコレート一つから申告をしないといけませんし、黙って持ちこむと罰金が科せられます。スーツケースを開けられなければ大丈夫と思う方もいらっしゃると思いますが、スーツケース、結構な頻度で開けられますのでご注意を。私も何度も開けられたことがあります。
また、アメリカも肉製品は持ち込み不可ですが、肉エキスの持ち込みも不可です。なので、カップラーメンに入っている肉エキスも持ち込み不可なので、カップラーメンも持ち込み禁止です。
面白いのはシンガポール。街をきれいに保つため、チューイングガムを街中で噛みながら歩くことが禁止されています。ですので、チューイングガムを持ち込む際は、申告しなくてはいけないのです。意外と知られていない事実ですね。

訓練でのテストに合格後はOJTへ。

さて、厳しい訓練は私たちは新人の時にびっちり鍛えられていますので、今回の訓練は勉強にしっかり専念して訓練を受けることになりました。お食事、機内免税品販売、着陸前の保税品の管理などをしっかり学び、全てのデモンストレーションをこなすことで、合格となります。

そして、ついに次回は最終回。憧れの国際線へはばたきます!次回もお楽しみに!

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第5話〉 まだまだ続く!怒涛の実践的なサービス訓練編
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第10話〉 ついに独り立ち!新人専門部署へ配属
  3. キャビンアテンダント転職物語〈第12話・最終回〉 国際線デビュー、そして最後に
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第6話〉 安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練
  5. キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日あります・・・
  6. キャビンアテンダント転職物語〈第7話〉 安全訓練の実践トレーニング開始!

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール