採用決定!入社までに準備すべきことは?(仕事編) 「女性の転職ノウハウ」

採用決定!入社までに準備すべきことは?(仕事編) 「女性の転職ノウハウ」
結婚、出産など女性ならではの仕事の悩みや課題を解説する「女性の転職ノウハウ」コーナーです。
採用決定!転職や久々の仕事復帰に喜びを感じると同時に、不安も感じるかも知れません。
不安を解消するため、そしてみなぎる気合をそのまま仕事に活かせるように、まずは入社準備を始めましょう。
今回は仕事編としてご紹介します。

勤務条件の確認

勤務条件の確認採用決定までに確認ができていれば問題ありませんが、受け取った書類にはよく目を通し、勤務条件に間違いがないか確認します。
『採用を決定した部署長と、本部の採用の意向に相違があった』という話も無いわけではありません。
例えば、就業規則の変更があったにも関わらず、それを社員が認識できていないまま、採用を決定しているというケースが実際にあります。このようなケースに自分が遭わないためにも、契約書類を受け取ったら、早い段階で熟読しましょう。
少しでも疑問がある場合は、契約書類の作成元である人事部門(管理部門)に確認が必要です。

持ち物準備

当日に持参するものや、バッグに常に入れておくものを確認します。主に必要なものを挙げてみましたので、参考にしてみてくださいね。

【筆記用具】

入社当日から、デスクに全てが整っているとは限りません。ノート、ボールペン、シャープペンシルがあれば、覚えるべきことをすぐに記録できて安心です。

【提出書類】

入社日に記入して持ってくるよう指示された書類はもちろん、指示されていなくても、源泉徴収票や年金手帳、健康保険証、前職で受け取っていた雇用保険受給資格者証などは、手続きの手間が省ける可能性が高いため、持参をおすすめします。
『入社日には以下の書類をお持ちください。』などの連絡・案内書類は、新人が準備していることが多く、意外にもミスが多発するポイントなのです。ここにも印鑑が必要だった、こっちの書類には訂正印が必要になった…などに対応できるよう、印鑑も持参すると良いでしょう。
資格必須で就業したした場合は、その資格の証明書のコピーなども求められることが多いようです。
また、健康診断書類を必要とする企業も多いため、採用決定時に指示されなかった場合は、念のために確認した方が良いでしょう。入社後に健康診断の時間を作るのは難しいものです。

【名刺入れ】

名刺を要する職種であれば、初日から挨拶回りに行く可能性があります。簡易的なものでも構わないので、持っていると安心です。

【身だしなみ用品】

挨拶まわりに必須なのは名刺だけではありません。第一印象はとても大事。女性の場合、自分に自信が持てるか否かでモチベーションも変わってきやすいですよね。
外出前に身だしなみを整えられるよう、最低限の化粧用品はバッグに忍ばせておきましょう。電線時のストッキングの予備もあると安心です。

挨拶準備

勤務条件の確認入社初日や初めてのミーティングなど、中途でも、新入社員は挨拶を求められる機会が多いものです。
そのため、簡潔な自己紹介と抱負を挨拶として準備しておくと良いでしょう。所要時間は1分程度。周囲と目を合わせながらの優しい口調がおすすめです。最初の挨拶では、話しかけやすさを意識して、好印象を心掛けましょう。

業界研究

転職や再就職は、新卒新入社員とは違い、ある程度の即戦力を期待されます。
未経験歓迎だとしても、初めて社会に出る訳ではないため、社会人としての常識はもちろん、業界研究はしてくるだろうと思われています。
例え同じ業界への転職・再就職でも、それは以前の就業先からの視点です。経験のみに縛られることなく、新たな視点と発想を持つためには、業界研究は必須であると肝に銘じましょう。

情報収集

勤務条件の確認事前に受け取っている資料や企業サイトなどから、できる限りの企業研究をします。
取扱商品に関する扱い方や、取引企業、主要銀行などは、頭に入れておけば、ちょっとした電話対応などにも柔軟な対応ができるはずです。
支社・支店の所在地や、役員名、組織図なども目を通しましょう。
こまかく覚えることは困難でも、手元に確認できる資料を作るだけで、どんな注意が必要か気づけることもあります。
細やかな心配りをアピールできるチャンスは、入社前から準備できるものなのです。

以上、入社までに準備すべきことを、仕事編としてご紹介しました。
入社後では、なかなか手がつけられないこともあります。
新卒新入社員の頃を思い出したり、入社後の自分をシミュレーションしながら、準備してみてくださいね。
また「採用決定!入社までに準備すべきことは?(家庭編)」も一緒にご覧下さい。

「女性の転職ノウハウ」コーナーは、女性ならではの結婚、出産後の悩みや課題からライフスタイルに合わせた会社の探し方、面接の乗り越え方まで詳しく解説いたします。女性の方はぜひご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

面接前にあなたの性格や想定年収を診断しておきましょう

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール