未経験から挑戦する「営業事務」の仕事-必要な資質、資格など

未経験から挑戦する「営業事務」の仕事-必要な資質、資格など

『営業』と『事務』、両方の文字が入る『営業事務』。営業事務の仕事は、ハローワークの職業分類では大分類「事務職」の中の「営業・販売事務職」に属し、小分類「営業事務」に分けられます。忙しそうな印象を受ける職種名ですが、実際はどうなのでしょうか。未経験からでもチャレンジできるか検証します。

企業によって大きく違う?営業事務の仕事

営業事務営業事務に求められる仕事は、主に以下のようなものです。
電話・メール対応、来客対応といったコミュニケーションを要するものから、小口現金管理(経費精算等)、売掛金・買掛金管理などの経理関係の仕事、見積書・契約書・納品書・請求書作成などの書類作成まで、営業事務という名の通り、営業活動に密接に関わる仕事が多く、かつ業務範囲の広さが特徴です。

仕事内容
電話・メール対応 来客対応
小口現金管理(経費精算等) 在庫管理 備品管理 受発注管理 納期管理 売掛金・買掛金管理
営業成績管理 顧客データ管理 スケジュール管理
見積書・契約書・納品書・請求書作成 営業資料作成 挨拶状作成 議事録作成
その他営業活動に関わる事務業務全般

また範囲が広い中でも、企業によって担当業務に違いがあることも大きな特徴と言えるでしょう。
例えば、対顧客書類は営業が全て作成するという企業もあれば、提案書から契約書まで営業事務が作成し、インセンティブも営業と営業事務で分け合うシステムを取っている企業もあります。前者の営業事務は管理的要素が強く、後者は営業的要素が強いことになります。
ですので「営業事務職」の求人に応募、面接を受けようとする場合は、おおよそどこからどこまでが営業事務職の業務範囲なのか、仕事の流れを確認しておいた方がいいでしょう。

営業事務の仕事に必要な資質

社会人の基本である『報・連・相』はもちろん、事務としての資質も求められる営業事務ですが、他にはどんなタイプが望まれるのでしょうか。

【臨機応変!柔軟性】

eye31営業事務の仕事は、営業的要素、経理的要素、一般事務と言われる要素など、様々な要素で構成されており、変化に富んだ日々を送ることが多いようです。
毎日、毎週決まった事務処理もあれば、クレーム発生のために、他の仕事を明日に回して緊急対応をすることもあります。大口契約の可能性に、戦略会議の準備をする場合もあるかも知れません。
「そんな仕事、経験ない!」と動揺せずに手順を考え対処していける、臨機応変な対応、柔軟性が求められます。

【潤滑油的な役割】

顧客と関わる場合もありますし、他部門とのやり取りの多くを担当するため、コミュニケーションスキルは必須です。その中でも、調整的な役割が多くなると思った方が良いでしょう。
営業の仕事がスムーズに進むための、潤滑油的な存在と言われることが多い職種です。

【人の行動の先を読む!想像力】

営業活動がスムーズに行われるためには様々な準備が必要ですし、契約後もタイミングよくアフターフォローに入る必要があります。顧客情報の更新や、報告書の期日を守ることも大切です。
これらを先回りして準備する、声をかけるなどのフォローも、営業事務に求められることが多いため、常に営業の動きを把握し、次に何が必要となるかを考えられると、仕事の面白みが増していきます。
また「営業・販売事務職に向いている人、向いていない人」のページでも、求められる資質などについて解説していますのでご覧下さい。

営業事務の仕事に必要な資格

資格必須の職種ではありませんが、未経験からのチャレンジであれば、スキルを証明できる資格は持っていた方が有利です。

【MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)】
マイクロソフト社公認資格のMOS。
営業事務の場合、Word、Excelスキルは必須です。
事務経験(デスクワーク経験)があれば取得に時間はかかりませんが、PC作業をあまり必要としない職種からの転職であれば、問題集などでしっかり学習した上で、取得を目指しましょう。
スピードを重視して挨拶文書や作表などの練習を重ねていくと、実務でも早めに馴染むことができます。
営業色の濃い業務内容であれば、PowerPointも必要となります。

【簿記】
経費精算やその他小口現金の取り扱い、売掛金・買掛金管理などの業務があるため、経理の基礎知識があると役立ちます。
3級取得で仕訳を理解し、帳簿作成がある程度できるようになっていると、経理部門とのやりとりもスムーズです。

【秘書検定】
電話やメールのマナー、来客対応などが習得できる秘書検定は、営業事務でも役立ちます。

営業事務に役立つ資格は多くありますが、目指す業界や企業が絞られているのであれば、その業界・企業に合った資格を探してみましょう。
また、様々な職種経験が役立つこともありますので、就業を希望する業界・企業の特徴を調べ、自分の経歴の役立つ部分をピックアップしておくと良いでしょう。

未経験でも採用される可能性は?

lady3営業事務の未経験募集は目にすることが多いですが、『全てにおいて未経験でも可』という募集は少ないのが実情。
例えば、『事務経験〇年以上』『営業もしくは接客業の経験〇年以上』『〇〇業界での経験のある方』など、営業事務は未経験でも、それ以外の経験を条件にしている企業が目立ちます。
経験がなくても、『Word、Excelでの資料作成ができる方。PowerPoint尚可。』など、営業事務に必要なスキルを求められる事が多いため、事務系デスクワークや営業未経験の場合は、資格を武器として備えた方が、採用の可能性は上がりそうですね。
営業事務の募集には、『営業サポート』『営業アシスタント』『一般事務(営業補助含む)』などの名称で募集をかけることも多いため、事務全般から探す方が、理想的な企業に巡り合えるかも知れません。

以上、未経験から挑戦する、営業事務の仕事について検証しました。
仕事が多岐にわたり、営業活動に密接な繋がりを持つ営業事務は、営業部門の要とも言える存在。
求められるものが多くて大変な時もありますが、契約成立時や目標達成時には営業と喜びを分かち合え、やりがいを感じられます。
様々な仕事をこなしていく、オールラウンダー的職種ですから、営業事務でキャリアアップする以外の道も開けそうです。

一般事務職の分類

中分類 小分類 職業
一般事務職 総務事務職 総務、庶務、広報など
人事事務職 人事管理や求人事務、福利厚生事務、労務管理、研修事務など
未経験から挑戦する「人事職」の仕事
企画・調査事務職 企画事務、商品企画事務、マーケッターなどの調査事務
未経験から挑戦する「商品企画」の仕事
受付・案内事務職 会社やショールーム受付、図書館や博物館受付、工場フロントなど
秘書 役員秘書、セクレタリーなど
電話応接事務職 電話交換手、コールセンターオペレーター、テレフォンアポインターなど
総合事務職 様々な事務の仕事を全般的に行うなど総合事務、事務補助
医療・介護事務 医療秘書、健康保険・医療請求事務、調剤薬局事務、病院受付など
その他の一般事務職 法務事務、インターネット通販受付事務など
会計事務職 現金出納事務職 電気・ガス・水道・電話・NHKの料金収納事務員、支払出納事務員、支払窓口事務員、社会保険料徴収係員、出納事務員など
銀行等窓口事務 銀行窓口係、信用金庫窓口係、テラー、郵便局貯金窓口係、預貯金係員
経理事務職 会計経理事務員、会計事務員、公認会計士事務所、税理士事務所などの税務会計事務
未経験から挑戦する「経理職」の仕事
その他の会計事務職 予算係事務、用度係事務、原価計算・見積事務、財務事務員、投資信託計理事務など
営業・販売事務職 仕入事務職 デパートなどの外注、商品仕入の仕事など
販売事務職 旅行会社カウンターや結婚式予約・相談係、ブライダルコーディネーター、信用調査など
営業事務職 営業アシスタント、受発注管理事務、商社営業部員など
貿易事務職 通関業務係、輸出入事務員など
金融・保険事務職 損害サービス事務、保険金支払事務、郵便局保険窓口係、貸付調査、貸付融資など
その他の営業・販売事務職 中古自動車査定員、店舗巡回指導員、チェーン店スーパーバイザー、労働者派遣コーディネーターなど
未経験から挑戦する「営業事務職」の仕事
生産関連事務職    

こちらの事務職記事もどうぞ

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

面接前にあなたの性格や想定年収を診断しておきましょう

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール