未経験から挑戦する「経理」の仕事-必要な資質、資格など

未経験から挑戦する「経理」の仕事-必要な資質、資格など

お堅いイメージ、専門職で難しそう…『経理』のイメージというと、こんな言葉が想像できますが、実際はどうなのでしょう。
未経験でも転職のチャンスはあるのでしょうか?チャレンジするなら何が必要か考えます。

経理の仕事

経理の仕事は、ハローワークの職業分類では大分類「事務職」の中の「会計事務職」に属し、小分類「経理事務職」に分けられます。
経営4要素である『ヒト・モノ・カネ・情報』の、『カネ』の側面から経営を支える経理の仕事で、毎日発生する日常業務から、月次、年次などに合わせた業務が年間を通して発生します。
主な仕事内容としては、下記表の通り、経費精算、伝票作成などの「日常業務」、売掛金・買掛金管理、支払管理などの「月次業務」、決算書類作成などの「年次業務」などがあります。

経理の仕事 仕事内容
日常業務 小口現金管理、経費精算、伝票作成・チェック、銀行支払いなど
月次業務 売掛金・買掛金管理、支払管理、給与支払い手続き、請求書の発行、試算表作成など
年次業務 決算書類作成、減価償却計算、税務申告、予算策定・管理など

※月次、年次以外にも、中間決算業務や四半期決算業務などもあります。
※突発的事項についても金銭の動きがあれば、全て業務が発生します。

経理の仕事に必要な資質

数字に苦手意識があるようでは難しい…という事はわかりますが、経理に必要な資質とは何でしょう。

【スケジュール管理能力】

経理の仕事は日常業務、月次業務、中間・四半期と、常に締め切りがあり、最終的には全てが年次の決算というゴールに向かっています。
ひとつの遅れが全ての遅れに繋がるため、ひとつひとつの仕事に対して、スケジュールを守ることが必須です。
自分の担当業務が大きな流れの中にあることを忘れずに、時間と手順を考えていかなければなりません。

【用心深さ・注意力】

女性の転職1円でも間違いがあれば、1円を探して、伝票処理や各種書類を見直さなければいけません。PC入力で「完璧!」と思っている伝票であっても、科目に間違いがあれば、何カ月も経過してから長時間の掘り起こし作業を発生させることもあります。チェックにチェックを重ねて、間違いを発生させない用心深さが、経理には必要です。

また経理は、企業における最終チェック機能という役割を持ちます。
頼りにしていると表現すれば響きは良いですが、「間違っていても、経理が気付くから。」という甘い考えのもとに仕分けを提出してくる人や部署もあります。申請の通っていない請求書をさらりと回されることもあるかも知れません。
いつもと違う内容の請求書が回ってくる等、「あれ?」と思うことがあれば、掘り下げて調べるといった手間を惜しまない、用心深さや注意力が必要となります。

【チームワークへの意識とコミュニケーション能力】

決算というゴールに向けて仕事を遂行するためには、経理担当者同士が、互いの業務のつながりを把握し、チェックする必要があります。そのためにはチームワークへの意識が必要です。
黙々と、個々でデスクワークに励んでいるイメージかも知れませんが、経理部(課)内のコミュニケーションは、他の部署より多いかも知れません。
また、他部署とのやりとりが多いため、コミュニケーション能力も必要です。

経理の仕事に必要な資格

業務遂行に必須の資格はありませんが、未経験からのチャレンジであれば、持っていた方が採用への近道になる資格や経験があります。

【簿記】
短時間勤務未経験者が転職で経理にチャレンジするなら、必須と思って勉強すべき資格が簿記です。
「簿記の知識があれば、すぐに経理職をこなせる。」といった便利なものではありませんが、基礎知識を学ぶことによって、仕事に入りやすくなるのは間違いありません。
経理用語さえ知らない、例えば、『勘定科目名』さえ初耳の状態では、教える側も教えてもらう側も、非効率です。「基礎知識がありますから、教えていただいたことは、すぐに理解できますよ。」と言える自分を作り上げましょう。

【MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)】
マイクロソフト社公認資格のMOS。
特にExcelについては、スキルの証明として取得すると、経理職には有利に働きます。
経理に集まる様々な金銭の数字は、決算に必要なだけでなく、今後の営業戦略や予算策定など、様々な使い道があります。そのベースとして使用する資料作成にExcelは欠かせません。
「会計ソフトで管理している数字をCSV抽出し、Excelで加工して資料を作る。」こんな言葉を聞いたことのある方も、経理以外で実際に行っていた方もいることでしょう。

未経験でも採用される可能性は?

事務職に向いている人未経験者可で募集をしている企業であれば、上述した資質や資格を備えていれば、採用される可能性は十分あります。募集時に職務内容が明記されている場合は、その職務に対しての理解を深め、具体的にイメージしてから臨みましょう。
希望の勤務エリアに未経験可の募集が見つからない場合は、経理に強い派遣会社に登録して、紹介予定派遣を狙ったり、派遣スタッフとして経理アシスタントの経験を積んでから、正社員への道を目指すのも方法のひとつです。

未経験で入社にたどり着けた場合、経理の第一ステップとして、小口現金の取り扱いや経費精算、伝票チェック、請求書の整理・管理などから入ることが多いはず。まずは第一ステップで経験を積み、担当できる業務を増やしていくことでキャリアアップしていきます。業務種類の多い職種ですが、キャリアパスがわかりやすい職種でもあります。

ちなみに、初めての決算では、期末の繰延べや期首の再振替などで、戸惑う方が多いようです。
経理が一番忙しい時期でもありますから、決算期までに、自分の通常業務に余裕ができるよう準備しておくと良いでしょう。

企業の要とも言える経理の仕事

以上、未経験から挑戦する、経理の仕事について考えてみました。
どの企業にも必要な、企業の要とも言える経理。
管理系職種の中でも、経験を積めば積むほど企業全体を見渡すことができる専門職のため、仕事の面白さも年を追うごとに増していきます。
しっかりとしたスケジュール管理が必要ですが、その分、プライベートの予定も立てやすいとも言えますから、家庭との両立を考える方にも、ピッタリの職種と言えますね。
合わせて「会計事務職に向いている人、向いていない人-性格、能力、適職性など」もご覧下さい。

一般事務職の分類

中分類 小分類 職業
一般事務職 総務事務職 総務、庶務、広報など
人事事務職

人事管理や求人事務、福利厚生事務、労務管理、研修事務など
未経験から挑戦する「人事職」の仕事

企画・調査事務職 企画事務、商品企画事務、マーケッターなどの調査事務
受付・案内事務職 会社やショールーム受付、図書館や博物館受付、工場フロントなど
秘書 役員秘書、セクレタリーなど
電話応接事務職 電話交換手、コールセンターオペレーター、テレフォンアポインターなど
総合事務職 様々な事務の仕事を全般的に行うなど総合事務、事務補助
医療・介護事務 医療秘書、健康保険・医療請求事務、調剤薬局事務、病院受付など
その他の一般事務職 法務事務、インターネット通販受付事務など
会計事務職 現金出納事務職 電気・ガス・水道・電話・NHKの料金収納事務員、支払出納事務員、支払窓口事務員、社会保険料徴収係員、出納事務員など
銀行等窓口事務 銀行窓口係、信用金庫窓口係、テラー、郵便局貯金窓口係、預貯金係員
経理事務職 会計経理事務員、会計事務員、公認会計士事務所、税理士事務所などの税務会計事務
未経験から挑戦する「経理職」の仕事
その他の会計事務職 予算係事務、用度係事務、原価計算・見積事務、財務事務員、投資信託計理事務など
生産関連事務職    
営業・販売事務職    

こちらの事務職記事もどうぞ

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

面接前にあなたの性格や想定年収を診断しておきましょう

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール