正看護師と准看護師の違いは?メリットデメリットは? [看護師の転職]

正看護師と准看護師の違いは?メリットデメリットは? [看護師の転職]

ひとくちに看護師と言っても、実は大きく分けると「正看護師」と「准看護師」の2種類があります。今回はこの2つの看護師についての違い、メリットデメリットをご説明します。看護師業界で働きたい人へ「看護師の転職」コーナーです。

取得までのステップが異なる2つの「看護師」

看護師になるためには、看護学校を卒業し、看護師になるための試験を受け、それに合格する必要があります。試験を受けて合格するという点では、正看護師と准看護師の2つは同じなのですが、内容や資格の所管が異なります。
正看護師の資格の管轄は厚生労働大臣なのに対して、准看護師の資格は交付が各都道府県知事となっています。正看護師の資格は国によって発行されるため、国が認めた資格(つまり国家資格)ということになります。それに対して、准看護師は各都道府県知事が資格を発行しますので、准看護師の資格には「国家資格」ではなく、全国で通用する「公的資格」となります。

実はあまり大差がない?正看護師と准看護師

正看護師と准看護師の違いはでは、仕事内容についてはどうなのでしょうか。
取得までのステップが異なる正看護師と准看護師ですが、准看護師は『保健師助産師看護師法』という法律で『看護師の指示に従って』業務を行うことになっています。つまり、厳密に言うと看護師の補助業務を行うことになります。
しかしながら、医療現場では看護師不足が深刻な状況となっており、業務内容を資格によって分けるということは難しいのが現状なのです。そのため、(本来は駄目なのですが)正看護師も准看護師も結果的に同じ業務を行っている現場も多く見られるようです。(筆者注:私が勤務する職場も同じです)

給与面では差が出てしまう正看護師と准看護師<

では、給料についてはどうなのでしょうか。
正看護師の平均年収は、おおよそ450万円、准看護師の平均年収についてはおおよそ400万円ほどだと言われています(年収ラボ参照)。年間にすると、50万円ほどの差があります。仕事の内容は大差ありませんが、給料については年間50万円ほどの差が出ています。
そのため、個人経営の診療所・クリニックなどは、人件費を抑えられる准看護師を雇用する傾向があるようです。大きな病院でも採用枠はあるものの、准看護師は看護基準を満たせません。看護基準は、診療報酬と関わりがあります。つまり、簡単に言うと正看護師を採用する方が診療報酬は高くなり、病院としての利益も上がるということです。そのような実情もあり看護師と准看護師では募集している職場が多少異なるようです。

准看護師を廃止し、看護師の一本化へ

そのような実情も踏まえて、厚労省の医道審議会 (保健師助産師看護師分科会)などでも准看護師を廃止して看護師を一本化する議論が出ています。また日本最大の看護職能団体である日本看護協会でも、看護師不足により正看護師と准看護師の業務分担が難しくなっていることなどの現状を踏まえて、准看護師を廃止して看護師の一本化を図ろうとする動きが出始めています。
先日は、働きながら看護師を目指す准看護師を支援するため、通信制の看護師学校養成所の入学条件がこれまでの10年以上から、7年以上に短縮されることが決まりました。
准看護師は、社会人でも働きながら取れる資格であり、正看護師と比べて早く看護師になれるというメリットがありますが、正看護師と比べると給料に差があること、職場がある程度限られる傾向にあることなどのデメリットもあります。
一方、正看護師は、国家資格であり、取得までの道のりは長いものの、さまざまな職場からの求人があること、給料も比較的安定していることなど、将来性が高いというメリットがあります。将来に渡って、長く働きたい人は、正看護師の方がおすすめだといえます。

若い人は迷わず正看護師の道を進むべき

正看護師と准看護師の違いは、資格の発行元と給料の差くらいで、業務内容にはあまり差はありません。正看護師と准看護師、どちらを選ぶにしてもメリットやデメリットがあります。今後、准看護師という資格そのものがなくなってしまう可能性もあります。早く現場に出て看護師として働きたいのか、給料や職場の選択肢などの将来性を考えるのかなどなど。
現在、10代、20代の人は迷わず正看護師への道を進むべきだと思います。まして一生の仕事として考えているようでしたら、正看護師の方が今後20年30年に渡って、有利に働きます。
今、准看護師として働いているけど正看護師になりたい、という方やこれから看護師を目指したい、という方、この記事で少しでも今後に役立てて頂けたら幸いです。その他にも「看護師業界で働きたい人へ」ページに多数掲載しています。ご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「小売業界(スーパーや量販店など)」の良い点・良くない点 - 働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  2. 「情報サービス業」はどんな仕事?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  3. 「医療業界(医療事務など)」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  4. 「福祉介護業界」の良い点・良くない点(その2) - 働いている人に聞いてみました!
  5. 「保険業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  6. 「建設業界」の良い点・良くないと思う点を働いている人に聞きました!(転職の参考にどうぞ)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール