キャビンアテンダント転職物語〈第7話〉 安全訓練の実践トレーニング開始!

キャビンアテンダント転職物語〈第7話〉 安全訓練の実践トレーニング開始!

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。

前回の第6話「安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練」では、お客様の命を預かる客室乗務員ならではの緊急着陸や着水した際の訓練が描かれました。今回の第7話では安全訓練の実践トレーニングについてお話しいたします。それではどうぞ!

安全訓練の実践開始!

座学でのテストやシャウティングのテストに無事合格した私たち。
ついに、実践トレーニングに入ります。
まず、実践をするところ。こちらも完全に飛行機の中を再現したモックアップという場所で行われます。モックアップの外の床には一面マットレスが引いてあります。理由は、走ったり、飛行機から出る滑り台のようなもの(スライドと言います)を使って脱出する演習をする際、転んだりしてけがをすること防ぐためです。
そして、ここで授業を行う際は、必ず最初にラジオ体操をします。これもケガを防ぐための準備運動。もちろんこれは、日本人だけでなく海外基地乗務員も必ず受ける訓練なので、英語バージョンのラジオ体操で行います。ラジオ体操に英語があるなんて…最初は違和感がありましたが、今では当たり前となりました。そして、ついに実践。
機種ごとにドアの作りが違うので、機種ごとすべてのドアの模型が用意されています。窓はモニター画面になっていて、教官が操作することが可能です。窓の外を火災の画面、海の画面、陸の画面にするなど変えることが出来ます。ドアの前でやる訓練ですので、これをドアトレ(ドアトレーニング)と言います。これは機種ごとに全て行います。
教官が何の画面を出すか私たちは知ることが出来ません。私たちはその画面を見たときに一瞬でどのようなイニシアチブを取るかを瞬時に判断し、シャウティングします。シャウティングの内容は火災、着水、陸への緊急着陸全て違うので、混同せず、一字一句間違えずに叫ばなくてはならないのです。叫びながらドアを開け、スライドを出したり、ボートを出したりして飛行機からお客様脱出させるまでがドアトレの一連の流れです。このドアトレを一日に何度も何度も繰り返します。ボートを出した後にも、ボートの装備について、どこに何が入っているかなど全て暗記しているかチェックが入ります。
また、大きな声で叫ばなくてはなりませんが、訓練所はとても広いので自分が大声を出していると思っても全く響かないことも多く、教官には「声が小さい!」と怒鳴り続けられ、(声が小さいと減点)一日が終わるころには声が枯れている同期もちらほら。もうくたくたです。
ですが、みんな寝ずに勉強、暗記した甲斐あってこれもみんな一発でクリア。ついに総合訓練へと移ります。

本格的な総合訓練

安全訓練の集大成は総合訓練というものです。これは、モックアップで行いますが、総合訓練は航行中から脱出までの長い間、私たちの動きを見ます。まずは、教官のデモンストレーションを乗客役として客席に座って見るのですが、あまりに本格的な装備に私たちは絶句。
火災が発生したと思ったら後ろでトイレから煙が発生し、(もちろんイミテーションの煙で吸っても害のないものです)それを消したと思ったら、緊急着陸。壊れたドアもあるので、使えるドアから脱出するという設定でした。音響や照明、全てが連動しているので、墜落前の状況を本格的に再現します。そんな状況でも平然と教官は叫び続け、私たち乗客役を外に誘導します。スライドを使って滑り出るときもあれば、ボートに乗り込むときもあります。あまりに本格的なので、臨場感があり、泣き出す同期も!でも、実際私たちは絶対に泣き出してはいけないのです。
毎回、設定が違うので、航行中は臨機応変にお客様をどのように落ち着かせるか。どのように指示するかも見られています。教官は子連れの役、騒ぐお客の役などをして私たちの指示や動きを邪魔したり、目の見えない人などのハンディキャップのある人の役をすることで、私たちがどのように対応するかを見ています。
ただ覚えるだけではなく、臨機応変の力が求められるということです。いくら座学で覚えたとしても、どんなケースが起こるかも分からないですし、どんなお客様が乗っているかもわかりません。時には乗客の方にもお手伝いしてもらうことになるので、そこでも指示の出し方が間違っていないかもチェックされます。
私は一度も「うまくいった!」と思うことはありませんでした。あまりの臨機応変の対応力の無さ、語彙の少なさにがっかりしていました。でもそれは、他の同期も同じ。そこを教官にバシバシ指摘されて余計落ち込む…という訓練が毎日続きました。

そして、こちらも一人ひとりテストがあり、見事全員合格。
2週間にわたる辛く厳しい安全訓練もこれで終わりです。安全訓練の教官も私たち全員を合格させるために必死の毎日でしたので、私たち全員が合格したときは泣いて喜んでくれました。(あんなに怖かったのに。)

次回の第8話はまた、サービス訓練に戻り、いよいよ最終仕上げに入ります!ついに、制服授与!制服を着ての訓練が始まります。

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第3話〉 とっても厳しい訓練がスタート!
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日あります・・・
  3. キャビンアテンダント転職物語〈第5話〉 まだまだ続く!怒涛の実践的なサービス訓練編
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第8話〉 涙の訓練所卒業!そして、ついに制服授与!
  5. [キャビンアテンダント転職物語] 第1話 – 航空会社から合格通知!そして引っ越し
  6. キャビンアテンダント転職物語〈第6話〉 安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール