キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日で睡眠不足・・・

キャビンアテンダント転職物語〈第4話〉 教官がとても恐い!テストも毎日あります・・・

「キャビンアテンダント転職物語」は、航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性の笑いあり涙ありの物語です。驚きの採用決定からワクワクの初出社、地獄の訓練を経て、大空に飛び立ち、一人前のキャビンアテンダントに成長していくまでが描かれています。
第4話は「ついに始まった本格的な訓練」です。それではどうぞ!

ついに始まった訓練 – まず飛行機の構造を覚える

第3話でのいきなり衝撃を受けた訓練初日を終え、ついに本格的な訓練が始まりました。
まず、最初に習うこと。それは飛行機の構造についてです。操縦したり、整備したりするわけではないのでそこまで深く勉強しませんが、エンジンの場所や名前は知っておかなければなりません。地上待機中や航行中にエンジンから火を噴いていていた場合、パイロット席からはエンジンが見えないので、私たちCAしか気づくことができません。その時に、CAはその出火したエンジンがどのエンジンなのかすぐに報告できるよう、熟知しておかないとならないのです。飛行機の機種によってエンジンの数や形、名前などが違うので、全ての機種について学びます。
他にも機種ごとにトイレはいくつあるか、お客様の座席やコールボタンの位置などを学んでいきます。
もちろん、毎日テストがあります。合格点を切ったら再テストです。ですが、基本的に合格点を切ることは許されません。あくまで一発合格が基本。私たちは毎日勉強し、誰一人として不合格点を取る人はいませんでした。それだけみんな毎日遅くまで勉強していました。

憧れのサービス訓練 – 教官が厳しくチェック!

その次は、サービスの訓練です。これは毎日毎日繰り返し、訓練所を卒業するまで続きます。実際にこの訓練はモックアップという、実際の飛行機の中を再現した場所で行われます。通路の幅も実際の飛行機と同じで、CAが座るCAシートや上の収納棚も同じものを使っています。
最初に目にしたときは、アテンションプリーズで上戸彩さんが、訓練していたところと全く同じだ!なんてミーハーな浮ついた感動すら覚えました。初めてCAシートに座った時も感動してしまいました。が、実はあのシート、直角の椅子なので、とても座り心地が悪いのですよ。
しかしこの訓練、本当に細かいところまで見られています!たとえば、お客様にお手洗いの場所を尋ねられた時、「お手洗いはこちらでございます。」と指し示した指がそろっていないと…。「指がそろっていない!」と怒られます。それまで優しかった教官が突然鬼教官に。それはそれは、とても恐ろしいです!
また、お客様にお手洗いをご案内するときは、手で指し示すだけでなく、お客様をその場所までお連れすることは基本中の基本です。ただ、口頭で説明するだけだとまた怒られます。最初のうちは怒られっぱなしです。イメージで言うと姑にずっと注意されているような感じです。
さすがに同期と、どの教官が一番豹変するか、どの教官が一番怖いかなどの話出盛り上がるようになりました。ですが、教官として配属されるCAは普段の仕事ぶりを評価されている人たちばかりです。厳しいのは当たり前ですね。
また、サービスは実技なので、いくら机の上で勉強しても上達することはありません。技量は普段の生活の中でどのくらい他人に気遣いができているかに直結しているのです。今まで金融系で働いていた私は対等の関係でのお仕事が多く、対お客様への気遣いが分からず、こちらも本当に苦労しました。

私たちのランチタイム

さて、余談ですが訓練中の昼食の時間帯についてお話しします。
第3話でお話ししましたが、訓練中は私たちのお給料はとても低く、一人暮らしの人は毎日自炊を余儀なくされていました。うちに帰ってもその日の課題やテスト勉強は山ほどあってとても忙しいのですが、コンビニで買ったり外食したりする余裕はありません。ですので、夕食は基本的に自炊となり、お昼ごはんはお弁当持参という訓練生がほとんどでした。そもそも睡眠時間が少ないのに、毎朝お弁当を作るのはつらいですが、みんな慢性的な金欠なので、しっかりと作ってきていました。
食堂もありますが、整備士さんや地上職員の方など様々な方が利用し混み合うので、昼食を食べるまで時間がかかり、休み時間も勉強しなくてはならない私たちは食堂を断念していました。前職では同期同士で楽しく食堂に行って昼食をとっていましたが、そんなことは考えられませんでした…。

また、温かいお茶をもらおうと給湯室に行くと、国際線移行やファーストクラスの訓練中の先輩たちが陣取っていて私たち新人はとても入ることが出来ませんでした。上下関係がとても厳しい世界ですので、新人のうちから目立つ行動はできず、ズカズカと給湯室に入ることもできず、つつましく過ごすのは新人の基本中の基本!

そんな大変な生活はまだまだ続きます。次回、第5話は「怒涛の実践的なサービス訓練」へ入ります。お楽しみに!

キャビンアテンダント転職物語(全12話)
第1話 航空会社から合格通知が届いた! 第2話 憧れの制服採寸とついに入社式
第3話 とっても厳しい訓練がスタート! 第4話 教官が恐い!毎日テストで睡眠不足
第5話 怒涛の実践的サービス訓練編 第6話 毎日が叫びまくりの救難訓練
第7話 安全訓練の実践トレーニング開始! 第8話 涙の訓練所卒業!ついに制服授与
第9話 実機訓練で最初は小松空港へ 第10話 独り立ち!新人専門部署へ配属
第11話 憧れの国際線乗務開始! 第12話 国際線デビュー、そして最後に

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. キャビンアテンダント転職物語〈第12話・最終回〉 国際線デビュー、そして最後に
  2. キャビンアテンダント転職物語〈第10話〉 ついに独り立ち!新人専門部署へ配属
  3. キャビンアテンダント転職物語〈第6話〉 安全の訓練-毎日が叫びまくりの救難訓練
  4. キャビンアテンダント転職物語〈第5話〉 まだまだ続く!怒涛の実践的なサービス訓練編
  5. [キャビンアテンダント転職物語] 第2話 - 憧れの制服採寸!とついに迎えた入社式
  6. キャビンアテンダント転職物語〈第11話〉 憧れの国際線へ!国際線乗務の訓練開始!

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール