転職で注意すべきこと- できるだけ空白期間(ブランク)を作らない事など3件

転職で注意すべきこと- できるだけ空白期間(ブランク)を作らない事など3件

「転職で注意すべきこと、気をつけること」を紹介するコーナーです。今回は、「出来るだけ空白期間を作らない事」「募集内容と違っていないかきちんと確認する」「中途は新卒と違って情報が少ないので注意」について紹介いたします。
転職とはついつい勢いで進めがちですが、いちど立ち止まって、冷静になって、間違いを犯しやすい点を再確認してみましょう。失敗した人の事例を学び、轍を踏まないようにするのはとても大事なことです。

出来るだけ空白期間を作らない事

転職で注意すべきこと転職にあたって注意すること。それはなるべく退職から転職までの空白期間を作らない事です。出来ることななら新しい転職先を見つけてから退職した方がいいと思います。
人事は採用者の空白期間をとても気にしますし、空白の期間が長くなってしまうと次の転職が厳しくなります。すぐに次の会社が決まる自信がある人は構いませんが、それ以外の人は次の就職先を見つけておくべきです。
もう一つはお金の問題です。転職活動には意外とお金がかかります。時間が経つにつれて生活費も圧迫する事もあるので、注意が必要です。
(営業 男性 26歳 神奈川県)

【転職グッド編集部コメント】
空白期間が長くなると転職しずらくなることは事実で、さまざまな調査でも結果が出ています。離職期間が長くなると、採用する側の抵抗が大きくなること(空白期間を疑問に思う)や、本人も不採用が続くと正社員をあきらめがちになってしまうと言われています。そして不採用が続くとだんだん面接が恐くてネガティブ思想の悪循環になっていくのです。
在職中の転職活動は後ろめたいのできちんと退職してから活動するという人、そんなことは言っていられないので仕事をしながら活動する人(もちろん休日や有休を使って)など考え方は人それぞれだと思います。
ただ「離職期間が長くなるほど正社員への採用が減少」していることは事実ですので、しっかり認識した上で、活動するようにしましょう。転職の準備として役立つ資格・免許を取得、キャリアコンサルティングを受ける、就職ガイダンスや適性・適職診断等を受けるなどもおすすめです。

募集内容と違っていないかきちんと確認する

転職で注意すべきことハローワークへ出ている求人の内容と他の求人媒体(自分が見たのは求人サイト)が、明らかに違っている求人に応募してしまいました。
知識不足で、そのようなことを全く気にすることもなかったのですが、正社員での募集だったのに、入社してから最初は契約社員からと言われました。面接でもしっかり確認するべきだったと後悔しています。この会社は、女性は続かないからと、このように最初は契約社員という扱いにして人件費を削っていました。
(小売業 女性 25歳 兵庫県)

【転職グッド編集部コメント】
求人票と実際の契約内容が大きく異なる場合は、意図的に偽って募集している悪質なケースもありますので、すぐに情報を扱っている施設や企業に連絡をしましょう。相違点が些細なもので自分で納得できる時にはそのまま進めても良いと思いますが、正社員から契約社員への強制変更などは大きな問題です。すぐに連絡すべきです。
実は求職者の立場が弱いことを理解した上で、このような悪い条件での採用をしようとする会社が時々あります。特に雇用契約や社会常識に疎い若い人が陥りやすいケースです。給与、手当、労働時間、所定外労働時間、休日といった根本的な条件は、必ず面接時に確認するようにしましょう。(単に知識がなく無意識でやっている中小企業も多くあります)

中途は新卒と違って情報が少ないので注意

転職で注意すべきこと情報収集をしっかりとする事が大事です。中途採用は新卒と違って情報があまり入らない事が多いので、説明会などに積極的に参加して、自分と会社のミスマッチを無くすようにしましょう。
また説明会などが開かれていない会社も多いので、転職クチコミサイトなどで情報収集するのも大事です。ちなみに私が転職した会社の実態はほとんど転職クチコミサイトに書いてあった通りでした。こういう情報サイトも有効に使っていくべきです。
(営業 男性 26歳 神奈川県)

【転職グッド編集部コメント】
毎年、定期的な予算をつけて、大がかりに進める新卒採用と違って、中途採用(転職)の場合は、通期募集をしていたり、数回の面接だけで合否が決まってしまったりと、思いの外簡単に進んでいきます。またこの方が言っているように中途に対しての情報自体もかなり少ないのが現実です。
またハローワークには中途求人を出さない企業も多くあります。転職にあたっては、複数の転職サイトや転職エージェントを利用したり、あとは転職フェアや就職ガイダンスや適性・適職診断などに参加しながら、中途採用の全体の流れや雰囲気を掴んでいった方がいいと思います。

この「転職で注意すべきこと、気をつけること」を紹介するコーナーは、この後も続いていきます。次回も楽しみにお待ち下さい。こちらのページに新着を掲載いたします。

また読者の方に「良かったと思ったこと」と「悪かったと思ったこと」を読者に聞いたコーナーも人生いろいろでユニークです。あわせてぜひご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 転職で気をつけること- いつも求人を出している会社に注意、入社時期をきちんと把握するなど4件
  2. 転職の注意点- 失業手当は自分が払っていた雇用保険なので遠慮は無用、など4件
  3. 転職で気を付けること- 面接でアピールのし過ぎは逆効果、など4件
  4. 転職の注意点- 中途面接では自信を持って年齢相応の話し方で、など5件
  5. [転職で注意すべきこと] 働いている人の年代をチェックする、平均残業時間を調べる
  6. [転職で注意すべきこと] 退職してからの職探しは避ける、面接前に会社の下見に行く

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール