転職するならこの業界!「業界別 平均年収ランキング」最も高い業種はここ

転職するならこの業界!「業界別 平均年収ランキング2015!」最も高い業界はここ

国税庁は2015年9月30日、毎年恒例となった「民間給与実態統計調査」の最新版を発表した。同統計調査は、戦後すぐの昭和24年分から始まり、今回で第66回目。民間企業の年間の給与の実態を、給与階級別、事業所規模別、企業規模別等にまとめている。

ランキングの業種は、総務省の「日本標準産業分類(平成25年10月改定)」に基づき、「建設業」「製造業」「卸売業・小売業」「宿泊業・飲食サービス業」「金融業・保険業」「不動産業・物品賃貸業」「電気・ガス・熱供給・水道業」「運輸業・郵便業」「情報通信業」「医療・福祉」「学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業」「複合サービス事業」「サービス業」「農林水産・鉱業」の14種類に分類。民間企業が対象のため公務員は含まれていない。

それでは5位から順に見てみよう。

5位は「製造業」の488万円、4位は学術研究や士業などの507万円

平均年収の5位は「製造業」の488万円(このうち賞与は93万円)。
4位は「学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業」の507万円(うち賞与は94万円)だった。「学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業」は少しわかりにくいが、学術・開発研究機関や法律事務所や司法書士事務所などの士業全般、幼稚園、小学校などの学校、学習塾などが含まれている。

3位は「情報通信業」の593万円、2位は金融業、保険業の610万円

3位は「情報通信業」の593万円(うち賞与は110万円)。2位は「金融業、保険業」の610万円(うち賞与は140万円)だった。ユニークなのは「金融業、保険業」の給料と手当は470万円と、「情報通信業」の給料と手当483万円より低いのだが賞与部分が大きく、年収では上回っている。実力主義といおうか、インセンティブ傾向が強い業種であることがわかる。「情報通信業」とはテレビ局や新聞社、携帯キャリア、ヤフーなどのIT関連が含まれる。

1位は不動の「電気・ガス・熱供給・水道業」で655万円

1位は不動の「電気・ガス・熱供給・水道業」で655万円(うち賞与は101万円)になった。電気ガス水道は生活を支えるインフラ事業は同時に安定的な売上を計算できる業種でもある。賞与こそさほど多くないが基本給で優遇されているのがわかる。

なお6位以降は下記表の通り、「建設業」「運輸業、郵便業」「不動産業、物品賃貸業」と続く。最も高い「電気・ガス・熱供給・水道業」と、最も最も低い「宿泊業、飲食サービス業」で、418万円もの年収の差がついていることに驚くが、統計結果は正規とパート、アルバイトの非正規が含まれていることから、飲食業はパート比率がとても高い(むしろパートによって成り立っている)業界であることがわかる。

対前年伸び率はランキングとは異なる結果に

年収が昨年と比べてどれだけ増えたかを表す「対前年伸び率」は高収入ランキングとは異なる結果になった。最も伸びたのは「製造業」の2.5% 増。自動車メーカーを筆頭に生産拠点が国内回帰傾向にあることや、家電メーカーなどが復活しつつあることがポイントだろうか。その次は「不動産業、物品賃貸業」の2.3%増加、「建設業」の2.1%と続く。「建設業」の2.1%は人手不足による人件費アップが想像できそうだ。

業界別 平均年収ランキング

資料:「民間給与実態統計調査(2014年分(平成26年分))」

業種区分 平均給与 対前年伸び率
1位 電気・ガス・熱供給・水道業 655万円 ▲5.8%
2位 金融業、保険業 610万円 ▲1.2%
3位 情報通信業 593万円 0.1%
4位 学術研究、専門・技術サービス業教育、学習支援業 507万円 1.9%
5位 製造業 488万円 2.5%
6位 建設業 460万円 2.1%
7位 運輸業、郵便業 416万円 0.6%
7位 不動産業、物品賃貸業 416万円 2.3%
9位 複合サービス事業 388万円 ▲6.0%
10位 医療、福祉 379万円 ▲2.1%
11位 卸売業、小売業 354万円 ▲1.6%
12位 サービス業 342万円 0.7%
13位 農林水産・鉱業 290万円 0.4%
14位 宿泊業、飲食サービス業 237万円 1.6%

転職(就職)における給料は業界による平均賃金ももちろん関係あるが、それよりも職種や仕事内容、個人個人の経験やスキル、資格によって大きく異なってくる。あくまでも転職にあたってのひとつの参考としてご覧いただきたいと思う。

またこちらの「年齢別・男女別の平均年収調査」も併せて転職の参考にどうぞ。

あなたの適正年収がわかる「MIIDAS(ミーダス)」

MIIDAS(ミーダス)「今の年収は適正なのか」「もっと年収は上がらないだろうか」 
皆さんも一度は考えた事があるのではないでしょうか。「MIIDAS(ミーダス)」は、約200万人分のデータベースから、200以上の職種別、10段階以上の年齢別、学歴別の年収を公開。あなたのスキルや経験から、今のあなたの評価や立ち位置、年収が適切なのかどうかが分かります。やってみると驚愕の結果が出てくるかもしれませんよ。あなたの転職の武器にしてください。「MIIDAS(ミーダス)」を見る

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 転職者が前の会社を辞めた理由 - 男性の1位は「定年・契約期間の満了」、では女性の1位は?
  2. 【女性限定】リクナビNEXT「私の転職フェア」東京 が2017.1.14(土)開催(登録でQUOカード)
  3. 日本最大級エンジニア転職イベント「@typeエンジニア転職フェア」が2016年10月29日(土)開催
  4. 保育士の平均給与・ボーナス・年収を年齢別に公開
  5. 既卒3年以内対象の 「東京・合同企業説明会」が2016年11月4日に開催
  6. 女性のための再就職支援セミナー&個別相談会

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール