年齢別・男女別の「平均年収」を調査 – 自分の年収は平均より上なの?

自分の年収は平均より上なの?「年齢別・男女別の平均年収」

「自分の年収は平均より上なの、下なの?」あまり大きな声では言えませんが年収はとても気になる問題ですね。
今回は国税庁が平成27年9月に発表した「民間給与実態統計調査」をもとに、年齢別、男女別の平均年収を調査しました。

年齢別・男女別の平均給与

まず最初に平均給与を年齢別に見てみましょう。
25~29歳の平均年収は男性が378万円、女性が297万円、30~34歳の平均年収は男性が446万円、女性が301万円となっています。

男性は55歳までは年齢が高くなるにしたがって平均給与も高くなり、50~54歳でピーク(平均年収656万円)を迎えます。その後は、役職の交代や定年などで下がっていきます。
女性では年齢による差はあまりみられません。これは結婚、出産などを機に退職し、以降はパートやアルバイトで働きに出る人が多いからだと考えられます。

例えば夫32歳、妻32歳の夫婦の場合、二人で1年に750万円くらいの給与であれば、世の中の平均ということになります。

なお給与とは、1年間の支給総額(給料・手当及び賞与の合計額をいい、給与所得控除前の収入金額)で、通勤手当等の非課税分は含みません。なお役員の賞与には、企業会計上の役員賞与のほか、税法上役員の賞与と認められるものも含まれています。

年齢(歳) 男性 女性 男女計の平均
19歳以下 157万円 104万円 130万円
20~24歳 265万円 231万円 248万円
25~29歳 378万円 297万円 344万円
30~34歳 446万円 301万円 392万円
35~39歳 502万円 293万円 425万円
40~44歳 564万円 290万円 457万円
45~49歳 629万円 290万円 487万円
50~54歳 656万円 291万円 496万円
55~59歳 632万円 270万円 480万円
60~64歳 477万円 227万円 373万円
65~69歳 389万円 201万円 311万円
70歳以上 359万円 204万円 292万円
全年齢 514万円 272万円 415万円

男性の平均年収と人数、割合

男性の平均年収と人数、割合それでは次に男性の給与階級別に見てみましょう。男性でもっとも多いのは301万円~400万円の514万人、全体の18.3%です。次いで 401万円~500 万円の488万人(17.4%)となっています。
ちなみに301万円~600万円の割合は48.5%と全体の約半数を占めており、世の中の男性の約半分がこの給与階級に所属していることがわかります。

男性 年間給与額 人数 割合
100万円以下  92万人 3.3% 24.0%
101万円~200万円  210万人 7.5%
201万円~300万円 371万人 13.2%
301万円~400万円 514万人 18.3% 48.5%
401万円~500万円 488万人 17.4%
501万円~600万円 358万人 12.8%
601万円~700万円 236万人 8.4% 21.0%
701万円~800万円 166万人 5.9%
801万円~900万円 112万人 4.0%
1,000万円以下 75万人 2.7%
1,001万円~1,500万円 136万人 4.9% 6.6%
1,501万円~2,000万円以下 28万人 1.0%
2,001万円~2,500万円以下 9万人 0.3%
2,500万円超   10万人 0.4%

女性の平均年収と人数、割合

女性の平均年収と人数、割合それでは次に女性の給与階級別に見てみます。女性でもっとも多いのは101万円~200万円で512万人、全体の26.2%です。なお300万円以下で65.0%%と全体の約半数を占めます。これは扶養控除の適用(給与収入103万円以下)を受けるため、意識的に抑えている人が多いためだと思われます。女性は結婚、出産後に正社員からパートに移る人が多く、年収があまり伸びなくなるのも特徴です。

女性 年間給与額 人数 割合
100万円以下  326万人 16.7% 65.0%
101万円~200万円  512万人 26.2%
201万円~300万円 432万人 22.1%
301万円~400万円 310万人 15.9% 29.6%
401万円~500万円 176万人 9.0%
501万円~600万円 90万人 4.7%
601万円~700万円 45万人 2.3% 4.5%
701万円~800万円 24万人 1.2%
801万円~900万円 13万人 0.6%
1,000万円以下 7万人 0.4%
1,001万円~1,500万円 12万人 0.6% 0.7%
1,501万円~2,000万円以下 2万人 0.1%
2,001万円~2,500万円以下 0.9万人 0.0%
2,500万円超   0.9万人 0.0%

業種別で一番平均年収が高いのは?

次に気になるのは、どの業種の平均年収が一番高いのか?ということでしょう。
国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」をもとにランキングを出してみました。

平均年収の5位は「製造業」の488万円(このうち賞与は93万円)でした。
4位は「学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業」の507万円(うち賞与は94万円)です。「学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業」は少しわかりにくいが、学術・開発研究機関や法律事務所や司法書士事務所などの士業全般、幼稚園、小学校などの学校、学習塾などが含まれています。
この続きは業種別の年収ランキングに載せていますので、こちらのページをご覧下さい。

あなたの適正年収がわかる「MIIDAS(ミーダス)」

MIIDAS(ミーダス)「今の年収は適正なのか」「もっと年収は上がらないだろうか」
皆さんも一度は考えた事があるのではないでしょうか。「MIIDAS(ミーダス)」は、約200万人分のデータベースから、200以上の職種別、10段階以上の年齢別、学歴別の年収を公開。あなたのスキルや経験から、今のあなたの評価や立ち位置、年収が適切なのかどうかが分かります。やってみると驚愕の結果が出てくるかもしれませんよ。あなたの転職の武器にしてください。「MIIDAS(ミーダス)」を見る

今回の参考資料:国税庁統計情報ページ
https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/tokei.htm

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 島根県内のIT企業28社による「GO島根!ITエンジニア転職フェア」が9月1日(木)に東京・赤坂で開催
  2. 既卒3年以内対象の「合同企業説明会-40社参加」が9月28日(水)に東京・秋葉原で開催
  3. 2016年夏のボーナス、過去2番目の高水準で平均84万3,577円
  4. とうきょう JOBフェスタ
  5. 2016年8月の転職求人倍率は2.81倍
  6. 面接に必ず役立つ!自分の強みがわかる「性格特性診断(無料)」を受けておきましょう

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール