20~30代の採用選考で最も重視した点は「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」の74.7%

20~30代の中途採用選考で最も重視した点は「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」の74.7%

転職を考えている人にとって、企業側が「採用選考で重視した点は何か?」はとても気になるデータではないでしょうか。自分の性格や資質は一朝一夕に変えたり、身に付けられたりするものではありませんが、それでも面接官が求めていることを事前に知っているのと、知らないのとでは、面接での受け答えも変わってくるはずです。何より先方のニーズに対してしっかりと対策を練ることができます。

今回は厚労省が若年労働者(15~34歳の労働者)を雇用している全国の事業所16,607社を対象におこなった「平成25年若年者雇用実態調査」の中で、「正社員の採用選考にあたり重視した点」で得られた回答について解説をいたします。

最も多かったのは「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」

調査結果によると、企業が正社員の採用選考にあたり重視した点で、最も多かったのは「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」の74.7%でした。実に10人中7人以上が重要視しています。ちなみにこの答えは新卒採用の場合でも1位となっていますので、中途採用、新卒採用ともに求められている資質であることがわかります。

3つの言葉が羅列してあると、何となく漠然と捉えてしまいがちなので、言葉を分解してすこし深く考えてみましょう。

●職業意識
「職業意識」とは、大辞泉によると「自分の職業に対してもつ意識や自覚。また、その職業の人に特有の見方・考え方」とあります。
この職業が存在する意義、世の中の人から必要とされる理由は何なのか、自分はこの仕事を通して何を実現したいかを考えてみるといいですね。「お金のため」であることもわかりますが、選考でそのような現実的な答えは求められていません。こちらの「面接でよく聞かれる「職業意識」とは?」もどうぞ。

●勤労意欲
「勤労意欲」とは、「働きたいと思う気持ち」です。なぜこの会社で働きたいか、どうしてもこの仕事に就きたい理由を突き詰めて考えてみる必要があります。「採用選考で重視される「勤労意欲」とは?どのようにアピールすれば良いのか」で詳しく説明しています。

●チャレンジ精神
「チャレンジ精神」とは、文字通り新しいことに挑戦していく気持ちや態度です。人から言われてやるのではなく(受動的)、自ら目標をみつけて行動していく力です。

これらの3つが選考の上で重視する点と挙げられています。つまり採用者側は、前向きに仕事や人生を捉え、自分の力で行動していくことができるか、どうかを見極めたいと思っているのです。

20代30代の中途採用選考で重視した点、1位は「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」の74.7%

採用理由 割合(複数回答)
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神 74.7%
マナー・社会常識 61.8%
コミュニケーション能力 55.0%
組織への適応性 53.6%
業務に役立つ職業経験・訓練経験 37.9%
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力) 36.9%
学歴・経歴 24.2%
従順さ・会社への忠誠心 24.0%
柔軟な発想 18.4%
その他 4.8%

2番目に多いのが「マナー・社会常識」の61.8%

2番目に多かったのが「マナー・社会常識」の61.8%でした。この回答は、一つだけあげる場合は恐らく選ばれない項目で、複数選択可能な調査なので上位に登場したのでしょう。新卒者は当然「マナー・社会常識」について劣りますし、会社側も大して気にしてはいません。社会人経験が無いので当然と言えば当然です。
一方、20~30代の転職者はこれまでの仕事を通して「マナー・社会常識」を身につけていることが前提とされています。時々マナーや一般常識の無い中途の求職者もいるので、おそらく人事採用者があとで社内から文句を言われない意味で回答しているのだと考えます。あまり重要なスキルだとは思えません。

「コミュニケーション能力」「組織への適応性」

3番目が「コミュニケーション能力」で55.0%、4番目が「組織への適応性」で53.6%でした。ほぼ同じような意味合いのある点について10人中約半分の人が最も重視すると答えています。
このあたりはよく言われることです。会社、仕事というのは人の集合体なので、上司や同僚、取引先、部下と円滑に関係を築きながら、ものごとを進めていくことが要求されます。「自分はこうしたい、だからこうしてくれ」ではなく、「自分はこうしたいと思う、あなたはどうしたいですか、であればこのようにしてはどうでしょう、OK!ではこのようにしましょう」のように、関係者間で納得のキャッチボール続けていく必要があるのです。特に和を重視する日本企業はこの傾向が強いように思われます。

ただ今の日本企業が停滞している原因、アメリカや中国には勝てず、下だと思っていた国からもどんどん追い上げられている理由は、経営陣や上層部が若者に対して過度にコミュニケーション力を求めすぎていることが一因のような気もします。組織上層部にとってこのような能力に長けた人は組織を管理しやすいし、付き合いやすいのも事実なのですが、反対にいま必要なのは、他に動じない強固な信念を持って、まわりの反対を受けても最後までやり遂げる力ではないでしょうか。まったく人のいうことを聞かない頑固者というのでしょうか。世の中を見渡すと結局、競争の厳しいマーケットにイノベーションを興し、新しい市場を切り開いているのは、このような力を持った人ばかりです。

5番目は「業務に役立つ職業経験・訓練経験」

5番目は「業務に役立つ職業経験・訓練経験」の37.9%、6番目は「業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)」の36.9%でした。これは中途採用にとって当然必要な点です。単刀直入に言えば「即戦力として会社に貢献できますか?」ということです。同業界への転職であれば、すでに業界の仕組みや流れを理解しており、すぐに仕事に取り組めるか、異業種への転職であれば営業や製造、開発など職種に必要な経験を持っているかどうか、が採用担当者としては気になるのです。その上で、現在の社内に新しい風を起こしてくれる人材を探しているのではないでしょうか。

最後に

転職活動とは、すこし厳しい良い方をすれば結局「お互いの利害関係が一致できるか」なのです。採用側は社内に新しい血を入れて売上アップを目指しており、一方の求職者は自分が持っている経験や能力を高く買ってくれるところを探しています。お互いの求めているものが合致した時に円満に採用(契約)となるのです。

求職者は「自分はこうです」「私はこんなことができます」と自分に都合の良いことだけをプレゼンするのではなく、相手が求めていることを事前調査や会話の中からつかみ取り、面接という商談の場でさりげなく会話に散りばめていく方がいいのです。

仕事とは人と人との付き合いです。採用活動も同様です。向こうが「この人と一緒に働きたい」「この人はウチの会社に入ってほしい」と思ってもらえるように、特に7割以上の人が重視すると答えた「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」について、自分の答えをきちんと持っておきましょう。

「20代の転職」シリーズについてはこちらもご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. ハローワーク立川、就職面接会「就職フェアin昭島」を2016年10月14日(金)に開催(参加無料)
  2. 平均労働時間が一番少ない業種は?全業種の2015労働時間ランキングを発表
  3. なぜ辞めていくのか?転職入職率と離職率の高い業種、低い業種ランキング
  4. 女性向け転職イベントが渋谷ヒカリエで2016年11月5日(土)に開催- 女の転職@type
  5. 平成28年度国家公務員採用一般職試験、女性の合格者数は2,548人で過去最高を記録
  6. 「勤務間インターバル」とはいったいどんな制度なの?

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール