「面接官はここを見ている!」- 元採用担当者が教えます!聞くだけで緊張してきますね

元採用担当者が教えます!面接官はここを見ている!

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。
今回のテーマはずばり「面接官はここを見ている!」。うーん聞くだけで緊張してきますね。面接で自分のどこを見られているのか事前に意識しておくだけでも気分は落ち着くはずです。それではどうぞ!

元採用担当者が教えます!面接官はあなたのここを見ている!

転職で必ず通らねばならない関門といえば、『面接』もそのひとつですね。今回は、面接官が応募者のどんな所を見ているかまとめてみました。

第一印象の良さは業種・職種・相手を問わない

どんなシーンでも第一印象が大事。それは面接も同じです。自信を感じる良い姿勢、聞き取りやすい声と礼儀正しい挨拶は、相手を問わず良い印象を与えます。
ただし、この良い印象は、面接官だけに与えれば良いものではありません。
転職の場合、面接会場は自社の会議室などが基本。だとすると、貴方を見ているのは、面接官だけではないのです。受付手続きを済ませ、会場に案内され、面接が始まるまでに、会社案内などの資料を受け取り、もしかするとお茶をいただけるかも知れません。その時点で、何名の社員と会っているでしょうか。
採用活動は、人件費という大きな費用が動きます。そのため、採用担当者によっては、できるだけ多くの情報を得るために、受付担当者やお茶を出したスタッフにも、様子をうかがわせている場合があるのです。
ありがちなのが、経験豊富な年代の男性が、お茶を出してくれた若い女性に対して横柄な態度をとったり、気さく過ぎる態度をとってしまうというミス。悪気はないのでしょうが、面接通過の可能性が低くなるのは間違いないので、要注意です。

外見は武器のひとつ

面接には見た目も大切。業界により基準も違いますが、基本的には清潔感があり、好感の持てる服装を心がけたいもの。外見で仕事をしている訳じゃないなどと思わずに、面接時の武器のひとつとして活用しましょう。
時折、体型に合っておらず、スーツが借り物のようになっている方や、新卒ではないのにリクルートスーツを着て初々しい姿の方がいらっしゃいますが、説得力に欠ける印象となってしまいます。
自分をいかにアピールするか、そのアピールを外見が後押ししてくれているか、鏡と相談する時間を持って、自分の武器を増やしてみてはいかがでしょうか。

『書類ではわからない魅力』が見たい

一次の書類選考を通過して面接となると、面接官の手元には履歴書や職務経歴書が届いていることになります。また求人サイトから応募すると、履歴書に相当する情報提出とともに応募することが多いため、やはり面接官は、ある程度の情報を持っています。そんな情報持ちの面接官に対して、履歴書に書いてあることをアピールするのは、もったいないですよね。面接官が見たいのは、書類ではなく目の前にいる相手の魅力です。つまり面接では、書類では計ることのできない能力・魅力をいかにアピールするかがカギとなります。
例えば、企業が抱えているだろう問題点を自分なりに想定して、「自分ならそれをこのように解決していけます。職務経歴書にも記載してある●●の経験を応用して貴社の問題解決に役立てられると思います。」などのアピールはいかがでしょうか。具体的な提案やアピールだと、面接官も掘り下げた話をしたいと思うかも知れません。

『売り手市場、買い手市場』という言葉通り、面接とは、自分という人間をいかに売るかの場です。
転職とは、『自分で自分を販売する営業者』となること。面接官は貴方を買う(雇う)か、目の前で検討しているという訳です。ですから、面接を受ける方の中には、自分の実績を証明できるものを持参したり、タブレットで紹介される方もいらっしゃいます。(情報漏洩でなく、自慢話にならなければ、かなりの職種で有効です)
貴方が面接官なら、相手のどこを見るでしょうか。業界、職種によっても違うので、面接が決まったら、シミュレーションをしてみると良いですね。

●転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 元採用担当者が教えます!見られるだけじゃない!面接官のこんな所をチェックしよう!
  2. 元採用担当者が教えます!「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイント
  3. 元採用担当者が教えます!この質問にはこんな意図があるかも知れません「●●の経験は?」
  4. 元採用担当者が教えます!「求人募集が出される流れ」を知っておこう
  5. 元採用担当者が教えます!「ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?」
  6. 「採用担当者は履歴書のどこをチェックしている?」 元採用担当者が教えます!

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール