「ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?」 元採用担当者が教えます!

元採用担当者が教えます!「ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?」

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。
今回のテーマは「ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?」です。そんな質問に対する考え方をご紹介いたします。

ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?

退職理由を聞かれたら…それがネガティブなものだったら、どうやって切り抜ければよいのでしょうか。ここでは、そんなネガティブな退職理由を質問された場合を考えます。

まず考え方を変えてみる

『人間関係』『仕事がつまらない』『給与が低い』『休みが少ない』等々。こんな退職理由を伝えたら採用されないかも…と考える方は多いようです。ですが、退職理由というのは、大抵ネガティブな要素が入っているもの。人事は当然それを認識しています。新しい働き口を探すということは、現職では得られなかったものを探す訳ですから、ヘッドハンティングで転職する場合であっても、ネガティブな要素はあるはずなのです。
では、退職理由を質問するのは何故でしょうか?

第一に、退職理由を少し掘り下げて聞いてみることで、自社で長く勤務できるかを判断したいため。 
第二に、ネガティブな場面をいかに切り抜け、自社への入社希望の話へつなげられるか

上記2点をクリアできれば、この質問を恐れることはありません。『退職理由がネガティブだから』と考えるのではなく、『退職はネガティブなのが当たり前。このネガティブな部分をポジティブにリスタートしたいから転職するのだ』と考えると、質問対策もしっかり作れます。

具体例

ネガティブな退職理由だとしても、嘘をつくわけにはいきません。理由別に、言葉を巧みに進化させて、面接官の心象が下向きにならないようにすることが大事です。何点か例をあげると・・・

≪休みが少ない・残業でプライベートタイムが少ない≫
仕事とプライベートにメリハリを持って意欲的に働ける環境を作りたいと思い、退職をその選択肢のひとつとして考えました。
≪人間関係≫
周囲に遠慮することなく仕事の幅を広げられる環境を得たいと思い、退職を考えました。
≪待遇(給与など)≫
業務の成功をダイレクトに実感できる環境に身を置いて、より意欲的な社会生活を送りたいと考えました。

上記のような話を盛り込んで、退職理由が、いつのまにか入社希望理由に変化していると理想的です。ただし、あくまでもこの質問については手短に終了するように心がけましょう。退職理由に時間をかけるより、もっと具体的な仕事への話をする方が有意義です。

前職を短期間で退職している場合

長く勤務していた会社を辞めるのであれば、それ相応の退職理由もあることでしょう。
ですが、半年や1~2年での退職となると、どんなに言葉巧みに説明しても、説得力がないというものです。さらに短期間に転職が複数回ある場合は、自分に問題がないか見つめなおす時間を作ってから転職活動に入ることをおすすめします。
いくらその会社が自分に合わなかったとしても、それを見抜けなかった自分への反省をしていない退職理由では、人事は採用通知を出すことができません。
改めて自分を見つめ直すことができたら、問題点がどこにあり、今は自分自身をよく理解した上で転職を希望しているので、短期間で辞めるようなことはないのだという確固たる信念を伝えられるようにしましょう。

これだけはやめましょう

前職場・会社の悪口は、本音でもNG行為です。また、自分はそのつもりでなくても、他者からは悪口や批判と捉えられる場合もあります。業界内で転職する場合は大変危険な行為ですし、人事は業界内外問わず、繋がりのあることが多いのです。
『ネガティブな退職理由』と『転職に対する理想』は表裏一体。
ネガティブな内容をポジティブに進化させるタイミングで、自分のマイナスな気持ちを切り捨て、ポジティブシンキングな転職活動に臨みましょう。
こちらの「この質問にはこんな意図があるかも知れません!「●●の経験は?」」も合わせて読んでおくといいですね。

●転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「入社したけど合わなかった!すぐに退職していい?」元採用担当者が教えます!
  2. 元採用担当者が教えます!この質問にはこんな意図があるかも知れません「●●の経験は?」
  3. 「採用担当者は職務経歴書のどこを見ている?」元採用担当者が教えます!
  4. 元採用担当者が教えます!「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイント
  5. 「採用担当者は履歴書のどこをチェックしている?」 元採用担当者が教えます!
  6. 元採用担当者が教えます!「入社前に準備しておくこと」~入社日や書類準備など~

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール