「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイントを元採用担当者が教えます!

元採用担当者が教えます!「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイント

この「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」シリーズは、以前、採用を担当していた人たちが「転職グッド」の読者だけに教えてくれる必見コンテンツです。中途採用にチャレンジする人が押さえておくべきポイントがたくさん詰まっています。
今回のテーマは「「何か質問はありますか?」という時に聞いておきたい質問ポイント」です。それではどうぞご覧下さい。

『何か質問はありますか?』という時に聞いておきたい質問ポイント

面接も終盤に入ると、かなりの率で聞かれるのが、『何か聞いておきたい事はありませんか?』などの質問です。
貴方なら、どんな質問をしますか?

聞かれてから考えるのでは遅いかも

書類選考に通過して面接にこぎつけたのに、その会社のことを勉強してこない…これではどんなに面接を受けても、採用に至るのは難しいでしょう。そのため、この質問がきた場合のことを考えて、必ず聞きたいことを考えておきましょう。会社のことを調べれば調べるほど、また、自分が入社した場合を具体的にイメージしてみると、おのずと質問事項が浮かんできます。
面接途中で答えが出てしまうこともありますので、できれば数点用意しておく方が安全です。

面接官の話は聞き逃さない

面接経験のある方、面接が終わってから、「あ、あれを質問すれば良かった」と思ったことはありませんか?思い返すと気付くような『本当に知りたいこと』は、面接中に質問できるようにしたいですよね。そのためには、とにかく面接官との会話に集中すること。
この面接が終わったらすぐ仕事に戻らなくては…そんな環境だとなかなか集中できません。面接は数人を1日で実施することが多いため、時間がずれることも充分に考えられます。面接前後の時間の余裕を持つようにしましょう。同様の理由で、1日数件の面接を入れるのもおすすめはできません。
また、「ここまでで何か質問はありますか?」という流れも考えられるため、会話に集中して面接官の話をその都度理解しましょう。許されるなら、メモを取らせてもらい質問に備えることも有効ですが、メモばかり取り過ぎて面接官の目をみて話す時間が少なくならないように要注意です。

準備しておきたい質問例

先ほど質問は数点用意という紹介をしましたが、数点には内訳があります。

≪どの会社でも通用する質問≫
入社前に必要な勉強や習得すべきものを聞いておくなどの、会社に関係なくできそうな質問を自分なりに用意します。

≪事前に調べた内容からの質問≫
主にHPなどに紹介されている事業案内などから、掘り下げた質問を考えておきます。
これについては面接内で消化されてしまう可能性もあるため、2~3点用意します。

≪面接中に思いついた質問≫
『先ほどおっしゃっていた●●の事業展開ですが、これは●●方面にも広がりを見せる可能性がありますか?私は経験上そちらの方面にコネクションがありますので、違う切り口からアクションを起こすことができると思うのですが』など、面接中に知った内容に自分のスキルを絡めることができれば、即戦力としての印象を強く残すことができます。

これだけは要注意

聞かなくてもわかることを質問してしまう方、面接官が説明したはずのことを質問してしまう方が少なくありません。おそらく、事前勉強が足りない、的を絞らずに活動して混乱しているなどの理由があるのでしょう。そういう方はすぐにわかりますし、印象が良くありません。
このような質問をしてしまう不安がある場合は、無理に質問するよりも、『本日の面接で詳しく教えていただけましたので、現時点ではございませんが、質問したいことが発生した場合は、連絡をさせていただいてもよろしいでしょうか。』と伝える方が安全です。

『終わりよければすべてよし』という言葉もありますので、質問タイムもアピールチャンスだと思って、最後まで気を抜かずに頑張りましょう。

●転職を考えている方は必見。そのほかの「元採用担当者が教える転職成功アドバイス」を読んでみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「入社したけど合わなかった!すぐに退職していい?」元採用担当者が教えます!
  2. 元採用担当者が教えます!「ネガティブな退職理由を面接で質問されたらどうする?」
  3. 元採用担当者が教えます!「求人募集が出される流れ」を知っておこう
  4. 元採用担当者が教えます!「人事が出会った困った人々」
  5. 「採用担当者は履歴書のどこをチェックしている?」 元採用担当者が教えます!
  6. 元採用担当者が教えます!「入社前に準備しておくこと」~入社日や書類準備など~

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール