[世論調査]どのような仕事が理想的だと思うか?1位は「収入が安定している仕事」

[世論調査]どのような仕事が理想的だと思うか?1位は「収入が安定している仕事」

正社員の場合で1日の中で8時間以上(通勤時間や準備時間を含めるともっと多い)、1ヶ月約720時間のうち240時間以上を占める仕事にどう取り組んでいくかはとても大事なことです。仕事が充実しているか否かによって、ビジネスへの影響はもちろん、人によってはプライベートにまで影響が出てしまいます。
今回は、内閣府が2016年夏に実施した「平成28年 国民生活に関する世論調査」の「どのような仕事が理想的だと思うか」の調査結果について紹介いたします。この調査は、18歳以上の人10,000人を対象に調査員が訪問し、個別面接聴取形式で実施。有効回収数6,281人(回収率 62.8%)です。

質問の内容「どのような仕事が理想的だと思うか?」

この手の調査は質問の仕方、聞き方によって、答えが変わってくることがあります。
今回の場合は「世の中には、いろいろな仕事がありますが、あなたにとってどのような仕事が理想的だと思いますか。この中からいくつでもあげてください。」という設問で、下記の中から複数を選んでも良い形になっています。

質問「世の中には、いろいろな仕事がありますが、あなたにとってどのような仕事が理想的だと思いますか。この中からいくつでもあげてください。」

・収入が安定している仕事
・失業の心配がない仕事
・自分の専門知識や能力がいかせる仕事
・世の中のためになる仕事
・高い収入が得られる仕事
・自分にとって楽しい仕事
・健康を損なう心配がない仕事
・その他
・わからない

もっとも多かった回答は「収入が安定している仕事」の60.9%

どのような仕事が理想的だと思うか
調査結果によると、「どのような仕事が理想的だと思うか」の質問に対して、もっとも多かったのは「収入が安定している仕事」の60.9%でした。
これは近年の非正規雇用者の増大も原因ではないでしょうか。現在の日本は正社員になりたいけどなれない「不本意 非正規雇用者」が300万人を超えています。雇用の安定は欧米諸国の例を見るまでも無く、社会が安定するための大きな要素です。非正規雇用者の増大によって、特に若手層を中心に給与が安定している正規雇用の仕事を希望する人が多いことがわかります。収入の不安定な人が増え続けると、晩婚化や未婚による少子化、住宅や車などの購入控えによる消費減退、そして不安に覆われている人が多い不健全な社会になってしまいます。

次いで多かったのは「自分にとって楽しい仕事」で57.6%と1位と僅差になっています。 これは「やりがいのある仕事」に置きかえることもできるのではないでしょうか。仕事を通して得られる充実した人間関係や自分の仕事が人の役に立つことを求めている結果といえるでしょう。

「どのような仕事が理想的だと思うか」調査結果

どのような仕事が理想的だと思うか
  回答 割合
1位 収入が安定している仕事 60.9%
2位 自分にとって楽しい仕事 57.6%
3位 自分の専門知識や能力がいかせる仕事 39.4%
4位 健康を損なう心配がない仕事 32%
5位 世の中のためになる仕事 28.7%
6位 失業の心配がない仕事 26.8%
7位 高い収入が得られる仕事 17.1%
8位 わからない 2.1%
9位 その他 0.1%

3番目には「自分の専門知識や能力がいかせる仕事」が39.4%で選ばれました。人間には得手不得手があります。自分の苦手な仕事よりも得意分野の仕事に就きたい欲求は自然なことだと思います。「自分にとって楽しい仕事」に共通することでもありますが、人間は、世の中の役に立ったり、お客に喜ばれたりすることで、仕事上での自分の存在価値を実感でき、そのことが前向きな行動や思考につながります。

4番目には「健康を損なう心配がない仕事」で32%でした。 「日本の長時間労働はなぜ改善されないのか?その理由を考える」でも解説しましたが、働く人を心身ともに不健全な状態にしてしまう長時間労働の改善は喫緊の課題です。健康を損なってしまう当人はもちろん、会社としても長時間労働によって得られる利益よりも、社員が身体を壊してしまうことのケアや対応の方が不利益になってしまうはずです。

以降は、「世の中のためになる仕事」「失業の心配がない仕事」「高い収入が得られる仕事」「わからない」「その他」と続いていきます。

男女による理想の仕事の考え方の違い

それでは回答を男女別に出してみるとどうなのでしょうか。
下記のデータと平均値を比較すると、女性はどちらかといえば「収入が安定している仕事」「自分にとって楽しい仕事」「健康を損なう心配がない仕事」を求める傾向があることがわかります。
一方の男性は「自分の専門知識や能力がいかせる仕事」「世の中のためになる仕事」「失業の心配がない仕事」「高い収入が得られる仕事」を求める傾向があります。
とはいっても、男女とも「安定」と「やりがい」が重要なキーワードであることがわかります。

男女別の回答 比較
回答 男性 女性
収入が安定している仕事 59.4% 62.4%
自分にとって楽しい仕事 53.5% 61.4%
自分の専門知識や能力がいかせる仕事 40.8% 38.1%
健康を損なう心配がない仕事 28.7% 35%
世の中のためになる仕事 31.3% 26.2%
失業の心配がない仕事 28.3% 25.5%
高い収入が得られる仕事 21.2% 13.4%
わからない 1.6% 2.6%
その他 0.1% 0.1%

20年前の理想の仕事を比べてみると

最後に、時系列で1997年と2016年の違いを棒グラフで比べてみましょう。
時系列で1997年と2016年の違い
データを見ると基本的に20年を経ても私たちが考える理想の仕事の順位は変わっていないのですが、「自分にとって楽しい仕事」と「世の中のためになる仕事」が大きく伸びていることがわかります。この2つは、一つは自分のこと、もう一つは社会のことです。つまり自分の楽しさを追い掛けながらも、社会のためになる仕事をしたいという、相反する2点が共存していることに興味を覚えます。

転職グッド編集部では、定期的にこれらの世論調査や転職に関する意識・実態調査を取り上げて解説していきます。次回も楽しみにお待ち下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞn

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール