「不動産業界」の良い点・良くない点(その2)- 働いている人に聞いてみました!

「不動産業界」の良い点・良くない点 (その2) - 働いている人に聞いてみました!

「不動産業界」に転職を考えている方へ。土地や建物を扱う不動産業は、一般的な戸建てはもちろん、店舗やオフィス、大型商業施設の開発まで私たちの生活に深く関わっている仕事です。総務省の日本標準産業分類によると、不動産業は、土地や建物の売買や仲介をおこなう「不動産取引業」と賃貸が中心の「不動産賃貸業・管理業」の2つに分かれています。

今回は「不動産業界」で働いている人(働いていた人)に、業界の良い点と良くないと思う点をアンケートで答えていただきました。前回の「不動産その1」に続く第2弾です。ぜひ転職の参考にしてください。

「不動産業界」の良い点・良くないと思う点

※このアンケート結果は随時、増えていきます。また「自分も投稿したい!」という方は、ページ下の青色ボタンから送信してください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

不動産業界の良い点

不動産イラスト最大の利点は「街」「路線」「不動産」に詳しくなります。この知識は、他業種への転職や、プライベートで投資やマイホーム購入、賃貸物件経営をする際など、様々な場面で役立つ無駄にならない知識です。
また不動産取引には多くの契約書、文書、法律、資金の動き等が関わるため、経験がない場合は多くの勉強が必要です。仕事内容により資格取得が必要になる場合もあるので、自身のスキルとして身に付くものは多いと思います。

不動産業界の良くないと思う点

勤める会社や担当する分野にもよりますが、やはり古い業界であるため社内・社外交渉とも昔ながらの古い体質が残りがちな業界です。具体的には、接待や付き合いを重んじ金銭によるやり取りが多かったり、業界全体が体育会体質というか上下関係に厳しいです。若いうちは残業や休日出勤が多い業界です。

またどうしても一般の方よりも業者の方が知識も金銭面も力があるため、いまだに取引の際に一般の方が不利になることが多くなってしまう業界です(一般の方が具体的に気付くことはないと思いますが)。そこをビジネスと割り切れない人は精神的に負担になると思います。
(女性 30歳 東京都 主婦・元不動産業)

不動産イラスト

不動産業界の良い点

土地建物の売買は、お客様にとって大きな買い物になります。
安心感を与えられる人、一生懸命にやってくれる人、頼りになる人、またそれを演じられる人が、この業界に向いていると思います。(自分が買うとしたら、どんな人から買いたいか想像すればわかると思います)
お客様の潜在するニーズを読み取る能力が鍛えられますので、自己の成長や等を感じる事が出来ると思います。
また、良い土地活用提案ができた時は感謝され、大きなやりがいを感じることが出来ます。

不動産業界の良くないと思う点

顧客にとって安くない買い物です。気分のムラや忙しさを態度に出すとクレームが生じます。
また知らなかったでは済まされない大きな責任を伴う為、事前の資料整理等で勤務時間が長くなる事もあります。どんな精神状態でも、お客様の前では役者になれる自信がある方でないとこの業界はお勧めできません。
(男性 31歳 新潟県 サービス業)

不動産業界の良い点

不動産イラスト不動産業の良い点はいろんなお客様と出会えること、町に詳しくなれることです。おすすめ出来る点は知り合ったお客様と長くお付き合いできる可能性があることです。
実際、独身時代に担当させていただいたお客様がご結婚される際の新居を担当させて頂いたり、開業の際に担当させていただいたお客様の2号店を担当させて頂いたりと良い人間関係に恵まれることがあります。地元に根付いて仕事をしたい人に向いています。

不動産業界の良くないと思う点

良くない点は、昔ながらの業界の体質が良くも悪くも残っていることです。手数料(バックマージンなど)を要求されたりすることがないとはいえません。
また会社によって異なると思いますが、営業成績が個人達成だけでなくチームでも達成できないとインセンティブがでない場合とか様々な縛りがあることです。
基本給が安く設定されていることも多く、実力主義といえば聞こえはいいですが、かなり厳しいことが多いです。
(女性 51歳 大阪府 私服保安員)

不動産業界の良い点

不動産不動産業界は高学歴である必要は無く、宅地建物取引士の資格さえあれば仕事はやっていけます。働く場所も大手不動産会社から地元の不動産業者まで数多くあり、転職もしやすい業界です。特に魅力なのが独立しやすいことです。最低限の資本金で、賃貸や売買を取り扱う不動産会社を持つことができます。自分のお客を持っている人、業界間のネットワークが広い人は、特に自分で始めることが多いです。

不動産業界の良くないと思う点

不動産業界ではお客や同業者とのトラブルが頻繁に起きます。トラブルを解決するのが仕事と言え、面倒な対人関係が苦手な人には向かない仕事です。不動産取引は民法や宅建業法、都市計画法や建築基準法などに詳しくなければできません。法律が得意でない方や苦手な方には向かない仕事です。
(男性 58歳 宮城県 自営業)

不動産業界の良い点

小さな不動産会社の営業をやっていました。学歴にはあまり左右されず、実力重視な業界なのでやる気さえあれば稼げると思います。また宅建などの資格をとることで仕事の幅が広がり業界内の転職も優位になります。スーツ勤務の職場がほとんどなのでホワイトカラーの仕事に憧れている人にはいいですね。

不動産業界の良くないと思う点

不動産会社営業は、基本的に長時間労働とサービス残業で離職率が高く、体育会系の職場が多いので、向上心、競争心がないと生き残れないです。(自分の会社も周りの会社もそうでした)必ずノルマがありますので、毎月数字との戦いです。
(男性 27歳 兵庫県 貿易業)

不動産業界の良い点

不動産不動産会社といっても、財閥系大手不動産と地域密着の中小不動産ではまったく仕事内容が違います。また販売系と賃貸系でも違います。私が勤めていたのは地方の中小の販売系不動産会社でした。地元の地主さんに顔を売って何かあったときに売却したり、アパートを建てたり、有効的な土地活用のお手伝いをします。いい加減なことをするとすぐに広まってしまうので、いつもていねいな仕事が求められます。仲良くなると自分の子どものように可愛がってくれるお客様もいます。不動産は売る人と買う人がいて成り立つ仕事なので、同業者間のネットワークもとても大事でした。

不動産業界の良くないと思う点

メーカーと違って、新たに自社製品を企画して作って売るということではなく、すでにある誰かの土地をどう活用するか、誰に売るかという仕事ですので、創造的な面白味はないと思います。一番大事なのは地主さんをどれだけ知っているかという事ですので、人間関係が苦手な人は不向きです。(賃貸系は反対にお客との関係は軽いです)
(男性 35歳 千葉県 不動産業)

面接の前に無料の「特性診断テスト」をおこないましょう

545転職活動の前に無料の「特性診断テスト」をどうぞ。これまでに40万人以上が受けた診断テストで、たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の特性を客観的に把握した上で面接に挑みましょう。
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「情報通信業界」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  2. 「飲食サービス業界」の良い点・良くない点 (その2) - 働いている人に聞いてみました!
  3. 「小売業界(アパレル)」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  4. 「不動産賃貸業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  5. 「学習塾」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイスについて[業界研究]
  6. 「食料品製造業」はどんな仕事?概要と特徴について

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール