「不動産賃貸業界」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]

「不動産賃貸業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]

私たちが家を建てる時に大きく関係してくる不動産。ひとくちに不動産業界といっても、総務省の日本標準産業分類では、土地の売買や交換をおこなう「不動産取引業」とアパートやマンションなどの集合住宅やビルを所有して企業や個人に貸し出す「不動産賃貸業」に分かれています。

ここでは一般住居向けマンションやアパートなどの賃貸を行う業界について説明していきます。

「不動産賃貸業」の特徴

 「不動産賃貸業」とは、賃貸向けの不動産物件に対し、借り手となるユーザーと契約を行って物件を貸与する、また貸し手となるオーナーと契約を行って物件の宣伝活動を行う業種を指します。貸し手となるオーナーが直接、賃貸業として宣伝や契約を行う場合もありますが、多くの場合は仲介業者が貸し手と借り手の間に入って宣伝や契約業務を行います。
 賃貸向け不動産の仲介業者は、全国規模の大手企業から地域で活動する中小企業まで様々あります。また賃貸向け不動産物件には事業所や商業施設も含まれますが、ここでは一般住居向けマンションやアパートなどの賃貸を行う業界について説明していきます。

 賃貸不動産の仲介業者では、有名なアパマンショップやエイブル、at homeなどの他、物件の建築と宣伝、契約までを受け持つ大東建託や東建コーポレーション、貸与期間に特徴を持たせたレオパレス21といった大手企業が代表格となります。
こういった大手企業を始め、賃貸不動産の仲介業で働く営業職は20代の若い世代が中心となって活躍しています。基本的に実務経験や業界知識は不問ですが勤務時間が長いなど体力を使うため、離職率の高い業界となっています。大東建託や東建コープレーションのように物件の建築までを担う企業では、より高度な営業スキルも求められる傾向にあるため40代以上の転職実績も多くみられます。

「不動産賃貸業」の現況

 賃貸不動産の仲介営業職は、一般的なものでも顧客の対応に多くの時間や手間を要する仕事です。顧客にとってはある程度の期間を住居として過ごすことになるため、当然に様々な条件が発生します。物件の家賃、広さや間取り、デザインや設備面だけではなく、住居として希望する地域や交通アクセス、生活環境としての利便性などポイントは多岐に渡ります。これらの条件をまとめ、必要に応じて妥協点などを共有した上で、希望にかなう物件を紹介、下見の付き添いも行います。
そして無事に契約が成立した場合は、申込書に必要事項を記入して頂き受理、賃貸契約書の作成と署名・捺印の依頼、必要な料金の支払に関する手配、物件利用に関する必要事項の説明、物件の鍵の預託と進んでいきます。また契約が成立しなかった場合は、他社よりも先に希望物件を紹介するための調査を行っていきます。

 このように、営業職が対応する業務は非常に多く、それぞれが時間を要することもあって仕事が繁雑になりがちです。業界には競合他社がひしめいていますから、各自が1件でも多くの契約を獲得するために忙しく仕事を行っています。
その点から考えると、営業職として一から経験を積んでいきたいと考える方には、行動力や折衝能力、効率性の向上など有意義な面も多いといえます。

「不動産賃貸業」へ転職を考えている人へ

 この職種について、殆どの求人では業界の実務経験を不問としています。ただし、転職希望者であれば何らかの営業経験があれば優遇される傾向はあります。
賃貸不動産業全体においては、顧客は個人である場合と法人である場合がありますが、住居向け賃貸不動産の仲介業では顧客は個人となる割合が高くなります。
顧客の希望を伺い、状況によっては希望を引き出すことで、見合った物件を紹介することから営業活動が始まりますので、個人を対象とした営業の経験があれば役に立つでしょう。
 顧客から収集すべき情報は、先述した通り多岐に渡ります。希望する家賃の範囲、住居の広さや間取り、通勤や通学の経路など、希望条件をしっかり把握することが、最終的に契約を頂くための最も確実な方法です。そのためには、こちらから顧客に住居をイメージしてもらえるようなディテールを喚起する必要が生じる場合もあります。
顧客からの要望がなかったから、といって安易に契約をまとめてしまっては、後で不要なクレームに発展する可能性もあります。

 営業職の業務は顧客対応だけではありません。様々な細かい事務処理や空き物件の情報収集、物件のオーナーとのやり取りなどが発生することもあり、1日の業務時間は長くなりがちです。そのため体力面などで不安が生じて離職する方も多いのが、この業界の特徴にもなっています。
転職後、しばらくの間は要領もつかめず夜遅くまで仕事に忙殺されることもあるかもしれませんが、ルーティンの回数や経験的な側面で効率化が進んでいきますので、まずは必要な知識を早く身につける事と、顧客対応を大切にする事に注力してみましょう。

国家資格の「宅地建物取引士」を取得しよう

「不動産業界」への転職の際に有利なのは、なんといっても国家資格の「宅地建物取引士」です。不動産の売買や賃貸の仲介などに必要な資格で、不動産業者はこの資格者なしでは業務を営むことはできません。宅建業者は、営業所ごとに従業員の5人に1人の割合で「宅地建物取引士」を置くよう義務付けられています。毎年20万人以上が受検する国内でもっとも人気の国家資格なのは、企業からの資格保有者の需要が多いことの裏返しでもあります。ぜひチャレンジしてみましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「飲食業」はどんな仕事?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]
  2. 「旅行業」はどんな仕事なの?旅行業の概要と特徴、転職ポイントを紹介
  3. 「不動産業界」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  4. 「小売業界(スーパーや量販店など)」の良い点・良くない点 - 働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  5. 「石工・れんが・タイル・ブロック工事業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  6. 「建設業界」の良い点・良くない点(その2)- 働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール