子育て中の看護師が働きやすい職場とは? [看護師の転職]

子育て中の看護師が働きやすい職場とは? [看護師の転職]

これから子どもが生まれる看護師や現在子育て中の看護師にとって、勤め先の職場環境の悪さやワークライフバランスがうまく取れないといった理由で、今の生活に不安や不満を抱いている人も多いのではないでしょうか。今回は結婚と出産を経験した看護師にとって働きやすい環境とはどういう職場なのかを考えてみます。看護師業界で働きたい人へ「看護師の転職」コーナーです。

子育て中の看護師が働きやすい環境とは?

子育て中の看護師(ママナースとも呼ばれています)が重要なことは、当然といえば当然ですが、なんといっても子育てに理解のある職場を選ぶことです。子育てに理想的な職場と聞くと、施設勤務やクリニック勤務、病棟勤務の場合は、亜急性や回復期、療養型やリハビリといった病棟をイメージする人も多いでしょうが、そうとも限らないのです。

残業がなく定時で帰社できる、休日をしっかり取れる、といったポイントだけでは子育て中の看護師が働きやすい環境とは言えません。子どもがいる家庭がもっとも慌てること、それは急な早退や欠勤をする可能性が高いということです。特に2人、3人いると壮絶なのです。

子育て中の看護師が働きやすい職場とは? [看護師の転職]子どもは急に熱を出したり、怪我をしたりすることはザラです。保育園は子どもの熱が一定の高さを超えると、預かることができませんから、すぐに母親の携帯に迎えに来るように連絡が来ます。またノロウイルスなどの感染症に罹患した場合、長い時で10日前後は休まなければならない事もあります。そのほかにも参観日や運動会、遊戯会、発表会などの行事が多いときで月に2~3回はあるのです。

このような急な欠勤や早退をしても、嫌な顔をしないスタッフや上司がいる環境こそが子育て中の看護師にとって働きやすい環境と言えるのです。もちろん突発的な休み=代わりの誰かがシフトを調整してもらわなければいけませんので、常に感謝の気持ちが必要です。でも職場におおぜいの子育て中の看護師がいると「おたがいさま」という雰囲気が醸成されますし、仮にいなくても過去に多くの看護師がそうであれば、職場としても「そういうものだ」といった感じで慣れていますので、母親看護師としても大きなプレッシャーやストレスにならないのです。

子どものいる看護師が働きやすい職場を見分ける方法

子育て中の看護師が働きやすい職場とは? [看護師の転職]子どものいる看護師にとって、転職先の施設が本当に働きやすいかどうかは、転職サイトやハローワークの求人票からはなかなかわかるものではありません。
いちど転職を決めてしまうと、思っていた雰囲気と違ったからといって、簡単にやり直せるものではありませんので、やはり事前にキチッと調べる、確かめることが重要になってきます。

もっとも大事なのは診療科や残業の有無だけで選ぶのではなく、自分以外にも子育て中の看護師(ママナース)が所属しているのかどうかです。
まず院内に入ったらしっかりとまわりを見渡して、いかにも子育て中の看護師さんが何人くらいいるのかをチェックしましょう。また面接の場で採用担当者に必ず聞くようにしましょう。
「現在、何歳の子どもがいて、急な発熱や怪我で早退したり、休まざるをえないことが、月に1回、2回あるのですが、大丈夫でしょうか?また職場には同じ子育て中のナースさんはいらっしゃいますでしょうか?」と、単刀直入に聞けばいいでしょう。(その時に回答を濁されたり、急に休むことに少し躊躇したように感じ取れたら、心の中でマイナス5ポイントを付けて、他の職場も探すようにしましょう)

次に大事なのは(特にあなたが女性の場合)、出産や育児に対する制度が整っている職場かどうかです。手当や昇給などの賃金制度、勤務時間の配慮は休暇、早退などの勤務時間制などです。制度は実際に利用できてこそ価値があるものなので、取得率や消化率などがわかるようであれば確認するようにしましょう。ただこのような制度を設けている施設は、往々にして子どもがいる従業員のことを真摯に考えているケースが多いものです。あまり取得率の高い低いだけに注視しないようにしましょう。

現在の職場が辛かったら

皆さんの働いてる環境は子育てに理解のある職場と言えますか?定時で帰れるだけではなく、急な欠勤や早退に対しても嫌な顔をせずに、笑顔で対応し、お互いを支えあって看護を行うことができていますか?残業もなく定時で帰れたとしても、嫌味をいわれたり、陰口を言われるような職場であるのなら、我慢せずに転職することをお勧めします。

子どもの病気は、親がいくら気をつけていても罹患しますし、そもそも子ども自身も罹りたくて罹っているわけではありません。急な発熱にイライラしてしまっては子どもが可哀想です。子供の成長過程で必要なものを、非難されてしまったら、とても辛くて働きにくいですよね。でもそのような子育てに不向きな職場だけではなく、ママナースに理解のある職場もたくさんあります。自分に合った職場を選ぶことが大切なのです。後悔しない転職を祈っております。
その他にも「看護師業界で働きたい人へ」ページに多数掲載しています。ご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 看護師に転職-仕事内容や平均年収・給与、向いている人を解説
  2. 「クリーニング・理容・美容・浴場・エステ業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  3. 「林業」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職アドバイス [業界研究]
  4. 看護師の転職ならこんな勤務先がおすすめ。看護資格を生かして病院以外の職場も
  5. 「飲食サービス業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  6. 「予備校業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール