運搬・清掃・包装職に転職-仕事内容や平均年収・給与、向いている人を解説

運搬・清掃・包装職に転職-仕事内容や平均年収・給与、向いている人を解説

「運搬・清掃・包装職」は、荷物の配達や倉庫作業、ビルや住宅の清掃、工場での軽作業など仕事内容は多岐に渡ります。男女の割合はほぼ同数で正社員などの正規雇用よりもパートアルバイト人材派遣などの非正規雇用の方が多い職業です。今回は「運搬・清掃・包装職に転職を考えている人向けに、仕事内容、平均年収・給与、この仕事に向いている人、向いていない人について解説いたします。ぜひ転職活動の参考にしてください。

「運搬・清掃・包装職」とは

郵便・電報外務員、船内・沿岸荷役、陸上荷役・運搬、倉庫作業、配達員、荷造などの「運搬従事者」、ビル・建物清掃、ハウスクリーニング、道路・公園清掃員、ごみ・し尿処理、産業廃棄物処理などの「清掃従事者」、ラベルやシールなどの「包装作業」、各種選別作業、公園・ゴルフ場・競技場整備などの「その他の運搬・清掃・包装等従事者」に分類されます。
ご覧のように職種は多岐に渡っており、大きくは荷物を運ぶ「運搬職」と軽作業が中心の「清掃職」に分かれます。

中分類 小分類
運搬職 郵便集配員、電報配達員、 港湾荷役作業員、引越作業員、倉庫作業員、荷物配達員、ルート集配員、新聞配達員
清掃職 ビル・建物清掃、ハウスクリーニング、道路・公園清掃、み収集・し尿汲取作業、産業廃棄物収集、消毒・害虫防除、浄化槽清掃など
包装職 製品包装作業、ラベル・シール貼付作業など
その他の運搬・清掃・包装等職 商品仕分けなど選別作業員、工場労務作業、工場労務員、病院用務員などの軽作業員、公園・ゴルフ場・競技場整備

「運搬・清掃・包装職」で働く人は全体の6.4%

「運搬・清掃・包装職」を仕事としている人はどれくらいいるのでしょうか。
「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)によると、「運搬・清掃・包装職」に従事している人は、全国で約410万人となっており、男女の割合では男性が約213万人、女性が197万人となっています。全体ではおおよそ男女半々で、「運搬職」は男性の方が多く、「清掃・包装職」は女性の方が多くなっています。

この数字はすべての職種職業の中では、「事務職」の約1,240万人、2番目の「専門的・技術的職」、3番目の「生産工程職」、4番目の「販売職・営業職」、5番目の「サービス職」につづいて6番目となっており、全職業の割合では6.4%を占めています。

また特徴として、正規雇用(正社員)よりも、パートアルバイトなどの非正規雇用の方が多い職業で、特に女性は大半がパートなで占められています。軽作業が中心であること、単発の仕事も多いこと、人材派遣職が多いことなどが理由だと思われます。

運搬・清掃・包装職で働く男女比

「運搬・清掃・包装職」で働く人
運搬・清掃・包装職」に従事している人は、全国で約410万人。男女の割合では男性が約213万人、女性が197万人。全体ではおおよそ男女半々で、「運搬職」は男性の方が多く、「清掃・包装職」は女性の方が多い。

   男性 女性 合計
運搬・清掃・包装職で働く人 約213万人 約197万人 約410万人

「運搬・清掃・包装職」の平均年収・給与

それでは次に「運搬・清掃・包装職」の平均給与、平均年収をみてみましょう。
「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)をもとにみると、以下の通りになっています。

男性の場合の平均年収・給与

男性の場合 年齢 月額賃金、手当含む 年間賞与
その他特別給与額
港湾荷役作業員 39.9 37.3万円 86.3万円
ビル清掃員 52.3 19.7万円 14.9万円
用務員 55.7 19.9万円 28.7万円

女性の場合の平均年収・給与

女性の場合

年齢 月額賃金、手当含む 年間賞与
その他特別給与額
港湾荷役作業員 40.0 37.7万円 87.6万円
ビル清掃員 49.0 22.2万円 18.8万円
用務員 56.4 21.2万円 29.7万円

※データは「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)をもとに作成
※企業規模計(10人以上)

「業界別の平均年収」「年齢別・男女別の平均年収」も合わせて参考にして下さい。自分の立ち位置がおおよそ理解出来ると思います。

「運搬・清掃・包装職」に向いている人、向いてない人

では「運搬・清掃・包装職」はどのような人が向いているのでしょうか。実際に運搬・清掃・包装職などで働いている人に「求められる資質、向いている人、向いてないと思う人」を尋ねてみました。

清掃職に求められるもの、向いている人は、
清掃職引越し後のクリーニングとか、ビル管理での清掃とか、ホテルの清掃などの清掃職は、真面目さ、勤勉さがとても大切です。
例えば何人かのチームで清掃をするとしても、部分部分は個人で清掃しなければいけませんが、その中で、人の目が無いところでも、手を抜かずに、責任感とまじめさと自己管理によって、しっかりと清掃をこなす必要があります。
一人でもしっかりと仕事が出来る人、人の目がなくても、まじめに仕事が出来る人がいいと思います。
清掃は地味な仕事ですが、汚かったところを綺麗にしていくという点は、やりがいのある仕事で、人を喜ばせることが出来る仕事です。目に見えないけれどきちんと意味があるということを理解できる人が向いています。

清掃職に向いていない人は、
学生ノリで、みんなでわいわい仕事をしたい人、こういう人は清掃業には向きません。
清掃業は一人でまじめに仕事をする機会が多いからです。
そして、「褒められて伸びるタイプ」とか言う人も、向かない仕事です。
この仕事で褒められることはほとんどありません。地味な仕事だからです。
自分で掃除する箇所を見極め、掃除の方法や薬品を見出し、先輩の良い方法を真似て、だんだんスピードアップさせながら、綺麗にする力を磨いていく。こつこつ一人でトライしていくものです。
誰も褒めてはくれません。ただ、出来上がった掃除後の綺麗さを見て、自分で自分を褒めるだけです。それで満足が出来ない人は清掃業には向かない人なのです。
(宮城県 女性 39歳)

ルート集配職に求められるもの、向いている人は、
ルート集配職自販機へ飲料を詰めるルート配送の仕事です。体力があることが絶対条件となります。重い物を何度も運ばなければなりませんし、翌日の仕事のために、たくさんの荷物を積み込まなければならないのです。とにかく、よく動いて社交的な人が向いています。よく動くのは、前述したように、重い物を何度も運ばなければならないからです。社交的な人というのは、得意先とコミュニケーションをとらなければならないですし、新規開拓のための営業をしなければならないからです。あと、お金を稼ぐことが好きな人です。自社の商品を売れば売るほど、たくさんの給料をもらうことができるからです。(その点は歩合給であることが多いです)

ルート集配職に向いてないと思う人は
自販機へ飲料を詰める仕事なので、1日仕事をすると、かなり体力を消耗します。特に夏の暑い時期は消耗が激しく、汗で服がびっしょり、乾いて濡れて、夕方には塩を吹いてきますので、見た目や衛星面が気になる人は不向きです。
また得意先を回って、新しいジュースを紹介したり、試供品を配ったり、いろいろ営業することもありますので、爽やかな感じの人じゃ無いと受けが悪いです。職場は男性ばかりで、20代や30代の若い人向けの仕事です。40代以上でも活躍している人もいますが、よほど体力がある人です。
(愛知県 男性 34歳)

最後に 「運搬・清掃・包装職」に転職を考えている方へ

今夏の「運搬・清掃・包装職」の求人倍率を見ると約1.5倍となっています。他の職業に比べると高い数字ではなく、求職者有利というわけでもありません(あくまでも業種全体の話しです)。これは求人数も多いけれど、「運搬・清掃・包装職」で働きたい人も多いことを意味しています。

ただし、さらに分類を詳しくみていくと、状況が変わってきます。たとえば「運搬職」の求人倍率は4倍以上、「清掃職」は6倍以上となっており、求職者1人に対して求人案件が4件、6件も来ています。人手不足を象徴する数字です。
では、これほど高倍率なのに、職業全体でみるとなぜ約1.5倍になってしまうのかというと、「その他の運搬・清掃・包装等」の倍率が約0.5倍と低いからです。この職業だけは2人に1人しか仕事に就くことができていません。

職業分類を思い出してみると、「その他の運搬・清掃・包装等」とは、商品仕分けなど選別作業員、工場労務作業、工場労務員、病院用務員などの軽作業員、公園・ゴルフ場・競技場整備など、いわゆる軽作業が中心の仕事です。いずれも就労年齢が比較的高めの業種であることから、恐らく壮年から高齢者(40代以降)や病気明けでまだバリバリ身体を動かすことのできない仕事が出来ない人などが、苦戦していることが想像できます。

アドバイスとしては、ハローワークなどでこの職業(その他の運搬・清掃・包装等)に絞って探すのではなく、「生産工程職」の機械組立職や機械整備・修理職の軽作業のもの、「サービス職」の居住施設・ビル等管理職などにも広げてみるといいでしょう。企業側は、どの職種に求人を出すのか深く考えていないケースや、仕事内容が幅広く分類しずらく他の職種に入っているケースもあるからです。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

面接前にあなたの性格や想定年収を診断しておきましょう

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール