転職で注意すべきこと- 転職はとにかく慎重に行動する、隣の芝生が青く見えているだけ、など4件

[転職で注意すべきこと] 転職はとにかく慎重に行動を、隣の芝生が青く見えているだけかも

「転職で注意すべきこと、気をつけること」を紹介するコーナーです。今回は「転職はとにかく慎重に行動をしよう」「隣の芝生が青く見えているだけかも」「うやむやにならないためにきちんと「退職届」を提出して」「まったく違う職種に転職する場合と同じような職種に転職する場合の違い」について紹介いたします。
転職とはついつい勢いで進めがちですが、いちど立ち止まって、冷静になって、間違いを犯しやすい点を再確認してみましょう。失敗した人の事例を学び、轍を踏まないようにするのはとても大事なことです。

転職はとにかく慎重に行動を-一生に何回もやるものではないから

転職で注意すべきこととにかく慎重に行動することをオススメします。
転職を悔やんでしまっている私としては、何故もっときちんと会社を調べてから行動しなかったのかと後悔しています。
ささいな事が嫌で転職を考えている方は、一度冷静になって、問題を解決する方法がないのか、あるのだとしたら転職活動にかける時間や給与面、人的面のリスクと比較して、妥当なものなのかどうかを考えるべきです。円満に退職出来る場合でも、慎重に出来るだけ長く考えてから転職するべきだと思います。

【転職グッド編集部コメント】
旅行や外食なら失敗してしまってもまた行けばいいだけのことで取り返しがつきますが、転職は一生に何十回もするものではないため、失敗をしてしまうと、時間的にも精神的にも大きなダメージを受けます。だから事前にしっかり調査をして、不明点は面接で確認することが大事なのです。そこまでやっても入社後にいろいろと出てくるものです。

私は隣の芝生が青く見えていただけだった・・・

転職で注意すべきこと上記に付随してですが、給料が不満で転職をしようとしている場合は、新しい会社でも額面の固定給以外の、営業手当、扶養手当、資格手当のほか交通費も上限無しで1ヶ月分出るのかなど、トータルで含めて考えた方がいいでしょう。数字の調整で給与を高く見せているケースもあります。

もし人間関係が嫌で転職をする場合は一度、苦手だと思う人と円満な関係を築くことができないか、修復できないかをトライしてみてからでも遅くないでしょう。もしそれでも好転しないようならいよいよ考えるべきだと思います。
ちなみに私は仕事内容がとてもつまらなく感じて、この仕事はこれからの人生、自分のスキルアップの為になるのかと考え込むようになり、転職をしました。でも結果的にはとなりの芝が青く見えただけの事で、転職はイマイチ意味の無いものでした。すこし無念です。
これから転職を考えている人は、自分がなぜ転職をしたいのか、本当に転職したいのか、現実逃避ではないのかを明確に見据えて行動しましょう。
(神奈川県 男性 23歳 調理師)

【転職グッド編集部コメント】
採用側の企業はあなたが「なぜ前の会社を退職したのか、そしてウチの会社に応募してきた動機は何なのか?」を詳しく知ろうとします。
単なる現実逃避タイプの人ではなく、仕事に対するしっかりとした考えを持っている人を採用したいからです。
採用活動をおこなっている企業に「若手の正社員の採用選考にあたり重視した点は何ですか?」と尋ねたところ、もっとも多かった回答が「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」との結果も出ています。自分の退職理由を周りの人に相談した時に「そのような理由なら確かに転職した方がいいね」と言われるものなのかどうかを考えてみましょう。

うやむやにならないためにきちんと「退職届」を提出して

転職の際、辞めるタイミングというのは誰もが悩むところだと思います。
辞めようとしたけれど、「人が足りないから」と説得されて踏みとどまっている人や、「またあとで話しましょう」と先延ばしにされている人も多いのではないでしょうか。
上司に口頭でお話をしようとしてもはぐらかされてしまう人は、きちんと退職届けを提出しましょう。退職届けは出された以上、会社としては受け取らなくてはなりません。

本当に辞めたいという気持ちがあるのならタイミングを逃さず書面で意思を表示することが大切です。

【転職グッド編集部コメント】
転職のタイミングは本当に難しいものです。退職にあたって道義をはずれるようなことをしてはいけませんが、自分の人生は最終的には自分が決めるもので、他人に責任が取れるわけではありません。大切に思ってくれている事、引き留めてくれる事は、とても嬉しい事ですが、一時の感情に流されず、しっかりと自分の道を歩むようにしましょう。「退職のマナーについて 退職するならここに注意!」では、退職のスケジュールから挨拶、引継ぎまでのまとめていますのでご覧下さい。

まったく違う職種に転職する場合と同じような職種に転職する場合の違い

転職で注意すべきことまったく違う職種に転職する場合と、同じような職種に転職する場合の違いについてです。転職は年齢に有利に働くことと、不利に働くことがあるので、よく考えて転職先を考えましょう。

まったく違う仕事に就こうとしている場合は、年齢はなるべく若い方が有利になります。これは新しい仕事を覚えてもらう上で若い方が教えやすい、これからの伸びしろに期待できる、前職の変なクセがついていない、などの利点があるからです。

一方、同じような職種に就こうとしている場合は、年齢はある程度いっていても前の会社で培った経験が有利に働きます。実際、私はDTPデザインの仕事でしたが、スキルが認められて、無事に転職できました。
今の職種を転職しても続けたい場合はこの選択肢が有利だと感じます。
(茨城県 女性 35歳 DTPデザイナー)

【転職グッド編集部コメント】
これは本当にその通りです。採用する側も技術分野であれば、年齢よりも技術を身に付けているかに着目します。未経験分野であれば、これから自社で育てていく必要があるため、なるべく若い人間の方が採用しやすくなります。一般的に30代になってから未経験の分野への転職は難しいと言われています。
またあなたの年代によっても求められている役割は変わってきます。こちらの20~50代の年代別に解説した「企業が求めている人材とは?」もご覧下さい。

この「転職で注意すべきこと、気をつけること」を紹介するコーナーは、この後の第2弾ページに続いていきます。次回も楽しみにお待ち下さい。こちらのページに新着を掲載いたします。

また読者の方に「良かったと思ったこと」と「悪かったと思ったこと」を読者に聞いたコーナーも人生いろいろでユニークです。あわせてぜひご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 転職は新しい可能性を広げる機会である
  2. 転職の注意点- 今の仕事からの現実逃避になっていないか考えて、など4件
  3. 転職で注意すべきこと- できるだけ空白期間(ブランク)を作らない事など3件
  4. 転職で気を付けること- 面接でアピールのし過ぎは逆効果、など4件
  5. 転職活動で気を付けること- 内定をもらってもすぐに入社を決めないこと
  6. 転職の注意点- 中途面接では自信を持って年齢相応の話し方で、など5件

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール