「食品メーカー」に転職をしよう!食料品製造業界の概要と特徴、転職アドバイスについて

「食料品製造業」はどんな仕事?概要と特徴について

「食料品製造業」はどんな仕事?概要と特徴について

私たちがふだんスーパーやコンビニエンスストアで購入している食料品は、全国に何千、何万とある「食品メーカー」がしのぎを削って納入しています。厳しい競争のなかで切磋琢磨された日本の食料品は、特に品質や安全面での評価が高く、需要は世界各国へ広がりつつあります。一方、定期的に発覚する食品偽装や異物混入などの事件は私たちの口に直接入るものだけに敏感にならざるを得ません。近年では消費者の安全意識も高まっており、食品メーカーはいっそうの品質管理と流通管理が求められています。このページでは、「食品メーカー」の概要と特徴、近年の動向、転職者向けのアドバイスをまとめてあります。

「食料品製造業」の概要と特徴

食品は私たちが生きていく上で欠かせないものであり、この業界がなくなることはないという安心感・安定感から常に人気の職種です。
食料品製造の種類は非常に多く、おおまかに分けても畜産・水産食料品、野菜や果実の缶詰、農産保存食料品、調味料や精穀、製粉、パン、菓子、めん類、冷凍調理食品、惣菜などの製造と幅広いのが特徴です。ちなみに清涼飲料や酒類、茶などは「飲料・たばこ・飼料製造業」に区別されます。各地域の特産品、伝統的調理技術が脈々と受け継がれている現場も多く、そうした固有の食文化に興味がある人にとっては収入を得ることとは別のやりがいを見い出せる可能性もあります。
売上高の大きい企業としては、日本ハムや明治ホールディングス、味の素、山崎製パン、マルハニチロ、日本水産、森永乳業、キユーピー、雪印メグミルク、ニチレイ、日清製粉などが挙げられます。

「食料品製造業」の現況

農林水産省の市場経済動向の報告によると、食品製造業の製造品出荷額等は、平成25年が29兆2千億円で、対前年比2.0 %とわずかに増加、東日本大震災の影響が大きい平成23年以降は徐々に回復しています。
日本人の生活スタイルの変化を映し出すかのように、ここ10 年間の家計支出では生鮮品が年々低下し、外食がほぼ横ばいとなっていますが、加工食品と調理食品については上昇傾向にあります。この先の超高齢化時代を考えても、食の外部化がさらに進むことは容易に想像でき、食料品製造業界の可能性はまだまだ広がりそう。ちなみに加工食品のうちでは、水産食料品、調理食品、食用油・同加工品、菓子等が伸びてきています。

一方で、食品偽装や異物混入などの問題で消費者の安全・安心意識は高くなっており、一度大きな事件を起こしてしまうと、企業としての存亡も危うくなるリスクを抱えています。

給与面はというと、この業界の月平均現金給与額は27万6736円(平成25年 厚生労働省「産業、事業所規模、性、給与内訳別1人平均月間現金給与額」より)。決して高い数字ではありませんが、普遍的に需要のある安定した業界であることを考えれば、転職先として一考の価値はあるでしょう。
労働時間については9時~17時までの定時勤務から、24時間3交代体制の工場など形態はさまざま。扱う食品によっては早朝のみ勤務などのケースもあり、自分のライフスタイルや体力と相談して決めるようにしたいところです。

「食料品製造業」に転職を考えている人へ

上述の通り、これからの「食料品製造業」はいかに安心・安全で品質の高く、値頃感のあるものを消費者に届けられるかにかかっています。国際的な食品衛生管理制度「HACCP(ハサップ)」や品質管理の「ISO 9000シリーズ」取得など、衛生管理や品質管理に前向きに取り組んでいる企業かどうかは、転職する上で重要なポイントの一つになるでしょう。また生産から加工、出荷、回収のPDCAサイクルを通して「ISO 14000」に代表される環境マネジメントもしっかりおこなっているかどうかも留意すべき点です。
転職活動の面接では清潔感も重要です。食の安全・衛生に対してはどの企業も細心の注意を払っていることから、その点で不安に思われないよう服装や身だしなみを整えるのは最低条件となります。また、たとえ工場ラインでの作業であってもコミュニケーション力は必須。「人の目で見て、食品の状態などを報告しあう職場環境でないとおいしいものは作れない」という現場責任者の声も是非参考にしましょう。衛生面へのきめ細やかな配慮ができる主婦(夫)経験者や、おいしいものが大好きという活気あふれる意慾的な人には特に向いている業界といえるでしょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「建設業界」の良い点・良くないと思う点を働いている人に聞きました!(転職の参考にどうぞ)
  2. 「卸売業」はどんな仕事?概要と特徴について[業界研究]
  3. 「小売業界(アパレル)」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  4. 「情報サービス業」はどんな仕事?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  5. 「損害保険業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]
  6. 「コールセンター業界」の話 - 転職希望者への具体的なアドバイス

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール