[私の転職理由] ネット広告の営業職から、なぜかパン屋さんに転職(福岡県・女性29歳)

[私の転職理由] ネット広告の営業職から、なぜかパン屋さんに転職(福岡県・女性29歳)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は大学新卒で入社したインターネット広告の営業から、一転なぜかパン屋さんの製造に転職した福岡県の女性(29歳)のお話しです。

大学新卒でネット広告の営業職に・・でも想像と違った

大学新卒でネット広告の営業職に・・でも想像と違った前職ではインターネット広告の営業をしていました。大学卒業後初めての就職先だったため、どういった基準で就職先を選んでいいのかが、曖昧なまま就職活動をしてしまい、当時先端だったインターネット関連業であることと、会社の雰囲気が良かったことの2点で入社を決めました。
でも入社して働き出すと、自分が想像していた仕事とは全く違った仕事であることに気づきました。仕事内容はやりがいのある刺激的な内容でしたが、就職する前の「広告」のイメージとは異なりました。広告は「良いものを広める、必要な人に届けるもの」と考えていたのですが、実際はその対象は必ずしも<良いもの>ばかりではありませんでした。

それでも会社を存続させるためには仕方がないことはわかっていましたし、その広告も仕事であることには変わりなかったのですが、心の中でだんだんと苦痛になっていったのです。仕事の方針を私のような新人には変えることができませんでしたし、会社のビジョンと自分の考えが合わないところもありました。

その仕事を生涯続けることは想像できないと思ったのものの、すぐには辞めずに3年間は社会経験と考え直して頑張り、その後思い切って別の職種に転職しました。

周囲にも驚かれながら、パン屋さんの製造に転職

周囲にも驚かれながら、パン屋さんの製造に転職転職をしたのはパン屋さんの製造部門です。全く違う職種だったため周囲には「なぜ?」と驚かれましたが、前職の「広告」とはある意味真逆の仕事で、「自分で良いものを作る」ということに憧れたのです。未経験の仕事だったため、面接ではとにかく熱意を伝えることを粘り強く行い、入社することができました。
私の場合はパン屋なので少し特殊かもしれませんが、採用側が想像する以上の熱意を、具体的な手法で伝えることが重要だと思います。
例えば、その会社に関するレポートをまとめてみたり、新人ならではの新しい目線での提案を行ってみたりなどなど。型にはまった変わり映えのしない履歴書や面接だけでは、他の応募者に埋もれてしまいます。
体力的に大変な仕事ですが、とても日々が充実しています。また、未経験でしたが、その熱意が買われ、今では重要なポジションにつかせてもらっています。転職してよかったと思っています。

「転職グッド」編集部からのコメント

前回の鉄鋼会社の製造部門から、スポーツ用品販売業に転職した兵庫県の方と同じで、新卒で入社した会社のイメージが違ったため退職をしたケースです。
実は近年、「大学新卒者の32.3%が3年以内に退職」というデータが出ていて、社会にとっても本人にとっても大きな損失となっています。本人にとってはキャリア形成やスキル習得の遅れにつながり、企業にとっても採用にかける時間の面でもコストの面での負担のほか、技術やノウハウの途絶を招いてしまうのです。また退職者が減ることは失業給付などの支払いを抑えることもできます。
このほかにも「私の退職理由と転職できた理由」に多数の実例を載せていますのでご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [私の転職理由] 出産を機に毎日終電の職場から住宅営業に転職(女性・静岡県)
  2. [私が転職した理由] 地元での職場を検討し、商工会議所のキャリア採用に(43歳男性・兵庫県)
  3. [私の転職理由] アパレル関連から、いきなりフレンチレストランの調理見習いに転職(男性・東京都)
  4. [介護職に採用された理由] 面接で祖母の介護経験と知識を上手にアピールできた
  5. [私の転職理由] 上司との関係がうまくいかず転職、心労がなくなったのが嬉しい(男性・東京都)
  6. [私の転職理由] 1ヶ月で終わるはずの新人現場研修がいつまでも続き、話しがぜんぜん違う(男性25歳・福岡県)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール