「インターネット附随サービス業」はどんな仕事?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]

「インターネット附随サービス業」はどんな仕事?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]

「インターネット附随サービス業」はどんな仕事?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]

Googleやアップル、ヤフーなど、今をときめく企業がずらりと揃うIT業界(情報通信業)。中でも「インターネット附随サービス業」は、ウェブを通して商品やサービスを提供している企業が多く、GDP成長率や雇用面でも大きく貢献している産業です。ここでは「インターネット附随サービス業」の特徴や近況、転職あたってのポイントをまとめてみました。

「インターネット付随サービス業」の特徴

「インターネット付随サービス業」は、「情報通信業」の中でもいわゆるIT業と呼ばれる業種で、ヤフージャパンなどのポータルサイト運営、GMOインターネット、さくらインターネットなどのレンタルサーバ運営業、GoogleやLINE(ライン)などのウェブ経由でさまざまなサービスを提供するクラウド事業(アプリケーションサービス プロバイダー)、クックパッドなどのウェブ・コンテンツ提供業など、インターネットに関連した業種を指します。

業界としての歴史はまだ浅く、世界で初めての一般ユーザ向けウェブブラウザNetscape Navigator(ネットスケープ ナビゲーター)が登場したのが1994年なので、まだ20年くらいしか経っていませんが、実質GDP成長率への寄与度が高く、平成17年~24年は33.1%、平成24年~25年は15.5%と大幅に成長しています。

産業の位置づけとしては、「情報通信業」 > 「インターネット付随サービス業」となっており、NTTやNTTドコモなどの「通信業」、テレビ、ラジオの「放送業」、「情報サービス業」、「映像・音声・文字情報制作業」などと同じグループに属しています。

成長を続けるスマートフォン関連

現在のホットな話題としては何と言ってもスマートフォン、タブレット関連でしょう。米アップル社のiPhone、Google社のOSアンドロイドをベースとしたスマホ関連サービスが大きく伸びているほか、最近では腕時計など身につけて持ち歩くことができる「ウェアラブルコンピュータ」、家電や住宅機器とインターネットがつながる「IoT(モノのインターネット)」など、パソコンや電話に限らず、私たちの生活全体にインターネットのフィールドが広がりつつあります。

また新規の株式上場が多いのもこの業界の特徴です。今年もスマホ向けゲームアプリサービス、法人向けインターネット広告関連サービス、コンテンツサイト運営、ビッグデータ関連など、インターネットに付随するさまざまな業種が新興市場へ上場しました。この流れは当面続くと思われ、成長が大きく期待される業種といっていいでしょう。

また気になる雇用状況については、平成25年の「情報通信業全体」の年平均従事者数は192万人で、前年と比べると2.5%の増加となっており、 特に「インターネット附随サービス業」は8.5%もの増加となっています。

若い人にはおすすめのIT業界

特に若い人には要チェックの業界です。業界自体が大きく成長しているため、採用活動が活発におこなわれています。職種も管理職や事務職、営業職のほか、WebデザイナーやWebディレクター、プログラマー、ITコンサルタントなどの募集も数多く目にします。
転職をするにあたってのポイントとしては、IT業自体が歴史の浅い業種のため、経営陣の年齢や就業者の平均年齢が若く、オープンな雰囲気の会社が多い、年功序列ではなく実力主義タイプの企業が多い、成長を遂げているためさまざまな仕事を任されるなどのメリットがあります。
反面、その裏返しで、福利厚生や労働条件が確立されていないことが多い、独自色が強く自分に合っていない会社の場合は働きづらいなどのデメリットもあります。自分の性格が、安定志向の会社を求めているのであれば不向きでしょうし、アグレッシブに働きたい人にはぴったりの業界です。
いずれにしても若い人には人気の業種なので、選考も高倍率になることには違いありません。転職サイトのチェックだけではなく、公式ウェブサイトのみの募集のケースもありますので、気になる企業はこまめにチェックしておきましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「建設業界」の良い点・良くない点(その2)- 働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  2. 「予備校業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]
  3. 「鉄道業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  4. 「生命保険業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]
  5. 看護師の面接で聞かれる質問と解説 -その1 [看護師の転職]
  6. 「卸売業界」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール