東京都庁、10月中旬から毎日20時に全庁一斉消灯で全職員退庁へ(長時間労働の是正)

東京都庁、10月中旬から毎日20時に全庁一斉消灯で全職員退庁へ(長時間労働の是正)

東京都庁、10月中旬から毎日20時に全庁一斉消灯で全職員退庁へ

東京都庁が2016年10月中旬から毎日20時に全庁一斉消灯し、全職員を退庁させる取り組みをおこなうと発表しました。

これは“ライフ”・ワーク・バランス実現に向けた取組の一環として、超過勤務縮減のため実施されるもので、安倍政権の働き方改革の重要テーマである「長時間労働の是正」について、首都東京から率先して取り組んでいくメッセージも込められています。

具体的には、毎日、遅くとも20時00分までの退庁を目指し、20時00分退庁を知らせる放送をおこない、全庁一斉消灯します。(実施は10月中旬から)また20時00分以降の退庁者は庁舎出口でチェックするとのことです。

先日就任した小池都知事の目指す、多様性を持った都市である「ダイバーシティ」が具体的に動き始めたといえるでしょう。

いっこうに減らない長時間労働

「日本の長時間労働はなぜ改善されないのか?その理由を考える」でも詳しく解説いたしましたが、長時間労働は、労働の負荷時間を長くするだけではなく、睡眠不足による業務効率の低下、うつ病など労働者の健康への影響、家庭生活・余働(ワーク・ライフ・バランス)の欠如を招きます。
また人口の半数を占める女性の社会進出の妨げにもなっていることから、政府は終業時間から翌日の始業時間まで一定の時間を空けることを義務づける「勤務間インターバル」なども検討しています。

特に20代~30代は、所定外労働(残業や休日出勤などの実労働時間)が多くなる傾向がはっきりと出ています。これは「若いから無理がきく」「年下だから残業を頼みやすい」「独身の人が多いから」「現場に近いから」など、さまざまな理由が想像されるが、効率的に働いてしっかり休むことを意識すべきでしょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 自分の年収は平均より上なの?「年齢別・男女別の平均年収」
  2. 「正社員になりたい理由」、1位は「より多くの収入を得たいから」、では2位は?
  3. はたらいく就転職フェア@神奈川 (横浜)
  4. 正社員以外の労働者がいない会社
  5. 転職するに当たって、どのような準備活動をおこなったか(転職者実態調査)
  6. 「マザーズハローワーク」って何?仕事と子育てを両立したい女性再就職なら活用してみて

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール